仕事・バイト

自己紹介は重要!面接で自己アピールするために考慮したい10のポイント

投稿日:

自己紹介は重要!面接で自己アピールするために考慮したい10のポイント

面接を受けるとき、最初に必ず求められるのは、やはり「自己紹介」です。

自己紹介は、その名のとおり、自分のことを初めて面接官に話す機会であり、あなたの第一印象をどう印象付けるか、重要なポイントです。

自分の長所を上手くアピールできれば問題はないのですが、なかなか限られた時間では、そうもできないのも現実です。

ですが、今回ご紹介するポイントを押さえて話せば、あなたの評価を格段に上げる事も可能です。

 

面接での自己紹介で必ず伝えるべき3つの項目

自己紹介は重要!面接で自己アピールするために考慮したい10のポイント

まず、面接の自己紹介で、必ず伝えたい3つの項目についてご紹介します。

自己紹介は、先ほども申し上げたように、限られた時間の中で、自分が主導して話すことのできる、数少ないチャンスです。

面接の基本は「問われたことに対して答える」のが主であって、自分主導で話のできる機会といえば、自己紹介しか無いわけです。

そのことを踏まえて、自己紹介の重要性を考えて見ましょう。

1.自己紹介では経験・資質・動機を語る

自己紹介は重要!面接で自己アピールするために考慮したい10のポイント

自己紹介では、あなたを採用したいと面接官に思わせるために、次の項目を伝えることが必要不可欠です。

・経験…どんな仕事をしてきたか、どんな学生生活を送ってきたか

・資質…どんな資格があるのか、学習の成果をどのように発揮できるのか

・動機…なぜこの企業に就職したいのか、採用されたら何を実現したいのか

スポンサーリンク

これらの項目を、簡潔に1つの文章にまとめて表現できるようにならなくてはいけません。

もちろん、1つの項目だけに集中して話すよりも、バランスよく3つの項目すべてを語ることが必要です。

逆に、これら以外の要素は自己紹介に入れない方がいいでしょう。

面接官があなたという人物をどのように捉えるか、それを頭に入れて、むしろ「自分をどのように捕らえてもらうか」を狙って、自己紹介を考えることをお勧めします。

2.性格や趣味・特技などは発言を控える

自己紹介は重要!面接で自己アピールするために考慮したい10のポイント

先ほども申し上げたように、自己紹介では、面接官が要点をつかみやすいように考慮する必要があります。

自己紹介ということで、つい一般的に「性格」や「趣味」、「特技」などを語る人もいますが、就職の面接では、それらは伝える必要はありません。

確かに、面接では自分をいろいろと知って欲しい想いのあまり、たくさんの要素を一気に伝えてしまおうとしてしまいがちです。

それでは「何を伝えたいのか」というポイントがぼやけてしまい、あなたという人間と、あなたを採用したことで生まれるメリットが明確に把握できない自己紹介になってしまいます。

自己紹介は、あくまで冒頭の「つかみ」であり、あなたという人間を紐解く「もくじ」でもあります。

そのことを考えて、できる限り最小限の文章量で、濃厚な自己紹介をするようにしましょう。

3.文章として覚えるのをやめる

自己紹介は重要!面接で自己アピールするために考慮したい10のポイント

面接ともなれば、誰だって緊張するのは確かなことです。

緊張すると、上手く自己紹介ができないかもしれないと、前もって文章を考えておく人もいると思いますが、これはあまりしないほうがいいでしょう。

というのも、自己紹介を一言一句そのまま「文章」で覚えると、実際に話すときに「棒読み」のように聞こえてしまうからです。

自己紹介で失敗したくないからと、前もって準備周到にしすぎるのもいいのですが、文章で覚えるのではなく、ポイントで覚えておくことをお勧めします。

こうすると、伝えたいことが明確にわかっているので、本番では自分の言葉で話せるようになり、緊張することもなくなります。

 

