人間関係

仕事のストレスはどうして感じる?原因を考慮したストレス対処法10選

投稿日:

仕事のストレスはどうして感じる?原因を考慮したストレス対処法10選

社会人は、仕事上において、常にストレスにさらされています。

それは会社での人間関係や仕事の成果などがストレスに直結するからです。

しかし、同じ環境でもストレス耐性には個人差があり、まったく同じ仕事に就いているのに、ストレスを感じにくい人がいるのも事実です。

実際、ストレスを感じやすい人もいれば、そうでない人もいると思います。

また、ストレスの原因について、それを「原因と感じない」か「原因と感じる」かは、個人の性格や価値観が関わってくるものです。

今回は、仕事上のストレスを感じる理由と、原因を考慮したストレス解消法をご紹介したいと思います。

 

仕事上のストレスを感じやすい人に共通する3つの特徴

仕事のストレスはどうして感じる?原因を考慮したストレス対処法10選

まず、仕事上のストレスを感じやすい人の特徴をご紹介しましょう。

今回は、ストレスの原因がどうあれ、もともと個人の性格や価値観がストレスを感じやすいかどうかを取り上げてみました。

これが当てはまる人は、これからご紹介するような行動を避けたり、控えめにするようにすることで、ストレスそのものを感じにくくなる可能性もあります。

1.周囲の視線が気になる人

仕事のストレスはどうして感じる?原因を考慮したストレス対処法10選

仕事中はもちろんのこと、プライベートでも「人の目」が気になるタイプの人がいます。

そのような方は、正直言ってストレスを感じやすいタイプと言えます。

なぜなら、自分自身で「常に監視されているような」気持ちになってしまうので、何事にも警戒をしてしまうような状況になり、その結果、心が休まることがないのです。

スポンサーリンク

対策としては、仕事とプライベートの境目をはっきりさせることをお勧めします。

・ネクタイをはずしたらプライベート

・午後6時を過ぎたらプライベート

・自宅に仕事を持ち帰ることをしない

これらの習慣を身につけることで、プライベートのときだけは周囲に意識をしない、自宅にいるときは仕事のことも忘れてのんびりする、などと気持ちの切り替えができるようになります。

特に今の時点で精神的にしんどい場合は、一人になる時間を少しでも増やすことで、精神的なストレスを少しでも軽減することを目標にすることをお勧めします。

2.人に気を使いすぎる神経質な人

仕事のストレスはどうして感じる?原因を考慮したストレス対処法10選

世の中には、人に気を使い過ぎる人もいます。

このようなタイプの人は、ストレスを溜め込んでしまわないように注意が必要です。

特に、このようなタイプの人は、周りの空気にも敏感です。

・ミーティングで意見が出ないようになると自分の提案が悪いと感じる

・課長の機嫌が悪いのは自分のせいだと考えて過去のミスを探し始める

・自分以外の人が申し合わせたように席を立つとなんだか避けられている気になる

このようなことを考えてしまうことがしばしばあるんです。

つまり、職場内の空気が悪くなったりすると、すぐに「自分のせい」だと思い込み、実際には自分自身にまったく関係ないことであっても、ストレスを感じてしまうのです。

対策としては、周りの協力を仰ぐしかないと思います。

自分自身から「悩んでしまうことがある」とか「自分のせいだろうか?」と聴くようにして、その実際のことを確認することで、自分の悩みが取り越し苦労だったことを確認するのです。

そうしていくことで、「この状況は自分のせいでない」と断言できるパターンを覚えていくことで、ストレスを感じる機会を減らしていくことをお勧めします。

スポンサーリンク

3.とにかく負けず嫌いの人

仕事のストレスはどうして感じる?原因を考慮したストレス対処法10選

世の中には、負けず嫌いでどのような事に対しても人と自分を比べてしまう人がいるものです。

これらのタイプの人は、とにかく何事にも勝負をしているようなもので、勝てばいいのですが、負けてしまえばストレスを感じやすいタイプと言えます。

周りからしてみれば、なぜ何事にも勝負をするのか、自分を他人と比べるのか、正直言って理解できないこともあります。

このタイプの人は、誰かに勝負で負けた時や、仕事でミスをした時には、それがショックとなって、大きなストレスを抱えてしまいます。

正直言って、これらのタイプの人は仕事に自信がある人や、自分の能力に自身がある人が多いのも事実です。

負けず嫌いと言うのは、自分の心がけだけで直すことはできますが、自分に自信を持っている人は、それを否定するのではなく、他人の協力を仰ぐと言う「謙虚さ」を同時に見につけることで、感じるストレスを少しでも軽減できるでしょう。

 

