面接・就活

逆質問に驚かない!面接で冷静に対応できる10の秘訣

投稿日:

逆質問に驚かない!面接で冷静に対応できる10の秘訣

企業に就職しようとすれば、やはり「面接」は避けて通れません。

企業に採用されるために「面接」を受けた経験のある人もいれば、これから「面接」の洗礼を受ける人もいることでしょう。

そんな面接において、面接官がいきなり「最後に何か質問はありますか?」と聞くことも多いです。

そもそも、面接をする側、質問をする側である面接官がなぜ「逆質問」をするのでしょうか。

面接官が質問する意図や目的について、今回はご紹介します。

 

面接官が逆質問をする3つの理由

逆質問に驚かない!面接で冷静に対応できる10の秘訣

最初の章では、そもそも面接官がなぜ逆質問をするのか、その部分を考えていきます。

単純に考えると、受験者がどのような気持ちでいるのか、受験者が入社を検討するにあたって不安を感じていることは何かなど、さまざまな考えをストレートに聞きたい、というのが逆質問の理由です。

私たち受験者の立場で言えば、ある程度「面接官が何を知りたいのか」を踏まえて逆質問をすることで、自分の評価をアップするための材料にすることを目指しましょう。

1.会社に対して興味があるかどうかを知りたい

逆質問に驚かない!面接で冷静に対応できる10の秘訣

まず、面接官としては、受験者がどれくらい会社に対して興味を持っているかを知りたいものです。

逆質問が何度でも出てくるようであれば、それほど受験者が会社に興味を持っていることがわかりますから、意欲的な部分を知ることができます。

逆に、「何か質問はありますか?」と聞いて「ありません」と答えるのは、いわば「あなたの会社には興味がありません」というようなものですので、絶対にやめましょう。

逆質問の意味には「学生が企業を本気で志望しているか」と尋ねたい意向があることは、絶対に忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

2.言葉を選んで質問をする能力があるかを知りたい

逆質問に驚かない!面接で冷静に対応できる10の秘訣

質問をするということは、それが的確であればあるほど、円滑なコミュニケーションを図ることができるものです。

実際、仕事をしていく中で、取引先の相手や社内の人に質問をする機会が多くあります。

そこで、質問が的確であればあるほど、相手との信頼関係が構築されますし、相手から見ても「こちらの意向をしっかり把握できている」と思えますから、ビジネスシーンにおいても円滑なコミュニケーションを図ることができる、有能な人材であると認識されます。

つまり、逆質問には受験者の理解度や情報収集力、コミュニケーション能力を、面接官がある程度見極める要素もあるのです。

3.キャラクターが社風とあっているかどうかを知りたい

逆質問に驚かない!面接で冷静に対応できる10の秘訣

面接官としては、受験者のキャラクターが企業の社風と合うかどうかを見極めることも、逆質問を行う理由の一部にしています。

例えば、ネガティブな質問をしてくる人は、企業の社風とマッチしないキャラクターであると認識された結果、高い評価を得られずに採用を見送られる場合もあります。

逆質問とは言うものの、ある意味裏を返せば本人が不安に思っている点であったり、疑問に感じている点ともいえます。

ですので、逆質問をしなさいといわれても、企業の社風にミスマッチな質問はしない方が良いでしょう。

・失敗ばかりを考えてチャレンジ精神が見受けられない

・不安を訴えるもののそれを自分で克服しようとする意欲が語られない

・業界全体の状況や他社の状況を踏まえて質問するばかりで入社したい気持ちが見えない

上記のような質問は、絶対にしないようにしましょう。

 

