面接・就活

自己PRを完璧に!面接で特技をうまくPRするための10の方法

投稿日:

自己PRを完璧に!面接で特技をうまくPRするための10の方法

面接では、さまざまな質問を受けることがありますが、その中には趣味や特技に関する質問もあることが一般的です。

もちろん、趣味や特技を聞かれるということは、その質問に対して、面接官に高い評価を得られるように回答することは、その企業に採用されるためには、避けては通れないものです。

ただし、行き当たりばったりで質問に答えるのではなく、面接官がどのような意図で趣味や特技を聞いているのかを理解しなければ、採用にはつながる評価は得られません。

今回は、趣味や特技をアピールする際に気を付けるべきポイントや、回答の方法についてご紹介します。

 

なぜ面接官は特技について聞く?面接官のねらい3つ

自己PRを完璧に!面接で特技をうまくPRするための10の方法

趣味や特技について、面接官が質問をするときは、その質問への回答から、応募者がどのような人なのかを知ろうとしています。

ですので、単に趣味や特技の回答を「大好きです」とか「面白いですよ」などと、単純に趣味や特技を紹介するような回答内容では、面接官の評価がダウンしてしまう可能性があります。

そもそも、面接官がなぜ趣味のことを聞くのか、そのことを十分に理解して対応することを特に心がけましょう。

そして、これからご紹介する「面接官のねらい」も十分理解してください。

1.どのような人柄の人間なのかを把握するため

自己PRを完璧に!面接で特技をうまくPRするための10の方法

面接官は、まず受験している学生の人柄を把握することを目的に、さまざまな視点から質問を投げかけてきます。

そのために、趣味や特技を知ることで、その人の人柄を知ることが出来ることを、面接官は十分理解しているのです。

例えば、何気なく聞く趣味や特技の質問から、次のようなことは把握できるものです。

・「ボランティアが趣味です」→優しい性格なのか

スポンサーリンク

・「サッカーが趣味です」→チームワークを大事にする人間なのか

・「プラモデルを作るのが趣味です」→孤独な作業でも十分耐えることができるのか

などと、いろいろな人格のイメージを持つことができます。

面接官は、それまでの面接の回答内容や話し方からも、人柄を知ろうとします。

それに加えて、趣味や特技を聞くことにより、上の表のようなイメージや人柄をさらに把握しようとするのです。

2.会社の社風に適応できるかを把握するため

自己PRを完璧に!面接で特技をうまくPRするための10の方法

会社には、それぞれの社風があったり、経営方針もあります。

もちろん、会社に入社を希望する学生が、社風や経営方針を理解し、適切に業務にあたってくれる人材であることが、会社にとって面接で一番把握したいことです。

そんな会社への適性を知るために、趣味や特技を聞き出す質問を絡めてくるのです。

・団体スポーツを趣味にしている→コミュニケーション能力があるかどうか

・特技をどこまで極めているか→目標を達成しようとする意欲があるか

・特技を身に着けようと思ったきっかけは何か→探究心を持ち合わせているか

いくらいい特技を持っていても、企業の社風にあまりにも合わないと、社内でのコミュニケーションに支障をきたすなど、弊害のほうが大きい場合もありえます。

また、趣味や特技を持っていることで、業務外の時間に適度にストレスを発散できる方法を持っているかどうかも、あわせて判断することもできるので、この手の質問は必ず聞かれると思っていいでしょう。

3.物事にどれくらい集中することができるかを把握するため

自己PRを完璧に!面接で特技をうまくPRするための10の方法

趣味や特技を質問するのは、集中力をどれくらい持っているかを確認するために尋ねる意味もあります。

趣味や特技へ熱中している割合が高いと、仕事にも熱中して取り組める人材としての評価ができます。

それに、趣味や特技に熱中することができれば、仕事についても同様であって、集中できる人材であれば、早く仕事を覚えることができると見込めるのです。

スポンサーリンク

それを見越して、理想的な答え方としては、次のようなものがあります。

・その特技を身につけてメリットはありましたか→具体的に得したことを答える

・その特技に熱中した理由は何ですか→具体的な理由と一緒に今後の意気込みを語る

・物事に集中できる環境はどんな環境ですか→どんな環境でも問題ないことを語る

これらの答え方をすれば、趣味や特技が、仕事にも十分活かせると評価され、採用への道を一歩前進することもできるでしょう。

 

