面接・就活

面接で好印象にする方法!面接で理想的な趣味の答え方10選

更新日:

面接で好印象にする方法!面接で理想的な趣味の答え方10選

面接のときに聞かれることには、さまざまな内容がありますが、聞かれても安心して対応できるのは、趣味についての内容ではないでしょうか。

趣味を聞かれる側としては「答えやすい!」と思ってしまいますが、面接官もただ何気なく趣味を尋ねているわけではありません。

今回は、面接のときに聞かれる「趣味」のことについて、面接官がなぜそれを尋ねるのかという「目的」や、聞かれたときの対処法についてご紹介します。

 

趣味だからこそPRしたい!好印象な趣味の答え方3パターン

面接で好印象にする方法!面接で理想的な趣味の答え方10選

まず、趣味についてどのように答えると、面接官の印象をアップさせることができるか、そのポイントをご紹介します。

趣味ですので、自分としてはあんなこともこんなことも答えることができるわけで、ついつい饒舌になってしまうこともあるでしょう。

そうではなくて、あくまで面接官が好意的に受け取ってもらえるように考えて、発言することだけは忘れないでください。

1.趣味への熱意を素直に語ってみよう

面接で好印象にする方法!面接で理想的な趣味の答え方10選

面接時に、ついつい面接官の印象をアップさせようと、実際にたしなんでいる趣味をなんだか高尚な趣味のように着飾って紹介する必要は一切ありません。

趣味の紹介をするだけなのに、誇張して説明する人間のことを、果たして面接官が好意的に解釈してくれるでしょうか?

逆に「この人は大げさな人だ」「嘘をつくような人間なのか」と、マイナスの印象を与えてしまうことのほうが多いはずです。

むしろ、素直に自分の好きなことを、なぜ好きなのか、どれくらい好きなのかを、自分の言葉で語るほうが、面接官の心象もアップするものなのです。

それに、一生懸命楽しめる趣味を持っているということは、それだけ会社の仕事にも一生懸命取り組むであろうと考えられるので、趣味については素直に話した方がいいでしょう。

2.なぜその趣味をはじめたのかを語ってみよう

面接で好印象にする方法!面接で理想的な趣味の答え方10選

スポンサーリンク

前述したこととも同様かもしれませんが、なぜその趣味をはじめたのかを語ることも大事です。

そのときは、次の部分にも触れて語ってみてください。

・趣味が会社の業務に活かせる可能性があること

・趣味で培った人脈が会社の業務に活かせる可能性があること

・趣味を共に楽しんでいる人のいい部分を見習いたいという向上心を持っていること

これらのことをぜひ絡めて自分の趣味を説明してください。

そうすることで、単なる趣味=遊び、ではなくて、趣味を仕事にも活かせる、大きい可能性を持っている人材であることをアピールすることができます。

3.趣味を通して人柄や志向をアピールしてみよう

面接で好印象にする方法!面接で理想的な趣味の答え方10選

趣味を通じてわかることは、いろいろあります。

特に、企業への採用面接においては、受験生の「人柄」や「志向」をつかむために、趣味について尋ねる面接官も多いようです。

そもそも、趣味に興じている人には、その人なりの志向があります。

例えば、読書が趣味ならば「新しい知識を吸収する貪欲さを持っている」と解釈できるでしょうし、「ストーリーを組み立てて相手の気持ちを察することができる」とも解釈できるでしょう。

このように、趣味から自分の人柄を見られていると考えれば、紹介する趣味についても、仕事に活かすことのできる趣味を紹介しようと思えるでしょう。

 

実際に面接時に答えたい「好印象を与える」趣味3つ

面接で好印象にする方法!面接で理想的な趣味の答え方10選

それでは、この章で「好印象を与える」趣味について、代表的なものを3つご紹介します。

それぞれの趣味において、どのようなことを語ればより面接官の印象をアップすることができるかも、あわせてご紹介します。

これからご紹介する趣味を実際に実践されているとチャンスですし、まだ趣味を始めていない人でも、「これから始めようと思っている趣味があります」と前置きしつつ、今回ご紹介するジャンルの趣味を語ってみてはいかがでしょうか。

1.好印象を与えられる「スポーツ」関係の趣味を語る

面接で好印象にする方法!面接で理想的な趣味の答え方10選

スポンサーリンク

一般的に、好印象の趣味として定番なのは、スポーツ関係の趣味です。

ですが、ただ「スポーツ」だけでは漠然としすぎているので、面接官の心象をアップするまで意は至りません。

実際、適切な答えとしては、次のような答え方が理想的です。

・スポーツ全般に興味がありますが、特に好きな競技はテニスです。

・ヨガを2年ほど続けていて、風邪を引かなくなるぐらい、基礎体力がつきました。

・スポーツジムに通って身体を動かしていますが、そこで新しい知り合いにも出会えて、人見知りだった性格も改善できました。

このように、スポーツが好きだからやっています、ではなくて、スポーツを趣味にしたことで、自分にとって成長する機会になった、ということを「具体的」に語ることを忘れないようにしましょう。

ちなみに、スポーツは個人競技でも団体競技でも問題はありませんが、団体競技であれば、ペアとのエピソードなどを絡めて説明ができるので、話を膨らませやすいですし、関連の質問を受けても、簡単に返すことができるのでお勧めです。

