面接・就活

就活は前髪で決まる?就職活動で一歩先行くスタイルのポイント9つ

更新日:

就活は前髪で決まる?就職活動で一歩先行くスタイルのポイント9つ

就職活動、いわゆる就活は、さまざまな部分で好印象を与えることが欠かせません。

特に最近は、リクルートスーツや所作振る舞いなど、見栄えの努力で面接官の印象をアップさせようとする人も多くなっています。

確かに、就職活動では学歴、経験、趣味や特技など、見栄え以外にもさまざまな部分を対象として審査された結果、初めて「内定」がもらえるものです。

今は、学歴や経験が、大学卒業程度の場合はほとんど代わり映えしないとも言われるようになった時代になりました。

それゆえに見栄えなどの目に見える特徴を重視する傾向になっているのかもしれません。

今回は、面接官の印象を特に左右する「髪型」について、詳しくご紹介していきたいと思います。

 

面接官の印象は前髪で決まる?具体的なスタイルのポイント3つ

就活は前髪で決まる?就職活動で一歩先行くスタイルのポイント9つ

最近では、面接官と受験者と言う一対一の面接ではなく、複数名の面接官と受験者が同時に行う「集団面接」と言うパターンもあれば、複数名の面接官と受験者が互いに意見を交換し合う「ディベート」形式をとる企業も増えています。

もちろん、複数名の受験者の中で、一歩先行く発言をできればいいのでしょうが、緊張している中でなかなか普段どおりの発言ができるとも限りません。

そういう面で考えれば、髪形などにこだわって、面接官の印象を好印象にすることは、最近の就職活動では欠かせないことなのかもしれません。

具体的には、これからご紹介するポイントを特に気をつけて欲しいと思います。

1.眉毛を見せる

就活は前髪で決まる?就職活動で一歩先行くスタイルのポイント9つ

就活生にとって、身だしなみは重視すべきポイントです。

とりわけ、顔と同時に目に入るのは前髪です。

スポンサーリンク

前髪は、人の第一印象を左右する重要なポイントとも言われ、髪の毛をどんなにしっかりセットしていたとしても、前髪がだらしない状態になっていたら、その製で全体的にだらしない印象を与えてしまうこともありえます。

それを避けるためには、前髪を下ろしていたとしても、その際に眉毛を出しておくことです。

前髪が眉にかかっていると、表情が分かりにくくなってしまい、暗い印象を与えてしまいがちになってしまいます。

そのため、眉毛を出しておかないと、清潔な印象とは程遠い方向になってしまうので、絶対にやめておきましょう。

2.できる限り前髪を分ける

就活は前髪で決まる?就職活動で一歩先行くスタイルのポイント9つ

あと、長すぎる前髪は、本当であれば切っておいてもいいかもしれません。

男性の場合は短髪にして切ってしまうという方法もできますが、女性の場合はそうは行かないかもしれません。

女性の場合、前髪を切りたくない場合は、せめてヘアピンで留めて、横分けにしておくなどして、だらしなく前髪が長くなっているような風貌にならないようにしてください。

特に女性の場合は、ただ横分けにするのではなく、一方に流して留めるなどすれば、より清潔な印象を高めることもできますので、美容室などで相談してみるといいでしょう。

3.ワックスを控えめにする

就活は前髪で決まる?就職活動で一歩先行くスタイルのポイント9つ

男性の場合は、ヘアワックスを使って髪形を固定することもできますが、この際にワックスが多すぎると、その臭いや髪の光り具合が影響して、逆に清潔感を損なう場合もあります。

もちろん、ワックスを使わないと言う選択肢もありますが、そのせいで寝癖が残ってしまうようだと、これまた清潔感を損なってしまいますから、必要最低限使うぞ、と言う気持ちで使ってもらえばいいでしょう。

ヘヤワックスで前髪を固める場合でも、とがったハリネズミのような髪型にするのではなく、左右に分けて固定する、という程度の控えめな使用にとどめましょう。

 

