面接・就活

面接の質問にありがちな内容は?面接で理想的な回答9選

更新日:

面接の質問にありがちな内容は?面接で理想的な回答9選

面接の質問といえば、会社としてどのような人材を採用するべきか、その判断のために必要な情報を収集するために用意されるものです。

また最近では、集団面接やディスカッション形式での面接も行われるようになり、集団の中で以下に個性をアピールするかを見極める質問も増えてきています。

今回は、面接で想定されるさまざまな質問のうち、特に代表的と思われる質問について、その理想的な回答例をいくつかご紹介しましょう。

 

面接の質問の基本「志望動機」にまつわる理想的な答え3選

面接の質問にありがちな内容は?面接で理想的な回答9選

まず、面接の冒頭で必ず聞かれるといってもいい「志望動機」に関する、理想的な答えをいくつかご紹介します。

志望動機といえば、やはりその会社をなぜ希望したのか、採用する側としては非常に気になるものです。

また、志望動機が会社の方針などとずれている、あるいは会社が望む人材にフォーカスされていないような場合があれば、その時点で「この学生はだめかもしれない」と、面接の冒頭からネガティブな印象を抱かれてしまう可能性があります。

ですので、冒頭で聞かれる「志望動機」は、特に回答を重視しなくてはなりません。

1.「志望動機を教えてください」といわれたら一貫した回答を

面接の質問にありがちな内容は?面接で理想的な回答9選

そもそも、志望動機については、面接以外にも、エントリーシートなどで既に答えている内容でもあります。

このように、散々聞かれてきた志望動機ですが、最終面接でももちろん聞かれることが多いです。

ここでは、今まで答えてきた内容と一貫性を重視するべきというのが一般的です。

エントリーシートの内容と、面接での回答が異なっていたら、採用する側としては「違いますね?」とか「なぜ変わったのですか?」と、聞きたくなるものです。

もし、変容を聞かれたときに上手く答えられないならば、今まで答えてきた内容と同じ答えを返しておくべきです。

スポンサーリンク

2.志望動機を否定された場合は謙虚に「がんばります」と回答を

面接の質問にありがちな内容は?面接で理想的な回答9選

志望動機を述べたときに、面接官が「その内容は実際の会社の業務とは少々違っていますね」などと、答えに対して再質問をしてくる場合があります。

・「営業職としてがんばりたい」→実際の採用枠は企画職だった

・「福利厚生が週休2日制なのでプライベートも充実できます」→実際には休日勤務もある

・「ボーナスが確実にいただけるので」→実際には営業利益次第

いざ質問に答えても、このような違いがあった場合、面接官は当然突っ込んだ質問をしてきます。

こうならないように、面接の前には、志望する企業に関する理解や知識を再確認しておきましょう。

でも、どうしてもこのようなシチュエーションに陥ったときは「まだまだ知っていない部分がありましたが、業務の上ではこのようなことがないように注意します」などと、反省をしつつ、二度と失敗をしないことを宣言することで、場の雰囲気を和らげておきましょう。

3.「志望動機が実現できなかったときには?」と聞かれたら「時間がかかっても」と答える

面接の質問にありがちな内容は?面接で理想的な回答9選

そして、難関とも言える質問が「志望動機が実現できなかったときには?」という質問です。

・営業職を希望されていますが、総務部に配属されたときはどうしますか?

・残業が多くなる時期もありますが、プライベートの習い事はどうしますか?

・あなたの先輩方は多くの残業をこなして今の立場にありますが、あなたにその覚悟はありますか?

などと、時にはこちらが考えてもいないような質問をしてくることがあるのです。

正直、こちらの出方を伺うような質問もあれば、こちらの回答のあげあしをとるような質問をしてくる場合もありますが、冷静さを失ってはいけません。

こういうときは、明確な答えができないまでも「時間がかかってでも慣れていきます」「自分の能力を十分に活用して仕事をこなしていきます」などど、淡々と大人の対応をすることを心がけましょう。

むしろ、冷静に対応することで、あなたの人間性に対して「冷静沈着」などの、好印象を与えることも可能でしょう。

 

