面接・就活

就活が上手くいかない?就活で失敗しやすい人の共通点10選

更新日:

就活が上手くいかない?就活で失敗しやすい人の共通点10選

就活では、どうしても就職を優先するあまり、本命の企業ではない企業に就職をしてしまったりと、妥協を強いられることもあります。

また、内定がもらえずに就職浪人を余儀なくされてしまう場合も出てきます。

場合によっては、大学院への進学と就活、どちらを選ぶか迷っているうちに、どちらの道も失敗してしまったと言う人もいるかもしれません。

いずれの場合も、就活に頑張っていた学生さんから見れば、「失敗した」と感じることもあるでしょう。

今回は、就活で失敗したと感じている人や、これから就活を控えている人に、就活で失敗しないためのポイントをご紹介したいと思います。

 

就活で失敗した人たちにあてはまる4つの共通点

就活が上手くいかない?就活で失敗しやすい人の共通点10選

就活で失敗した人の経験談を聞いてみると、意外な事に共通点が多くみられることがわかりました。

特に、これから就活をしようとしている人には、それらの共通点を参考にしてもらうことで、これからの就活に活かしてほしいと思うのです。

また、就活に失敗したと頭を抱えている人であっても、当てはまることがあれば、それを改善することで自分が希望する企業への就職のチャンスも生まれてくるかもしれません。

1. 受験する企業を絞り込みすぎた

就活が上手くいかない?就活で失敗しやすい人の共通点10選

就活のセミナーなどへ参加してみると、受験する企業をできる限り厳選する方がいい、と言う指導を受けることがあります。

・本命の企業以外を受けていると「本当にうちが本命ですか?」と言われる

・保険をかけるような就活では成功するわけがない

・内定をもらってから就職先を決めるようでは先方の企業に失礼だ

スポンサーリンク

指導の中では、これらの理由を挙げて、とにかく本命の企業にマイナスの印象を受けることは避けるべきだと言う話が多くなされます。

ですが、一方では就職のチャンスをつかむために、どんどん試験を受けて、内定をたくさんもらってから最後に決めればいい、と言う指導をする人もいます。

どっちが正しいのかは、答えが決まっているわけではありません。

私の経験では、受験する企業を絞り込みすぎたばかりに、希望する業界の企業の試験すら受けるチャンスが得られなかったという事態は避けた方がいいと思います。

2. 希望の業種にこだわりすぎた

就活が上手くいかない?就活で失敗しやすい人の共通点10選

企業によっては、総合的に様々な業務を行っていることがあります。

・営業部

・総務部

・人事部

・研究開発部

一般的には、これらのようなセクションを設けている企業が多いようです。

もちろん、自分が行きたいセクションにいけるかどうかは、就職してみないとわかりません。

入社前にイメージを持ちすぎると、入社した後に抱いていたイメージと現実とのギャップにさいなまれて、結果的に途中退社の道を選んでしまうことにもなりかねません。

ですので、あまり具体的なイメージばかりを持つのではなく、どんなセクションでもがんばることができる、そんな心構えを持つ程度にしておくのがいいでしょう。

3.条件にこだわりすぎた

就活が上手くいかない?就活で失敗しやすい人の共通点10選

働くからには、当然福利厚生面にこだわる人もいるでしょうし、給与面にこだわりを持つ人もいるでしょう。

休みがきっちりと週休2日である事、それを優先して自分の働きたい会社ではない会社に入社する人もいるのも事実です。

ですが、実際に働いてみてやりがいを感じなかったり、自分の技術や知識を活かせる環境で働くことができなかったとき、結果的に退社して新たな道を探すことを決意する人もいるのです。

スポンサーリンク

また、給与面も入社した当時は定期昇給やボーナスも支給されていたのに、会社の業績が低迷したことでそれらが思うように得られなくなってしまうこともあるでしょう。

先ほども希望の業種と現実のギャップについて触れましたが、給与や福利厚生についても、会社の業績次第では思っていたことと現実とのギャップが生じることは十分にありえます。

4.こだわりが無く入社した

就活が上手くいかない?就活で失敗しやすい人の共通点10選

特に業種や企業にこだわりが無ければ、人気の企業を受けてみて、採用されたらそれでいい、と言うように、こだわりのない就職活動をした人も中にはいます。

・総合商社であればどこでもいい

・地元の企業であればどこでもいい

・親が文句を言わないならどこでもいい

と言うように、明確な目標や具体的な企業名を絞り込まず、漠然と就職活動をしていたら、結果的に入社に至ったと言う人もいるのです。

つまり、入社するときに「絶対にこの企業がいい」と言うポリシーがないと、入社後にさまざまなことが原因で意欲をなくしたとき、簡単に会社を退社してしまうことになるのです。