実践する価値あり!就活向け前髪のポイント3つ

就活は前髪で決まる?就職活動で一歩先行くスタイルのポイント9つ

この章では、実際に前髪をセットするときの方法やポイントについて、ご紹介したいと思います。

もちろん、セットするときのコンセプトは「清潔感」「さわやかさ」をいかにアピールするかを考えます。

そして、男女別にコンセプトが異なることも踏まえて、いろいろポイントを考えてみたいと思います。

1.女性の前髪の作り方

就活は前髪で決まる?就職活動で一歩先行くスタイルのポイント9つ

スポンサーリンク

女性の前髪の作り方は、さまざまなパターンがあります。

一般的な作り方をご紹介しますので、参考にしてみてください。

具体的には、次の順番で行います。

①分け目を決める(左分けが一般的です)
②前髪をコームで梳く
③内側からスプレーをかけ、ふんわりと固める
④耳の横にある長い髪は、耳の上で目立たないようにヘアピン留めする
⑤外側からもスプレーで固めて、髪全体をセットする

これらを、自分の好みと清潔感を与える印象をもたらすように、アレンジしていきます。

なお、ヘアピンは目立たないように、最低限の数だけ使いましょう。

2.男性の前髪の作り方

就活は前髪で決まる?就職活動で一歩先行くスタイルのポイント9つ

それでは、女性の例と同様に、男性の前髪の作り方もご紹介します。

具体的には、次の順番で行います。

①分け目を決める(男性も左分けが一般的です)
②分けない場合は、前髪をしっかりあげる
③ヘアワックスかヘアスプレーをかけ、ふんわりと固める
④分けた場合は、分けた髪が眉や目にかからないようにセットする
⑤外側からもスプレーで固めて、髪全体をセットする

女性の場合と違うのは、前髪を「分けない」と言う選択肢が存在することです。

また、前髪そのものを短くしておくと言うのも方法の1つです。

いずれにせよ、男性の場合も「清潔感」をアピールするために、必要な方法を実践するようにしましょう。

3.セット時に注意して欲しいこと

就活は前髪で決まる?就職活動で一歩先行くスタイルのポイント9つ

男性の場合も女性の場合も、基本的なセットの方法はご紹介しました。

ここからは、共通する注意事項をご紹介したいと思います。

まず、ヘアピンはできるだけ目立たないように付けることです。

スポンサーリンク

女性のセットの項目でも述べましたが、ヘアピンはできる限り最小限、付ける場合でも地味目の色にしましょう。

ヘアピンを多用すると言うことは、それだけ普段髪の手入れをしていないと言うことを意味しますので、ヘアピンに頼らないよう、普段から清潔なヘアケアにも取り組んでください。

あと、ヘアスプレーやヘアワックスは、控えめなものを使いましょう。

清潔感をアピールする場面で、髪に光沢ができて、それがあまりにも目立ってしまうようでは、清潔感以前の問題になってしまいますから、光沢はもちろんのこと、臭いにも十分気をつけてヘアスプレーやヘアワックスを選びましょう。

 

前髪が採用に影響する?前髪と就活の因果関係ポイント3つ

就活は前髪で決まる?就職活動で一歩先行くスタイルのポイント9つ

今までは、具体的な前髪のセットの方法やポイントをご紹介してきました。

ここからは、実際に前髪がどれだけ就職活動に影響を及ぼすか、ご紹介したいと思います。

私も、以前いた部署で人事面接の担当をしていましたが、若い人の髪型は正直言って「誰も一緒」の髪型になっていたことが多かったです。

それも、今回ご紹介したようなイメージ戦略の一環で、みんなが同じようにスタイルを決めてきたのだろうと、今となっては考えますが、当時は「どうしてみんな申し合わせたように同じ髪型なんだ?」非常に違和感を感じたのを覚えています。

このように、意外にも前髪から受ける印象と言うのは、面接する側にとっては気になるものなので、私の経験も踏まえて、評価との因果関係についてご紹介したいと思います。

1.前髪が長すぎると評価は下がる?