趣味や特技の質問で自己アピールを!理想的なアピール方法4つ

自己PRを完璧に!面接で特技をうまくPRするための10の方法

次に、面接の趣味や特技の質問にはどのようなことをアピールするといいのか、その理想的な方法をご紹介していきます。

面接で趣味や特技をアピールする場合、ただ好きな趣味や特技を紹介するように語るのではなく、自分の評価を少しでも上げるために、これからご紹介するポイントに注意しつつ答えるようにしましょう。

趣味や特技がレジャーやホビーのレベルであっても、心配することはありません。

どんな趣味や特技であっても、何らかのメリットがあることを、自然に伝えることができれば、まったく臆することはありません。

1.その趣味や特技のことを「本当に好きである」ことをアピールする

自己PRを完璧に!面接で特技をうまくPRするための10の方法

趣味や特技をアピールする場合、本当に好きな趣味や自身のある特技を答えるようにしましょう。

なぜなら、本当に好きな趣味や特技の方が、自分からアピールする際も自信を持って述べることができるからです。

また、面接官によっては、答えた回答に関して再質問をしてくる場合もあるでしょう。

その場合、面接官から再質問をされたとしても、自分が自信を持っている趣味や特技について聞かれるのですので、どんな質問に対しても、的確に答えることができます。

それに、その答え方があなたの人柄も好印象に伝わりやすくもなります。

2.仕事に活かせる趣味や特技をアピールする

自己PRを完璧に!面接で特技をうまくPRするための10の方法

スポンサーリンク

面接で趣味や特技についてアピールするならば、ただ「楽しいです」「大好きです」など、自分が満足していることだけをアピールしても意味はありません。

趣味や特技が、仕事に活用できるものであること、それも具体的な効果を自分なりに説明できることが、より採用のチャンスを広げるのです。

例えば、以下のような説明の方法がお勧めです。

・マラソンが趣味→体力には自身があります

・パソコンが趣味→文字入力のスピードと確実性を持ち合わせています

・映画鑑賞が趣味→世間の流行をいち早くつかもうとする努力をしています

・読書が趣味→想像力や独創力を高める努力をしています

などと、趣味や特技はさまざまな内容でプラスのアピールにつなげることができます。

このように、どんな趣味や特技であっても、それを仕事に活かせるスキルや能力であるように、アピールすることを心がけましょう。

3.自分の長所と一緒に趣味や特技をアピールする

自己PRを完璧に!面接で特技をうまくPRするための10の方法

先ほどの項目とも多少類似しますが、自分が把握している長所と関連がある趣味や特技をアピールすると効果的です。

例えば、自分の特技が「初対面の人と打ち解けやすい」のであれば、以下のようなアピールができるのではないでしょうか。

・営業に行っても顧客と打ち解けることができます

・初対面の人とも臆することなく対応することができます

・相手から話しかけられやすい雰囲気をかもし出すことができます

などと、仕事上でも活かせる長所であることを、できる限り具体的なメリットを説明しながらかたるといいでしょう。

また、短所を上手くアピールにつなげる方法も、まったく無いわけではありません。

・イライラしてしまう→小さなことも気にして対応できる

・決断力がない→人の意見を隔たり無く聞くことができる

・手先が不器用→丁寧な作業を行うことができる

というように、短所も考えようによっては、長所としてアピールできることも、忘れないでください。

4.会社の商品やサービスと自分の趣味や特技をリンクしてアピールする

自己PRを完璧に!面接で特技をうまくPRするための10の方法

自分の趣味や特技が、会社の商品やサービスとリンクするような場合は、ぜひ回答に盛り込んで、面接官の印象をアップさせましょう。

これも、例示をしながらご説明差し上げた方が早いかもしれません。

・健康食品の会社の場合→健康維持に関する趣味や特技をリンクする

・携帯電話の会社の場合→パソコンやインターネットに関する趣味や特技をリンクする

・金融関係の感謝の場合→経営学や経済に関する趣味や特技をリンクする

このようにすれば、自分の趣味や特技で得たものを、うまくリンクして話ができるでしょう。

また、うまくリンクする趣味や特技が無かったとしても、自分が興味を持っている事柄があれば、ぜひリンクさせて見ましょう。

例えば「ダイエットをしたいと思っているので、御社の商品は個人的にも気にしていました」などと、消費者としての自分をアピールして、別の視点でアピールすることも可能です。