面接での自己紹介の理想とは?そのポイント4選

自己紹介は重要!面接で自己アピールするために考慮したい10のポイント

スポンサーリンク

面接の自己紹介で心がけたいポイントは、前の章でご紹介しましたが、この章では、自己紹介そのものの「時間」についてご紹介します。

実際、面接時の自己紹介は、3分以内を目安にするといいでしょう。

3分で話した場合、自己紹介の文字量は、約900字になります。

この程度の文字数であれば、十分に経験・資質・動機を盛り込んで自己紹介を行うことができるでしょう。

それでは、実際にこの3分をどういう構成で使えばいいか、具体的にご紹介しましょう。

1.冒頭には挨拶をして名前と学歴を述べる

自己紹介は重要!面接で自己アピールするために考慮したい10のポイント

まず、自己紹介の冒頭には挨拶を忘れないようにしましょう。

・今日はお時間をいただきありがとうございます。

・本日はよろしくお願いいたします。

・面接を受けさせていただきます。

というように、自分の名前を添えつつ、面接の場に自分を呼んでもらえた事に対して、謝意を表すことを忘れないようにしましょう。

その後、学歴を簡単に紹介することが基本です。

その際、学歴で必ず紹介するべき内容は、次のとおりとなります。

・大学名と学部名

・研究していた内容とその成果

・なぜその大学や学部を選んだのかその理由

これらは、簡潔でもいいので、必ず冒頭で述べるようにします。

スポンサーリンク

面接を受ける側にしてみれば、これらの項目は無理に暗記しなくても、自然に覚えていることでもあります。

暗記を要する項目を覚え損ねて、冒頭でつまずいてしまい、その結果面接全体のリズムを崩してしまうよりは、助走をつける意味でも、覚えやすい学歴を冒頭に語ることがよいでしょう。

2.経験を語るならばサークル活動レベルのことは避ける

自己紹介は重要!面接で自己アピールするために考慮したい10のポイント

次に語りたい項目は「経験」ですが、このときの経験を履き違えないようにしましょう。

会社に入りたいがゆえに、よく勘違いするのは「リーダーシップがある」「協調性がある」など、人間関係を円滑にすることができることをアピールしたくて、大学のサークル活動をアピールする人がいるのですが、絶対にやめましょう。

サークル活動は、あくまで大学生活を過ごす中での趣味的な活動です。

趣味にがんばってきましたと胸を張っても、面接官は怪訝そうな顔しかしないでしょう。

大学時代の経験を語るなら、むしろ研究中のチーム活動や、研究成果を簡潔に語った方が、試験管の心象をアップさせるでしょう。

3.志望動機は希望だけではなく「実現させたいこと」を必ず述べる

自己紹介は重要!面接で自己アピールするために考慮したい10のポイント

そして、自己紹介の最後に述べたいのは、志望動機です。

志望動機は、自分の夢を語れば簡単そうですが、面接官はあなたの夢を聞きたくてそこにいるのではありません。

会社にとって目の前の人間を採用してメリットがあるのか、ないのか。

それを追求するために、面接を行い、必要な質問を行うのです。

面接における志望動機は、あなたの夢を紹介するのではなく、あなたの夢を実現することで、会社にどんなメリットをもたらすのかを語るべきなのです。

・生物学を研究していました→生物学を活かしてバイオテクノロジーを活かした新商品を作ります。

・経済を学んでいました→経済学部で学んだマーケティング技術を活かして我が社のイメージアップ戦略を練ります。

・教育学部で学んでいました→教育を学んだことで、小中学生とその親の世代の心情を理解することができたので、販促活動に活かすことができます。

というように、学んだことをどう活かすのか、あるいはどう行動するのかを明言するのが、志望動機に盛り込むべき内容です。

4.具体的なエピソードを盛り込んでみる

自己紹介は重要!面接で自己アピールするために考慮したい10のポイント

今まで紹介した項目について、より信憑性を持たせるには、実際にあった「エピソード」を盛り込むことです。

言葉で「できます!」とか「やりたいです!」というのは、正直言って誰だってできますし、入社を希望するライバルたちだって、同様のことを語っているでしょう。

そんなライバルたちとの競争に勝つには、同じ内容を語ったとしても、その言葉に説得力を持たせるエピソードを盛り込むことです。

一番簡単な方法は、今まで紹介した内容を語るときに、最後にひとこと「仲間たちとも成果を共有しました」などと、「仲間」の存在を付け加えるといいのです。

仲間の存在を付け加えることで、事の信憑性がアップするのはもちろん、あなた自身の社交性や協調性をさりげなくアピールすることにもつながります。

 