面接の質問の代名詞「自分」のことを問われたときの理想的な回答3選

面接の質問にありがちな内容は?面接で理想的な回答9選

スポンサーリンク

そして、面接の質問といえば、「あなた」つまり、自分のことを聞かれる事も覚悟しておかねばなりません。

あなたが、自分の事をどのように捉えているのか、自分の人生をどのように見据えているのかなど、以下に自分の事を客観的に捉えているのかを、質問の回答から客観的に考えようとするのです。

もちろん、あなた自身は、「自分とはこういう人間」「自分にはこのような長所や短所がある」ということを、簡潔に回答できるようにしておくことが必要です。

1.大学を選んだ理由を聞かれたら「明確な目的」を答える

面接の質問にありがちな内容は?面接で理想的な回答9選

今通っている大学を選んだ理由を教えてください。

この手の質問は、必ずといっていいほどありえます。

似たような質問には、大学で勉強したこと、頑張ったことなどは、これまでの面接でもあった質問だと思いますが、最終面接であれば「なぜ?」を聞かれることが多いのです。

もちろん、しっかりと目的を明言できるように答えるのが、このときのセオリーです。

・バイオテクノロジーに興味があり、その業界に就職することを前提としていました。

・我が家が自営業なので、経営ということに興味があったので、経済学部を志望しました。

・人に教えるということに強く興味があり、教職員になるための道を選びました。

このような答え方をすれば、問題はないでしょう。

理由があって、志望して、大学に入学したんだということを、明言できるように回答しましょう。

でも、面接を受けている会社と、志望して入学した大学での学業がまったく無関係の場合もあると思いますが、無理にこじつける必要もありません。

「大学に進学して、さまざまな学習の価値観や先生のご指導をいただく中で、御社の業務にも強く関心を持つようになりました」などと、前向きに生きてきた結果、方向転換をしたんだということを明言すれば言いだけです。

2.「性格面での長所と短所」を聞かれたら素直に答える

面接の質問にありがちな内容は?面接で理想的な回答9選

自分について聞かれるとなれば、当然「自分の長所と短所」を聞かれる事もあるでしょう。

スポンサーリンク

このときには、面接の前に自分自身をしっかり把握し、自分を客観視できているかどうか、対策を講じておきましょう。

特に、短所について、それをどのように理解し、短所を改善する対策を意識し、実践できているかどうかを、答えられるようにしておきましょう。

逆に、間違った答え方は次のとおりです。

・短所を聞かれているのに、長所があるから補えると長所のアピールにすり替えて答える

・短所などありませんと、自意識過剰に明言する

・「入社後にご指導をいただく中で気づくこともあります」と、その場での明言を避ける

このような答え方をすると、質問に対して真摯に向き合っていないことになり、当然面接官の心証を害する結果になります。

3.自己分析した「自分の性格」を質問されたら「客観的」に答える

面接の質問にありがちな内容は?面接で理想的な回答9選

最近よくあるのが、「自分で自分の性格をどう思いますか」という、自己分析結果を聞かれる質問です。

先ほどの長所や短所とは違い、自分で思う「自分」はこのような人間ですと、プロデューサーの立場で自分自身のアピールを行うのが主たる目的になります。

もちろん、自分をどのような人間であるか、客観的に見た上で、答えられるようにしておかなくてはなりません。

・努力をすることは惜しみませんが、それ以上に謙虚な人間だと思います。

・真面目といわれていますが、他者の意見を受け付けないような頑固なことはありません。

・少々理解力に欠けることもありますが、それを早めに理解し、補うように務めています。

このように答えれば、基本的には大丈夫でしょう。

きれいごとばかりを並べるのではなく、ネガティブな部分もあるのですが、それを自分でも客観的に認識し、改善していくことをアピールできるような回答をすることがいいでしょう。

 