仕事のストレスを感じやすい人に共通する仕事への取り組み方3選

仕事のストレスはどうして感じる?原因を考慮したストレス対処法10選

次に、ストレスを抱え込みやすいタイプの「仕事への取り組み方」をご紹介したいと思います。

社会人であれば誰しも、真剣に仕事に取り組んでいるとは思いますが、その加減と言うのは個人によって違います。

特に、これからご紹介するタイプの人は、仕事への取り組み方はすばらしいのですが、その分ストレスを感じてしまいやすい取り組み方ともいえます。

せっかく仕事に意欲的に取り組んでいるのに、その分ストレスを溜め込んでしまうのでは、心身の故障を引き起こしてしまうことにもなりかねません。

ぜひ、これからご紹介するポイントを踏まえて、仕事への取り組み方も少しずつストレスレスな方向に変えていきましょう。

1.仕事に自信がある人

仕事のストレスはどうして感じる?原因を考慮したストレス対処法10選

先ほどの章でも登場した「仕事に自信のある人」、実はこのタイプの人はストレス耐性がある人間のタイプに分類されるのです。

ですが、同時に「仕事に前のめり」になってしまう傾向でもあるのです。

自分では一生懸命やっている、自分の能力があってこのプロジェクトが成功していると、自分を奮い立たせながら仕事に取り組むので、もちろん大きな成果を出すこともありえるのです。

スポンサーリンク

その分、仕事のミスは、特にストレスの原因となってしまうのです。

仕事ができる分、責任感も人一倍強いのがこのタイプなので、普通の人では「ささいなこと」でも、本人にとっては重大なミスに感じて、ストレスを感じてしまうのです。

・ミスをした直後には気持ちをすぐに切り替える方法を見つけておく

・ミスを防ぐために上司や同僚のサポートを受けるように心がける

・仕事以外にも自分が達成感を味わえる趣味を見つけておく

これらの習慣を身につけておくことで、極端なストレスを感じないようにすることもできます。

自分がすべて、ではなくて、上司や同僚の助けを借りることも「当たり前」と思うように仕事に取り組めば、もっとストレスフルになるでしょう。

2.責任感が強い人

仕事のストレスはどうして感じる?原因を考慮したストレス対処法10選

責任感が強い人は、ストレスを受けやすい体質と言えます。

仕事の失敗はもちろんのこと、課内の人間関係や顧客との信頼関係など、所属しているセクションにおいて起きるすべての結果に対して、責任を持とうとする性格であることが原因ともいえます。

役職とか担当とかは関係ない、みんなで一緒に仕事をしているのだから、みんなの悩みや課題は、自分もそれを背負っていかなくてはならない・・・責任感が強い人は、これぐらいの気持ちで仕事をしていると言っても過言ではないのです。

もちろん、このタイプの人は職場でも頼りになる、優秀な人です。

みんなのことを考えて、誰かが困っていると率先して助けようとしますし、課内の課題を共有して、職場の問題をも解決しようとしますから、誰からも頼られるのです。

でも、ストレスを抱えてしまってつぶれてしまっては、元も子もありません。

対策としては「しんどいときにはしんどい」と言うことを、素直に周りに言うことです。

いつも助けてもらっているあなたのことを、誰もフォローしないわけがないでしょう。

3.仕事が趣味になってしまっている人

仕事のストレスはどうして感じる?原因を考慮したストレス対処法10選

世の中には「ライフワーク」と言う言葉があります。

仕事が「趣味」となってしまうぐらい、仕事にのめりこむ人も、世の中にはまだまだ存在します。

楽しんで仕事をやっているように見えても、実はこのタイプの人も、ストレスに押しつぶされてしまう可能性があるのです。

・自分がやりたい仕事がなくなった場合

・仕事で重大なミスをしてしまった場合

・人事異動でやりたかった仕事から担当をはずされてしまった場合

これらのことがなぜストレスのきっかけになるかと言えば、今までが「仕事=人生」と言えるぐらいがんばってきたことで、生きる目的を失ってしまうような出来事に出くわしたら、強烈なストレスになって帰ってくるからなのです。

対策としては、仕事にのめりこんでしまうことで、ストレスを発散する機会が少ないので、仕事以外にも趣味を見つけることをまず考えましょう。

仕事だけが人生じゃありません、と簡単に明言することはできます。

むしろ、仕事以外にも、人生を楽しめる場所やきっかけはたくさんあるのですよ、とお伝えしたい気持ちでいっぱいです。

 

仕事のストレスがたまってしまった場合の解消法4選

仕事のストレスはどうして感じる?原因を考慮したストレス対処法10選

それでは、最後の章ではストレスがたまってしまった人に向けて、ストレスの解消法をいくつかご紹介したいと思います。

既に多くのストレスを抱えてしまっていて、何とかしてそれらを解消したいと思って悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

ストレスを解消しようとして焦ることがストレスになってしまっては、ますます状況は悪化するだけです。

これからご紹介する方法を活用して、焦らずにストレスを解消していくことをお勧めします。

1.リラックスした姿勢で睡眠をとる

仕事のストレスはどうして感じる?原因を考慮したストレス対処法10選

人間にとって、睡眠不足はストレスの最大の原因となります。

どのような人でも、睡眠時間が足りない場合はイライラするでしょうが、そのイライラは人間にとってとてつもないストレスなんです。

・食欲

・睡眠欲

・性欲

と言うように、睡眠は人間の基本的な欲の1つですので、しっかり満たしてやらないと、ストレスがたまってしまうのです。

精神的にストレスをかなり溜め込んでいる場合は、なかなか寝付けないこともあると思いますが、どんな対策をしても眠れない場合は、心療内科などを受診して、最低量の睡眠導入剤を処方してもらい、服用することも必要になります。