自分をいかに印象付けるか!面接の自己紹介のプラスアルファ3項目

自己紹介は重要!面接で自己アピールするために考慮したい10のポイント

それでは、最後の章では「プラスアルファ」の話をしましょう。

今までの章でご紹介した内容のことは、正直言って他のライバルも十分考慮していることです。

就職活動でライバルに差をつけるには、人と同じような自己紹介をしているだけでは、希望する企業に就職することはできません。

だからといって、他人よりも目立とうとしすぎて、非常識な自己紹介をしてしまっては、チャンスを自分でつぶしてしまうことにもなりかねません。

やはり、常識的であり、それでいて面接官の注目を集める「プラスアルファ」をどう盛り込むかが重要です。

具体的には、次の項目について特に注意してみましょう。

1.自分で自分を褒めたいと思うエピソードを語る

自己紹介は重要!面接で自己アピールするために考慮したい10のポイント

面接の中の自己紹介というものは、どう考えても短い時間しか与えられません。

そんな短い時間の中で、自分のことを効果的に印象づけるためには、自分の経験の中でも「自分で自分を褒めたくなるような」エピソードを紹介することです。

そもそも、就活における自己紹介とは、あなたの一番いいところを見せる機会でもあります。

大学時代のエピソードであれば、つい最近のことでもあるので、面接官にイメージされやすいでしょうから、ぜひいろいろ探してみましょう。

該当するような経験がない場合は「これに関する知識なら誰にも負けない」ことを自ら紹介することで、自分のことを印象付けましょう。

2.学生らしくない言葉を使わないようにする

自己紹介は重要!面接で自己アピールするために考慮したい10のポイント

例えば、以下の単語を見て、みなさんはどのように感じるでしょうか。

・大学時代に多くの人脈ができました

・大学時代に多くの友人ができました

一般的には、後者の方が自然でいいですよね。

前者の言い方になると、なんだか計算高い人間であったり、人を利用しようとしているようなあくどいイメージを抱かれてしまうかもしれません。

何が言いたいかというと、あまり学生が使わないような言葉と、大人びているとかしっかりしているというイメージ作りのために、履き違えて使うことはやめてほしいということです。

面接は自分を売り込まねばならないので、どんな口調を使ってでも、長所をアピールしたい気持ちはわかります。

例えば「自分は協調性がある」と言ったからといって、面接官は「そうですか」と素直に納得するでしょうか。

むしろ「協調性があると見られたがっているのではないか」と考えてしまい、逆に「協調性に自信のない人」と受け取ってしまう可能性だってあるのです。

ですので、学生らしくない言葉を使うことで、このような逆の印象を抱かれてしまうことがあることは、特に注意しておくべきでしょう。

3.面接官が質問してきても答えられる題材を語る

自己紹介は重要!面接で自己アピールするために考慮したい10のポイント

自己紹介の内容を聞いて、面接官が「さっきの話なんですが」と、質問をしてくることもありえます。

こうなってくると、受験する側にとっては最高のチャンスです。

冒頭でも申し上げましたが、面接というのはあくまで面接官が主導で話題が変わっていくものですが、自分の話した内容に関して質問をされると、これは自分が話のイニシアチブを担っている状態になりますから、一種のチャンスタイムなのです。

むしろ、そうなるように、自己紹介で質問されやすい題材を語っておくというのが、作戦の1つでもあるのです。

・野球をがんばってきました→最高成績はどれくらいですか?

・ダンスの大会で優勝しました→就職してもダンスを続けるのですか?

・就職したら両親を旅行に連れて行こうと思います→両親に何を感謝したいのですか?

などと、語ることによって、面接官が質問を思いつきやすい内容を、自己紹介で語るのがお勧めです。

自分が語るのですので、答えに困ることもないでしょうし、むしろ得意分野の趣味や特技について語っておけば、いい自己PRにもなりますから、一石二鳥です。

 

まとめ

自己紹介は重要!面接で自己アピールするために考慮したい10のポイント

面接での自己紹介は、ある意味自分に対して「問いかけ」をする機会なのかもしれません。

「今まで自分は何をしてきたのか」とか「自分はどんな人間なのか」なんて考える機会は、このような面接の機会でもなければ、なかったかもしれません。

やはり、いい機会ですので、面接に望む前に、とことん自分のことについて考えてみることも大事なのです。

自己紹介は、いい部分も、悪い部分も、自分の事を理解して、自分の言葉で自分を紹介するという行為です。

どんなにかっこよく、きれいな言葉を使うかにこだわるよりも、自分が胸を張って答えられること、考えが浮かぶことを、できる限り簡潔に語ることが一番ではないでしょうか。


他にこんな記事も読まれています

-仕事・バイト

Copyright© 一流のビジネスマンになれる方法【ビジネス知識・マナー・スキルアップ】 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.