 

趣味や特技はなんでもよい?回答する際に気を付けたい3つのポイント

自己PRを完璧に!面接で特技をうまくPRするための10の方法

趣味や特技が、面接時のアピールに効果があるとしても、肝心の答え方や、面接を受けるときの姿勢が悪いと、せっかくのメリットも台無しです。

例えば、趣味や特技に興味を持った理由が明確に説明できなかったり、説明に時間をかけすぎたりしてしまうと、逆に面接官の心証を害する場合もあります。

そのことを踏まえて、面接時に効果的なアピールができるよう、事前に確認しておきましょう。

1.説明に時間をかけすぎない

自己PRを完璧に!面接で特技をうまくPRするための10の方法

自分の趣味や特技の話をする時、夢中になってしまうと、長い時間話してしまうなど、面接の雰囲気を台無しにする場合もあります。

そもそも、面接では次の応募者がいる場合もありますし、面接官の他の仕事などがありますから、時間がいくらでもあるわけではありません。

実際、名言はされないものの、面接の1人あたりの時間は制限されている場合がほとんどです。

そのため、趣味や特技について自己満足で話し続けてしまうと、面接官が聞きたかった部分の質問が聞けなくなり、当然面接官の心証を害してしまうこともあるので、特に注意しましょう。

まず心がけたいのは、質問に対する回答を、できる限り最低限の時間と文章で表現することです。

2.聞こえのいい趣味や特技を持ち出さない

自己PRを完璧に!面接で特技をうまくPRするための10の方法

面接向けに面接官の印象をアップするだけのために、実際には趣味や特技でないことを「知ったかぶり」でアピールすることはやめましょう。

・本を読まないのに読書が趣味と言う→ベストセラー小説の感想を聞かれて窮する

・スポーツに興味がないのにプロ野球について語る→具体的なチームや選手のエピソードを聞かれて窮する

・経済問題について気にしているという→海外経済の事情や日本経済の指標など、具体的な事例に基づいてのコメントを求められて窮する

これらの例のように、あなたが趣味や特技に嘘をついてしまっても、面接官がそれらに興味のあることであれば、鋭い質問をされてしまい、その結果自分自身が墓穴を掘ってしまうこともあるのです。

特に、付け焼刃の知識は、言葉に説得力がなかったり、信憑性に欠ける内容になってしまうので、問われて自身のない趣味や特技を、嘘をついてまでもっともらしく語るのはやめましょう。

3.ネガティブな趣味や特技を持ち出さない

自己PRを完璧に!面接で特技をうまくPRするための10の方法

面接で趣味や特技をアピールするときには、ネガティブなことや、他人や企業の批判など、良い印象に思われそうにない項目は語らないようにしましょう。

世の中に対して不平不満を持っている人はたくさんいると思いますが、それを会社の面接で「最近の社会はおかしい」とか「政治家に不審を抱いている」などと語るのは、会社の採用基準とはまったく関係の無いことです。

面接官は、あなたの趣味や特技に対していろいろ知りたいと思っているのに、そこでいきなり「世の中はおかしい」と言われても、貴重な面接の時間が失われるだけです。

それに、不平不満を語ったり、ネガティブなことを語ったりするようでは、採用しても生き生きと仕事をしてくれるイメージを、面接官は抱くことはできないでしょう。

 

まとめ

自己PRを完璧に!面接で特技をうまくPRするための10の方法

面接において、趣味や特技を聞かれるということは、面接官があなたのことをもっと深く知りたいと思っていることは、間違いありません。

実際、面接官は趣味や特技の内容次第で採用や不採用を決めることはありません。

面接官は一緒に働く上で「あなたがどんな人か?」を知りたがっているのですので、趣味や特技を通じて、あなた自身を採用することのメリットをさりげなくアピールすることを心がけましょう。

そもそも、面接の一つ一つの質問には、必ず面接官の意図があります。

その事を理解しつつ「相手にどう伝わるのか」を考えながら、適切な返答をして行けば、面接も臆することなく、うまく行くことでしょう。

ぜひ、今回ご紹介した例を参考にして、自分らしい答え方を目指してください。

引き続き、「一流ビジネスマンになれる方法」をご紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています

-面接・就活

Copyright© 一流のビジネスマンになれる方法【ビジネス知識・マナー・スキルアップ】 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.