逆質問で自己アピール!面接で心がけたいアピールポイント3つ

逆質問に驚かない!面接で冷静に対応できる10の秘訣

逆質問は、別の視野で見ると、企業や業界での就職に関する意欲をアピールするチャンスと捉えると、より前向きな逆質問ができるでしょう。

そもそも、逆質問によって、あなたを採用するメリットをどのようにアピールしていけば良いのでしょう。

露骨に自分のことを「すごい」「できる人材」などと思い上がったアピールにならないよう、これからご紹介する部分を理解して、効果的なアピールを実践しましょう。

スポンサーリンク

1.労働意欲をアピールする

逆質問に驚かない!面接で冷静に対応できる10の秘訣

例えば、仕事をこなしていく中で、以下のような状況になったときは、社内でも重要なポストに就ける可能性もあります。

・ビックプロジェクトを成功させた

・売り上げランキングで1位になった

・顧客から信頼され「あなたが担当でないと買わない」とまで言われるほどの信頼関係を構築した

特に民間企業であれば、上記のような成果を出せば、若い社員でも出世が早い場合もあります。

そんな人材こそ、前向きで意欲のある人材ですので、面接官もぜひ採用したいと考えるでしょう。

面接官に「ぜひ採用したい」と思わせる逆質問といえば、次のような内容がお勧めです。

・一般的な昇格の流れと年齢

・責任者となるために必要な資質や資格の詳細を確認する

・管理職の業務内容

例えば「営業部門の責任者は何歳でしょうか」とか「最年少の管理職は何歳の方のですか」などと逆質問することをお勧めします。

この質問では、自分も管理職を目指していることを絡めて、それぐらい前向きに仕事に向き合うし、実出世するためにさまざまな努力をする意欲がありますという気持ちをアピールできるわけです。

2.世間や業界の状況について興味や関心を持っていることをアピールする

逆質問に驚かない!面接で冷静に対応できる10の秘訣

逆質問では、まず自分をアピールすることが欠かせません。

先ほどから申し上げていますが、逆質問をするということは、それだけ「私はあなたの会社や業界に関心を持っている」ということをアピールすることになります。

その意味を考えると、世間の状況や業界の状況を絡めた逆質問をすれば、感心を持っていることをしっかりアピールすることができます。

スポンサーリンク

・業界に関連する経済ニュースに関する質問

・会社が開発した新商品や新サービスに関する質問

・ドキュメンタリー番組やビジネス雑誌の記事などに関連した質問

これらの内容を絡めた逆質問ができれば、しっかりあなたの関心度をアピールできます。

もちろん、事前に調査をしておくことは必要ですし、インターネットの記事レベルと同じ質問ではなく、自分の主観も盛り込んだ逆質問ができるようになっておきましょう。

3.入社後の準備を進めていることをアピール

逆質問に驚かない!面接で冷静に対応できる10の秘訣

これはぜひお願いしたいのですが、入社後に活躍できるよう、既に準備をしていることをアピールするような逆質問を考えておきましょう。

具体的には、次のような逆質問をお勧めします。

・証券会社に入社する→ファイナンシャルプランナーなどの資格取得に励んでいる

・マスコミ業界に就職する→アナウンススクールに通っている、写真の取り方を学んでいる

・食品会社に就職する→その食品会社の商品を使ったオリジナルレシピを研究している

などのように、あなたの企業に入社するために、こんなことを努力していますというアピールをまず逆質問の中で行いましょう。

もちろん、上の文章では単なる「やってます!」という自慢話のような、取りとめもない話の内容になってしまいますので、次のように質問文として精錬しましょう。

・証券会社に入社する→ファイナンシャルプランナーなどの資格取得に励んでいる

 ⇒ファイナンシャルプランナーを取得すれば給与面でもメリットがありますか?

・マスコミ業界に就職する→アナウンススクールに通っている、写真の取り方を学んでいる

 ⇒アナウンススクールに通っていますが、今後どのような部分を特に学んでおくべきですか?

・食品会社に就職する→その食品会社の商品を使ったオリジナルレシピを研究している

 ⇒カレー味の新製品があれば、私はこんなオリジナルレシピを実現できるのですが、開発の予

  定はないのでしょうか?

このように、アピールを絡めた逆質問を考えて、ライバルより一歩先に注目されるように心がけましょう。

 

面接官を振り向かせる!効果的な逆質問・4つの例文

逆質問に驚かない!面接で冷静に対応できる10の秘訣

それでは、最後の章で「実際に使える逆質問」の例示をさせていただきます。

実際に面接を受ける企業や業界の内容に応じて、アレンジして使っていただけるとよいでしょう。

あと、面接官の顔色を伺いながら、どのタイプの逆質問が効果があるかを、しっかりと判断して使うことも忘れないでください。

1.意欲を前面に出す逆質問

・私は営業部に配属を希望しますが、具体的な業務内容を教えてください。

・私はどこの部署でも一生懸命働きますが、私のように意欲的にがんばろうとしている社員は、どこの部署で配属いただければ、努力が報われるでしょうか。

・私の学歴と経歴で、10年経ったらどのような部署で、どのくらいの責任のある仕事に従事させていただけるのでしょうか。

これらの質問からは、仕事の分からないことに対して積極的に学ぼうとする姿勢や、今後もこの会社で成長していこうという意欲がアピールできるので、面接官の心象もアップするでしょう。

なにより、逆質問をした結果、得られる回答についても十分くみ取って考え、「ありがとうございました」ではなく、「ありがとうございます、いただいたアドバイスを実践して入社の日まで備えたいと思います」などと、前向きな返礼をすることも忘れないでください。

2.やりがいを前面に出す質問

逆質問に驚かない!面接で冷静に対応できる10の秘訣

自分がこの企業に採用されて、どのようなことに「やりがい」を感じることができるか、それを逆質問することは、面接官の心象をアップするのに十分な質問です。

・仕事をしていて、どのようなことにやりがいや利害を感じますか?