変化球?思わぬ質問をされた時はこう回答しよう!具体的な回答3選

面接の質問にありがちな内容は?面接で理想的な回答9選

それでは、最後の章では「何だって?」と思うような、意外な質問を受けたときに、どのように対応すればいいか、その理想的な回答をご紹介します。

面接というのは、決まった質問ももちろん用意されていますが、あなたの回答を受けて、多少イレギュラーな形で回答を迫られる場合もあるのです。

そのような質問であっても、やはり冷静に、そして相手が感服するような回答を返せるようになると、採用への道も一歩前進することは間違いないでしょう。

1.「他社よりも当社を志望する理由」を聞かれたら「企業の長所」を答える

面接の質問にありがちな内容は?面接で理想的な回答9選

この質問は、まるで質問する側が自虐的なような気もします。

だって「うちの会社よりもライバルの会社だっていいところじゃないか」と言っているようなものですので、これを質問される私たちの方が、逆に気を使ってしまいます。

もちろん、気を使うべき部分ではありますが、変に相手を持ち上げて、褒め称えるようなことまではしなくていいです。

・御社はライバル会社と比べてもバイオテクノロジー技術が進んでいると思っております。

・御社の研究部門の取り組みは、私の大学での研究成果が活かせる環境だと思っています。

・業界の中でも、御社が展開しているサービスは、他社の同種サービスと比べても充実度が違っています。

このように、自分が客観的に見た現実、その現実が他社よりも御社の方へ入社したいと思う理由になったと、好意的に解釈したことを伝えてあげればいいのです。

もちろん、この手の質問に答えるには、企業研究や業界研究も必要となってきます。

事前に業界の状況はもちろん、企業の特性や長所をしっかり把握した上で答えるようにしましょう。

 

2.「将来この会社をどうしていきたいですか?」の質問には「会社への貢献」を答える

面接の質問にありがちな内容は?面接で理想的な回答9選

面接官の中には、「あなたが社長になったと仮定して」などといい、この会社をあなた自身ならどのように経営したいかという、仮定の話しに対して質問をすることがあります。

この手の質問で注意しておきたいのが、「自分がやりたいこと」ではなく、「自分が会社にどう貢献できるか」ということを答えなければならない事です。

ですので、今の経営陣の方針を否定するような回答は、絶対にしないようにしましょう。

・今の経営陣の実績と経験を尊重し、自分なりに改善していきます。

・好調な新商品を軸に、アレンジ商品などの展開を進め、顧客の獲得を目指します。

・持っている金属加工技術を活かし、インテリア部門への進出を考慮したいです。

など、今の経営陣が残している実績や資産、これを活用して、自分の技術や知識をエッセンスとして加えて、より企業の経営を安定させる、この程度の回答が理想的でしょう。

3.掟破りの「逆質問」には前向きな質問をしてやる気をアピールする

面接の質問にありがちな内容は?面接で理想的な回答9選

面接官の中には、学生に「何か聞きたいことはありますか?」などと、面接に来ている学生に質問を促す「逆質問」をしてくる場合もあります。

さすがに面接を受けに来ているのに、質問をしなさいといわれると、多くの学生が動揺してしまうのですが、これも次のような逆質問であれば、面接官の心証を害することもありません。

・入社までに勉強しておくことはありますか?

・現在の商品は、どのように開発されているのですか?

・私の持っている技術や知識を活かせるセクションはどこになりますか?

このような質問であれば、就職後の前向きさをアピールすることができるでしょう。

逆に、以下のような質問をすることはNGです。

・給料は額面どおり出るのでしょうか?

・有給休暇をみなさんは取ることができていますか?

・特に質問はありません。

これらの質問は、自分のことに関わることだけを聞いていて、就職後に会社のために自分がどのように貢献するか、その視野を持ち合わせていないイメージに受け取られます。

また、質問がないというのもNGです。

その会社に対して、あるいはその業務に対して興味がないというのは、「何のために受験したの?」と相手側にネガティブなイメージを抱かれかねません。

ですので、逆質問に対しては、就職した後のことを想定した、意欲的な質問をしておきましょう。

まとめ

面接の質問にありがちな内容は?面接で理想的な回答9選

面接というものは、その企業に採用してもらうためには、避けて通れない関門です。

でも、あらかじめ対策を講じていれば、どんな質問が来ても問題はありません。

むしろ、面接での受け答えは全て自己アピールをするチャンスなのでです。

ですので、自己分析や企業の研究がしっかりしてあれば、想定外の質問にも慌てることはありませんから、落ち着いて構えておきましょう。

なにより、聞かれたことに対してきちんと返答できるように、準備を怠らなければ、面接をうまく突破することはできるのです。


他にこんな記事も読まれています

-面接・就活

Copyright© 一流のビジネスマンになれる方法【ビジネス知識・マナー・スキルアップ】 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.