就活は前髪で決まる?就職活動で一歩先行くスタイルのポイント9つ

これは、前髪だけではなく髪型全体もそうなのです。

就活生をパッと見たときに、目に入ってくる印象を一番左右するのは、やはり前髪です。

特に言えるのは、前髪が長すぎると、面接官の印象を悪くする要素になると言うことです。

前髪が長いと、当然目が隠れてしまうわけで、目線がわからないと、その人の人間性がどのようなものか、面接官が判断しづらい状況になるわけです。

「目は口ほどにものを言う」と言うことわざがありますが、目を見つめないとその人の人となりがわからないと言うのは、面接のときにマイナスになってしまうので、避けたほうがよさそうです。

2.前髪が短すぎても評価が下がる?

就活は前髪で決まる?就職活動で一歩先行くスタイルのポイント9つ

逆に前髪が短いとどうなるのでしょうか。

これは、その人のスタイルと言う部分もありますので、受験する会社の社風や勤務の内容に上手くマッチしているかどうかを気にすることを考えたほうがいいでしょう。

例えば、飲食業界の会社で、自分が厨房に立って接客や調理をするとなったときは、前髪が短くて清潔に保っている方がいいでしょう。

別の業界では、むしろ髪の毛が短くなくても問題ない業界もあるでしょうから、まず髪の毛の長さは、極端に短くすることにこだわらなくても問題はありません。

やはり、先ほども触れたように、自分と言う人間を見てもらうためには、表情を見やすくしておくことです。

そのためには、表情を見せるために邪魔になってしまうような髪の毛は切っておく方がいい、と言うぐらいの決断が必要です。

3.自分らしいヘアスタイルにこだわってみよう

就活は前髪で決まる?就職活動で一歩先行くスタイルのポイント9つ

前髪だけでも、自分らしさをアピールできるアレンジは十分可能です。

最近は、さまざまな就活のハウツー本が出ていて、髪形の一つも理想の髪型、理想の前髪、と呼ばれるようなケースが紹介されていて、学生みんなが同じような服装や髪型で面接を受けに来ることも多くなりました。

このような状態になると、むしろみんな同じように見えてしまうので、個性がアピールしづらくなってしまうのです。

ですので、ほんの小さなことでもいいので、自分らしさをアピールするためのアレンジは、しっかり加えた方がいいと思います。

その意味で言えば、前髪に多少なりともアレンジを加えると言うのは、ささやかなアピールとしてむしろ効果があるといえます。

例えば、女性の髪形は前髪を分けて、それも比率は7:3というのが定番になっていますが、それを奇抜なヘアスタイルにならない程度に、8:2にするとか、6:4にするとか、こういったアレンジは自分らしさのアピールに十分つながるのです。

ただし、注目を浴びたいためだけに、豪快なスタイルにするというのは厳禁です。

 

まとめ

就活は前髪で決まる?就職活動で一歩先行くスタイルのポイント9つ

面接に挑むにあたっては、まず清潔感のある髪型にしておくことは、ご理解いただけたと思います。

今回ご紹介したことを活かして、それぞれ希望する会社への面接に挑んでもらえるとうれしく思います。

実際、髪型を変えることで人間の魅力をアピールできるようになりますし、清潔感を出すこともできます。

1つだけこだわって欲しいのは、自己流のささやかなアレンジです。

ハウツー本に載っているようなスタイルばかりを真似してしまうと、他の学生とまったく同じスタイルになってしまうことも多くなっています。

ですので、自分らしさをアピールできる程度の、ささやかなヘアスタイルのアレンジは、ぜひこだわってみて欲しいと思います。

みんな同じような服装や髪型をしていると、面接官は採用するときに判断に困ってしまうものです。

そんな時、きらりと光るアレンジをしているあなたがいたならば、その時点でライバルより一歩先に進んでいると言っても、過言ではないのです!


他にこんな記事も読まれています

-面接・就活

Copyright© 一流のビジネスマンになれる方法【ビジネス知識・マナー・スキルアップ】 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.