そもそも、こだわりがないのですので、がんばってこの企業で勤めていこうという意欲も少ないわけです。

やはり、働くからには自分の能力を発揮できて、プライベートも充実できる企業で働けるのが望ましいことではありますから、それらの部分だけでも多少はこだわりを持った方が、入社後も長続きすると言うわけです。

 

面接、筆記試験…就活の試験で失敗する人に当てはまる3つの共通点

就活が上手くいかない?就活で失敗しやすい人の共通点10選

それでは、次に面接筆記試験で失敗してしまう人の共通点をご紹介しましょう。

先ほどの章では、受験する企業の選定や、入社後の意欲に関連する共通点を紹介しましたが、この章では面接や筆記試験など、がんばっても試験に合格できなくて、希望の企業に入社できないと嘆いている人の共通点をご紹介したいと思います。

がんばっているのに、事前に対策を講じたはずなのにと、なぜ試験で上手くいかないのか首をかしげる人も多いのですが、意外にも試験で見られるのは点数や回答だけではないと言うことも、あわせてご理解いただけばと思います。

1.自己PRが自慢話になっている

就活が上手くいかない?就活で失敗しやすい人の共通点10選

面接と言えば、最近では個人面接だけではなく、集団面接もあれば、受験者同士で共通の話題について話し合わせるディベートや、与えられた課題についてプレゼンテーションを行う形式のものまで、多種多様な試験が増えてきました。

スポンサーリンク

ですが、これらの試験において共通するのは、自分の能力や特技、思いを「自然」にPRすることです。

・私ならもっとこんな方法で仕事ができます!

・先ほどの人が話した方法より、もっと利益が上がる方法を私は知っています!

・今御社が行っている方法より、もっと効果がある方法を私なら実践できます!

などとPRすると、かえって自慢話に聞こえてしまい、試験には逆効果になることもあるのです。

そもそも、日本人には「調和」を重んじる性質があります。

調和とは、他人を押しのけたり、他人を卑下してでも自分をアピールするのではなく、控えめに自分を表現しつつ、他者の事も好意的に受け止めることで、人間関係やその場の雰囲気が穏やかになるように、配慮をすることでもあります。

つまり、自己PRにガツガツしすぎると、調和の取れない、組織内で問題を起こすタイプの人間と間違われてしまう場合があるわけです。

2.受験する企業のことを知らなさ過ぎる

就活が上手くいかない?就活で失敗しやすい人の共通点10選

試験を受けるからには、その企業の社是や有名な商品などについて、実際に使ってみたり、事前に調べて置き、面接の時には解答の題材として使うことが欠かせません。

でも、意外なことにこの「受験する企業」のことを、あまり理解せずに試験を受ける人も多いのです。

商品や社是についてはもちろんですが、その企業の社長の著書や、ホームページなどに掲載されている社長の言葉、経済史や新聞に掲載されていた企業の紹介や特集記事の内容など、もっとしっかり覚えておくべきニュースソースはあるのに、そこまで事前にできていない場合もあるのです。

就職試験なのですので、やはりライバルとは一歩先を行くことが欠かせません。

ライバルが見ていないような情報や実績を、自分はしっかりと調べて、面接時に発言に活用できる、これができないとなかなか就活で内定はもらえません。

3.服装や髪型ががさつ過ぎる

就活が上手くいかない?就活で失敗しやすい人の共通点10選

そして、頭の中に情報や知識、技術を詰め込むばかりに、着ているスーツや髪型に無頓着になってしまうと、やっぱり就活で内定をもらうのは難しいでしょう。

営業職を目指しているのに、その候補ともいえる人間が、よれよれのスーツで、磨いてもいない革靴を履いていて、髪形は寝癖が付いたまま、これでは営業職として勤まりようがありません。

社会人であるならば、清潔感を保ち、職場の中でも同僚に迷惑をかけない、対外的にも不快感をもたれないような服装や髪型であるべきです。

試験に当たってそれらができていない人が、果たして入社後にそれができるか…となれば、答えは「ノー」と言えるでしょうし、面接官も同様の判断を下すでしょう。

 

