税金

普通車の税金はいくら?3種類の税金の負担額を知っておこう

投稿日:

普通車の税金はいくら?3種類の税金の負担額を知っておこう

普通車(普通自動車)にかかる税金には、自動車取得税、自動車重量税、自動車税の3つがあります。

車の購入費用や維持費を考えるときには、車本体の価格やガソリン代だけに目がいってしまいがちですが、実は税金の負担もかなり大きいので購入前に確認しておくことが大切です。

ここではそれぞれの税金について、金額の計算方法や支払いをいつまでにしなくてはならないのかといった点を解説させていただきますので、参考にしてみてくださいね。

 

普通車を購入した時の税金の金額は?

普通車の税金はいくら?3種類の税金の負担額を知っておこう

普通車を購入した時には、以下の3つの税金を支払う必要があります。

  1. 自動車取得税
  2. 自動車税
  3. 自動車重量税

ディーラーなど自動車を購入したお店で見積もりを取ると、車の購入代金と一緒に税金の負担額についても明細に含まれているのが一般的ですね。

以下、それぞれの税金の金額がいくらになるのかを確認しておきましょう。

購入時にだけかかる税金としては自動車取得税があります。

 

自動車取得税

普通車の税金はいくら?3種類の税金の負担額を知っておこう

自動車取得税の金額は、「自動車の取得価額×3%」で計算します。

この取得価額には車両本体代金に加えてエアコンやカーステレオ、カーナビなどの金額が含まれます。

一方で車のマットやスペアタイヤなどに関しては取得価額には含めませんので注意しておきましょう。

例えば、自動車の取得価額が合計で100万円だったとすると、自動車取得税の金額は3万円(100万円×3%)ということになります。

なお、上記の自動車取得税は新車の場合の金額です。

スポンサーリンク

中古車を購入した場合には一定の「残価率」をかけて自動車取得税の金額を計算します(簡単にいうと中古車の方が自動車取得税は安くなります)

なお、自動車取得税についてはエコカー減税が適用になりますので、電気自動車であれば非課税、それ以外のガソリン車(ハイブリッド車含む)については上記で計算した金額より20%が減税になります。

 

自動車税と自動車重量税

普通車の税金はいくら?3種類の税金の負担額を知っておこう

上記の自動車取得税は購入時にのみかかる税金ですが、自動車税自動車重量税については車を所有している期間中は定期的に払わなくはなりません(自動車税は毎年、自動車重量税は車検のたびに支払います)

①自動車税

普通車の税金はいくら?3種類の税金の負担額を知っておこう

自動車税は毎年4月1日時点での車の所有者の人が、毎年5月31日までに納付しなくてはならない税金です。

自動車税は登録している住所に毎年送られてくる自動車税の納付書を使って納付します。

自動車税の負担額は車の総排気量によって異なり、以下のように金額が決まっています。

 

  • 総排気量1リットル以下 :29500円
  • 総排気量1リットル〜1.5リットル:34500円
  • 総排気量1.5リットル〜2リットル:39500円
  • 総排気量2リットル〜2.5リットル:45000円
  • 総排気量2.5リットル〜3リットル:51000円
  • 総排気量3リットル〜3.5リットル:58000円

 

ただし、平成29年4月1日以降は次のグリーン化特例がスタートしていますので、自動車税の負担額はぐっと小さくなります。

グリーン化特例とは?

普通車の税金はいくら?3種類の税金の負担額を知っておこう

平成29年4月1日〜平成31年3月31日までの期間は、一定の条件を満たす普通車、軽自動車を所有している人は自動車税の減税を受けることができます。

これをグリーン化特例といい、通常の自動車税の金額の最大75%(または50%)を軽減してもらうことができる制度になっています。

例えば、総排気量1.3リットルのヴィッツの場合、通常の自動車税は34500円ですが、グリーン化特例が適用になると約75%減税されて自動車税の金額は9000円となります。