・仕事をしていて大変なことはどのようなことでしょうか?

・御社で活躍している人材はどのような方が多いでしょうか?

などと、仕事に取り組む中で生まれる「やりがい」を面接官に聞くことで、自分が仕事の中で喜びを感じることができる人材であることを、さりげなく面接官にアピールできるのです。

具体的なやりがいの話になると、例えば「お客さんに喜ばれた」「自分の提案が採用された」「売り上げ成績がトップになった」など、あなた自身が思い浮かべる「やりがい」もあるはずです。

逆質問した場合に「あなたはどう思いますか?」と面接官に問われることもありますから、あなた自身がやりがいをどのように考えているか、答えられるように準備をしておきましょう。

3.今までの成果やこれからの経営方針に関する質問

逆質問に驚かない!面接で冷静に対応できる10の秘訣

会社として、当然今まで存続しているうちには、成果を挙げたサービスや商品などが存在するはずです。

また、これから開発中の商品が発売され、好評を博するようなこともありえるかもしれません。

ここで紹介する逆質問は、その企業が持っている実績や人気の商品、これから注目を浴びるかもしれない商品やサービスについて、興味があることをアピールする逆質問です。

・御社の商品はいつも愛用していますが、開発のコンセプトは何ですか?

・御社のサービスを利用してみたのですが、付加サービスとして○○はできませんか?

・今開発されている商品を、私はぜひ積極的に売り出したいと思いますが、売り出すにあたって一番アピールしたいポイントは、どのような部分ですか?

などと質問すれば、面接官としても「ここまで我が社に興味を持ってくれているのか」と、あなたの意欲を十分に評価してくれるでしょう。

4.ライバル企業や同種サービスに関する質問

逆質問に驚かない!面接で冷静に対応できる10の秘訣

ビジネスである以上、当然同種のサービスや商品を展開しているライバル企業があることも事実です。

逆質問の中で、それらのライバル企業について話を切り出すというのもお勧めです。

「ライバル企業を褒めるようなことをしていいの?」と思うかもしれませんが、ライバル企業を褒めるのではなく、むしろ下のような質問をして、あなたの意欲をアピールするのです。

・ライバル企業の商品と比べても御社の商品の方が質が高いと思いますが、価格競争でライバル企業に負けていることは、改善をされる予定があるのでしょうか?

・ライバル企業が手数料の安価なサービスを始めましたが、御社では対抗しないのですか?

・ライバル企業が展開していない香りの商品を開発するべきだと思いますが、その予定はないのでしょうか?

もし、これらの質問に具体的な答えが返せないようなら、今後の経営戦略が定まっていないか、現状に打つ手がないかのどちらかですので、企業としても苦しい立場になってしまいます。

逆に、積極的に答えを返してくれるようであれば、ぜひその答えに乗っかって「私の技術や知識を活かしてもらえませんか?」「私の研究成果が活かせるのではないでしょうか?」などと、自分を採用することで生まれるメリットをしっかりアピールしましょう。

 

まとめ

逆質問に驚かない!面接で冷静に対応できる10の秘訣

逆質問は、面接官からの質問に答える内容をあらかじめ考えておくことが重要です。

それだけではなく、逆質問に対する質問を、あなた自身がある程度考えておく必要があります。

それに、次のような逆質問はあなたの評価を下げることになりますので、絶対にしないようにしてください。

・ホームページや会社四季報でわかるような情報に関する質問をする

・過去のスキャンダルや起こした事件や事故に関して質問をする

・給与や福利厚生など自分に関連することばかり質問をする

・質問ではなくて「僕は○○ができますが」などと、結局自分自慢になってしまう発言をする

これらのことは、逆質問の形をなしていないので、絶対にしないようにしましょう。

逆質問は、面接官の印象をアップさせるために、最後に繰り出す「切り札」ともいえるものですので、ぜひ切れ味がよく、それでいて面接官も乗り気になりやすい逆質問ができるよう、心がけておきましょう。


他にこんな記事も読まれています

-面接・就活

Copyright© 一流のビジネスマンになれる方法【ビジネス知識・マナー・スキルアップ】 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.