失敗確定!就活を始める以前の人に当てはまる3つの共通点

就活が上手くいかない?就活で失敗しやすい人の共通点10選

最後にご紹介するのは、就活を始める前に、明らかに「失敗」することが目に見えている人の特徴です。

まわりが就活をはじめて、ようやく重い腰を上げるような学生さんもいますが、それが即失敗につながるとは限りません。

実際、就活スタートが遅かったにもかかわらず、誰よりも早く内定をもらっている人はいますし、スタートが早いから就活が成功すると決まっているわけではありません。

では、なぜ就活を始める前に失敗することがわかりきっているのか。

そんな失敗をしてしまうそうな人に当てはまる、具体的な共通点を、これからご紹介したいと思います。

1.大学の授業や論文に追われている

就活が上手くいかない?就活で失敗しやすい人の共通点10選

まず、大学の授業や論文に追われている時点で、就活に傾けるエネルギー量が違います。

大学に入ったら、一般的にはほとんどの単位を3年生の上半期では取得して、次第に就活中心の生活にチェンジしていく必要があります。

業種や地域によっては、もっと早く就活中心の生活にチェンジしていく必要も出てくるでしょう。

それができる環境に無ければ、その時点で就活での成功は半分あきらめたほうがいいでしょう。

就活は、大学の学業と両立できるものではありませんし、そういうものであることは大学に入学してからわかるでしょうから、先を見越して学業は学業、就活は就活と、メリハリを付けて取り組むことが重要です。

2.大学院と就職で悩んでいる

就活が上手くいかない?就活で失敗しやすい人の共通点10選

先ほどの章と同じような話ですが、大学院への進学と就職で悩んでいる人も中にはいるかもしれません。

よくあるパターンとしては、以下のようなパターンがあると思われます。

・今までの研究を満足いくまで結果を出してから就職したい

・希望する業界の企業から内定がもらえそうにないので、大学院に残りたい

・どちらでもいいけれど、今はまだ自分の時間を大事にできる方へ進みたい

前者の場合は、研究の成果をアピールできるなどのメリットが生まれるので、後年の就活でライバルに差をつけるだけの何かを得られる可能性もあります。

ですが、後者のように消極的に大学院進学を目指すのなら、その時点で就活に成功する可能性を放棄してしまっているようなものです。

ましてや、大学院進学と就活をずっとてんびんにかけて、どちらの道を進むのかを決めかねていると、どちらの道も中途半端になって、どちらも失敗すると言う最悪の事態にもなりかねません。

3.明確な目標を見失っている

就活が上手くいかない?就活で失敗しやすい人の共通点10選

そして、明確な目標を見失っているのが、一番就活にはマイナスの要素です。

大学院に行くのか、就活して就職するのか、いずれの道を選んでも、必要な努力と言うものはあるわけです。

でも、目標を決めなければ、何をやっても中途半端になってしまうのは事実です。

就活も学業も、中途半端になるのが一番よくないことです。

ですので、大学時代にはまず目標を立てること、大学時代というよりは、どのような職に付きたいかを考え、それを実現することのできる大学に進学することを考えなくてはなりません。

また、目標と言うものは、かんたんに見つかるものではありません。

誰かのまねをして、目標が見つかると言うものでもありません。

逆に、目標があれば、困難に陥ったとしても、ピンチをチャンスに変えるだけの気力も芽生えるでしょうし、明確な解決法を思い浮かぶこともあるでしょう。

 

まとめ

就活が上手くいかない?就活で失敗しやすい人の共通点10選

今回は、就活で失敗する人の共通点を紹介させていただきました。

もちろん、現在社会人としてがんばっている人の中には「自分は同様の状態だったが就職できた」など、私の紹介する内容が納得できないと言う人もいるでしょう。

今回ご紹介したことは、私が経験したことはもちろんですが、実際に就活に失敗して悩んでいる人の相談に、カウンセラー業務の一環として相談に乗らせていただいたことを参考に書かせてもらっています。

就活は、みんなでそれぞれにさまざまな企業に訪問したり、エントリーシートを出したり、あるいは合同説明会に参加したりと、学生であればみんなが同じ道を歩んでいるように見えますが、意外にも「孤独」を感じることの多い活動でもあります。

なぜなら、周りの友人がどんどん内定をもらっているのに、自分だけがもらえなかったり、自分が希望する業界の企業から内定がもらえないなど、自分の思いが達成できないことに直面することもあって、自分だけが葛藤を抱える場合もあるからです。

でも、今回紹介したことだけが就活の失敗を招くわけではありません。

まずは、自分が希望する企業に就職するにはどうすればいいか、前向きに考え、前向きに行動に移すことからはじめることをお勧めします。


他にこんな記事も読まれています

-面接・就活

Copyright© 一流のビジネスマンになれる方法【ビジネス知識・マナー・スキルアップ】 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.