②自動車重量税

普通車の税金はいくら?3種類の税金の負担額を知っておこう

自動車重量税は、購入時と車検を行うたびに支払う必要のある税金です。

新車を購入してから最初の車検は3年後ですが、それ以降の車検は2年ごとになりますので、自動車重量税の金額も変わります。

車検をお願いした業者の請求書の明細を見ると自動車重量税は含まれているはずですので、正確な金額を知りたい場合には見積もりをしてみると良いですよ。

自動車重量税の金額は、車両の重量によって以下のように決まります。

スポンサーリンク

自動車重量税の金額(3年)

普通車の税金はいくら?3種類の税金の負担額を知っておこう

新車を購入した場合、最初の車検は3年後になります。

最初の車検時に支払うことになる自動車重量税の金額は以下の通りです(エコカー減税適用なしの金額です)

 

  • 0.5トン以下:12300円
  • 0.5トン〜1トン:24600円
  • 1トン〜1.5トン:36900円
  • 1.5トン〜2トン:49200円
  • 2トン〜2.5トン:61500円
  • 2.5トン〜3トン:73800円

 

なお、エコカー減税が適用になる場合は車種に応じて上の金額から最大免税(0円)、75%減税、50%減税、25%減税となります。

エコカー減税になる車の車種については国土交通省のホームページで確認することができますよ(面倒な方はディーラーの営業マンに聞きましょう)

自動車重量税の金額(2年)

普通車の税金はいくら?3種類の税金の負担額を知っておこう

新車登録から3年以上経っている中古車を購入した場合や、2回目以降の車検の場合には以下の金額の自動車重量税を支払う必要があります(こちらもエコカー減税適用なしの金額です)

 

(エコカー以外の普通車の場合)

  • 0.5トン以下:8200円
  • 0.5トン〜1トン:16400円
  • 1トン〜1.5トン:24600円
  • 1.5トン〜2トン:32800円
  • 2トン〜2.5トン:41000円
  • 2.5トン〜3トン:49200円

 

ただし、新車登録から13年以上経過している車については上記より割り増しで自動車重量税を支払う必要があります(18年以上だとさらに追加になります)

なお、エコカーの場合には以下の金額になります。

 

  • 0.5トン以下:5000円
  • 0.5トン〜1トン:10000円
  • 1トン〜1.5トン:15000円
  • 1.5トン〜2トン:20000円
  • 2トン〜2.5トン:25000円
  • 2.5トン〜3トン:30000円

 

また、エコカー減税が適用になる場合は上記の金額から最大免税、または50%減税となります。

 

年の途中で車を売った時には税金はどうなる?

普通車の税金はいくら?3種類の税金の負担額を知っておこう

自動車税は、毎年5月31日までに1年分をまとめて支払わなくてはなりません。

そのため、年度(4月1日〜翌年3月31日)の途中で車を売った時には月割り計算で車の売主と買主が所有期間に応じて自動車税を負担し合うのが一般的です。

例えば、車の売主が2017年4月1日に自動車税1年分の支払いをし、売買契約を結んだのが2017年12月31日だったとすると、2017年4月1日〜12月31日の9ヶ月間は売主側がこの車を所有し、2018年1月1日〜3月31日の3ヶ月間は買主側が車を所有していたことになります。

そのため、売主は支払った自動車税のうち9ヶ月分だけを負担し、残りの3ヶ月分は買主が負担するという形にするのが公平です。

中古車業車などに売った時には当然このように処理をしてくれますが、個人間で売り買いをする場合(最近ではヤフオクなどでも車の売買ができますね)には個別に契約で税金の負担について定めておかないと、売主側が自動車税全額を負担することになりかねませんので注意しましょう。

スポンサーリンク

 

まとめ

普通車の税金はいくら?3種類の税金の負担額を知っておこう

今回は、普通車(普通自動車)の購入を検討している方向けに、納める必要のある税金のルールについて解説させていただきました。

車に乗る以上、決して安くない税金の負担から逃れることはできません。

いつまでにいくらの税金を納める必要があるのか?についてはしっかりと理解しておきましょう。

これから車を購入することを検討している方は、新車代金に税金を含めて予算を考えるようにしてくださいね。


他にこんな記事も読まれています

-税金

Copyright© 一流のビジネスマンになれる方法【ビジネス知識・マナー・スキルアップ】 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.