それ以外の場合は、仕事中に20分程度の仮眠を取る、疲れた日はいつもより早くベッドに入る、ベッドの寝具をリラックスできるものに変えるなどして、質の高い睡眠が取れるようにしましょう。

2.興味のある事や趣味に没頭する

仕事のストレスはどうして感じる?原因を考慮したストレス対処法10選

仕事以外で、自分のやりたい事、好きなことに没頭するのは、ストレス発散に効果的です。

仕事が終わった後のアフター5や休日には、仕事のことを忘れて、ぜひ自分の趣味に没頭しましょう。

特に効果的なのは、釣りや山登り、サイクリングなどのアウトドア活動です。

普段はオフィスにこもって仕事をしている人にとって、外の空気を感じることと、多少身体を動かすことができる活動でもあるので、相互の作用によってストレスが解消していくのです。

もちろん、インドアの趣味がよくないと言うわけではありません。

仕事に追われて普段できないことを、自分の心身が満足するまで楽しむことができれば、どんな趣味でも問題はないのです。

ただし、仕事とは関わりのない趣味にいそしむ事が条件です。

趣味に興じていても、それが仕事のことを連想させるようでは、プライベートがストレス解消の機会につながらないので、特に注意しましょう。

3.ストレッチや筋トレなどの軽い運動をする

仕事のストレスはどうして感じる?原因を考慮したストレス対処法10選

先ほどの項でもお伝えしましたが、身体を動かすことは、健康にもいいですし、なによりストレス発散にも効果があります。

ですが、普段運動をしていない社会人にとって、ハードな運動を始めてしまうと、怪我などの原因になってしまうことも事実です。

そこでお勧めしたいのは、筋トレやストレッチなどの、自宅でできる軽い運動です。

最近では、レッスン用のDVDなども多数発売されているので、それらのアイテムを活用して運動を習慣づけていけば、ストレス解消のきっかけ作りにもなります。

これらの軽い運動は、有酸素運動でもありますので、体内にしっかり酸素を吸収し、その分体内の老廃物をしっかり排出してくれるので、心身の健康にプラスの効果がいっぱいあるんです。

軽い運動するときのポイントは、とにかく「継続する事」です。

継続できるような運動を、無理をしないように実践して欲しいと思います。

4.恋人と一緒に過ごす

仕事のストレスはどうして感じる?原因を考慮したストレス対処法10選

人間誰しも、好きな人と一緒にいるのはストレス発散になるに決まっています。

なぜなら、自分を理解してくれる、話を聞いてくれるパートナーがいるだけで心強くもなれますし、何よりストレスを解消できるきっかけを与えてくれます。

もちろん、既に既婚者の方は、配偶者や子どもたちなど、自分を理解してくれるパートナーの存在が「家族」として存在しますから、ぜひ休みの日は家族と一緒に時間を過ごすように心がけましょう。

今恋人と呼べる存在の人がいないならば、無理に恋人を作らなくてもいいので、語り合える友達を1人でも見つけて、相手に負担をかけないように、いろいろ相談に乗ってもらったり、愚痴を聞いてもらえる時間を作りましょう。

ちなみに、恋人が同じ職場の人であれば、仕事の話がプライベートでも出てきてしまうので、できる限り仕事の話はしないようにしてもらうことをお忘れなく。

まとめ

仕事のストレスはどうして感じる?原因を考慮したストレス対処法10選

仕事を上手く進めていくには、やはりストレスを上手く発散させることです。

毎日会社に行き、人間関係や仕事内容にストレスを感じるのは、誰しも一緒です。

今回ご紹介したように、ストレスを解消する方法はたくさんあるので、自分に合った解消方法を実践してもらって、楽しい人生を満喫してもらえることを願っています。

正直言って、ストレスを100%解消することはできません。

例えば、「今日はいい休日だった」という日の翌日には、当然仕事がやってきます。

その時「明日から仕事か」と落ち込んでしまうことだってあるでしょう。

でも、「明日から仕事か」と落ち込んでしまうのは、あなただけではありません。

みんな同じような気持ちを持って過ごしていることも事実なのです。

逆を言えば、その分翌日が仕事休みになる金曜日や土曜日の夜などは「やった!」という気持ちになるし、羽を伸ばしてリラックスでもしようかという気持ちになるはずです。

やはり、仕事とプライベート、どちらのシーンも自分らしく過ごすと言う「気分の切り替え」をできるようになれば、抱え込むストレスも大きく違います。

そのことを十分理解して、上手くストレスと付き合っていけるように心がけましょう!

 


他にこんな記事も読まれています

-人間関係

Copyright© 一流のビジネスマンになれる方法【ビジネス知識・マナー・スキルアップ】 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.