2.愛好者が多い趣味を語る

面接で好印象にする方法!面接で理想的な趣味の答え方10選

スポーツ形の趣味があればいいのですが、運動神経が鈍い人などは、スポーツ系の趣味を持ち合わせていないこともあるでしょう。

でも、面接においては、本当に熱中出来る趣味であり、それを熱意を持って説明できるならば、スポーツ関係の趣味以外でも、十分好印象を与えることができます。

・釣りが好き→海を眺めて気分転換するとアイディアが浮かびやすいです

・読書が好き→人の気持ちを推察することができるようになりました

・料理が好き→手先が器用になって作業効率もアップしました

などのように、一般的な趣味であっても、その趣味に興じたことで日常生活にもメリットが合ったことをアピールするのです。

この方法は、前述したスポーツ関連の趣味を紹介するときと、変わることはありません。

いずれにせよ、できる限り具体的なメリットを紹介することで、面接官の心象をアップすることが可能になるのです。

スポンサーリンク

3.世間で好印象を与えている趣味について語る

面接で好印象にする方法!面接で理想的な趣味の答え方10選

どんな趣味であっても、その内容が万人受けするものばかりではありません。

面接時に趣味を紹介するならば、やはり万人受けするもので、かつ世間の印象がよい趣味を紹介することを心がけましょう。

例えば、流行っているからと「鉄道マニア」であることをアピールしてみたところ、流行と同時に鉄道ファンのマナーの悪さが目立つようになっていて、逆効果だったという事例もあります。

また、面接官が聞いてもあまり理解できない趣味を語ったとしても、それを詳しく説明するために専門用語を絡めてあなたが自信ありげに説明しても、「何を一人で盛り上がっているんだ」と、面接官に引かれてしまうこともあるので注意してください。

 

これだけはやめよう!面接で趣味を語るときの注意事項4つ

面接で好印象にする方法!面接で理想的な趣味の答え方10選

最後の章では、面接の際に語るべきではない趣味など、注意事項をご紹介しましょう。

どんなに好印象を与えられる趣味であっても、あなたの話し方が悪ければ面接官の印象を害してしまいますし、趣味そのもののメリットを活かしきれないこともあるでしょう。

面接は、あくまでも「あなた」という人物に可能性を感じてもらうこと、その可能性を趣味や特技を説明する中で、あなたがあなた自身をいかに好印象に思ってもらえるプレゼンテーションができるか、それにかかっています。

そのことを踏まえて、これからご紹介する内容を理解していただけると幸いです。

1.アルコールやギャンブル関連の趣味は語らない

面接で好印象にする方法!面接で理想的な趣味の答え方10選

趣味といえども、どんなものにも良し悪しがあるように、面接では答えてはいけない趣味もあるのです。

・パチンコ、競馬、競輪、競艇などのギャンブルが絡む趣味

・お酒を飲むなどのアルコールが絡む趣味

・「人間観察をする」などの妄想を連想させる趣味

これらの趣味は、あなたの印象を害するだけなので、絶対に趣味として語らないことです。

例えばギャンブル好きの人の印象は「お金の使い方が荒い」などのマイナスイメージがつきものですが、あなたがいかにそれを否定しても、世の中のマイナスイメージが勝ることもあるのです。

また、お酒を飲むことは、二日酔いになって会社の業務に支障をきたす、お酒によってトラブルを引き起こすなど、これまたマイナスイメージを与えてしまう可能性があります。

「人間観察が趣味」だなんて、なかなか答える人もいないでしょうが、少なくとも一人であらぬ事を想像している「妄想」趣味ですと宣言してしまって、そんなあなたに好印象を覚える面接官はいないでしょう。

2.今までの就労経験と絡めた趣味を紹介する

面接で好印象にする方法!面接で理想的な趣味の答え方10選

早速ですが、次のような例文をご用意してみました。

・コンビニでアルバイトをしていたので、笑顔の接客が得意になりました。

・英会話が趣味なので、英語の家庭教師をしていましたが、おかげで英語の語学力は今でも健在です。

・バイクのツーリングが趣味ですが、ピザ屋の宅配バイトはおかげでかなりスムーズにこなすことができました。

・茶道が趣味ですが、バイト先に来客があり、丁寧にお茶をお出ししたところ、お客様に喜んでもらえました。

などと、趣味と実益を実際に兼ね備えた就労経験があれば、ぜひそれをアピールしましょう。

特に、人と人との関わりがある業種で、趣味がその場所で活かせたのだと言う事実をアピールすることで、面接官も「我が社でも同様に能力を発揮してくれるだろう」と期待を持ってくれるでしょう。

3.ボランティア活動も積極的に紹介しよう

面接で好印象にする方法!面接で理想的な趣味の答え方10選

趣味といえば、最近「ボランティア」と答える人も多くなってきました。

ボランティアと聞けば、当然「世の中の役に立っている」などと、好印象を与える趣味ともいえますが、それだけではまだまだ弱いです。

ボランティア活動を趣味として紹介するならば、もっと掘り下げて、次のように紹介することをお勧めします。

・ボランティア活動で世代や性別を超えた多くの人々と出会い、交流することができました。

・老人ホームへ休日ボランティア活動などに参加していましたが、そこでは年配の方々との会話をする機会が多く、大変勉強になりました。

・ボランティア活動ではチームを組んで、それぞれのチーム内で話し合い、コミュニケーションを図りながら、みんなで無理なく活動するように務めることができました。

などのように、世代を問わず多くの人と交流を図ることができた経験や、チームとして行動するときの協調性やリーダーシップについて語ることができれば、かなり好印象を与えることもできるでしょう。

4.「趣味がない」と答えることは絶対にやめよう

面接で好印象にする方法!面接で理想的な趣味の答え方10選

世の中には「趣味と言えるものは特にない」という人がいます。

もちろん、曹答えてしまうと面接官の心象は明らかにダウンしてしまいます。

でも、胸を張って答えられる趣味が本当にない場合は、まず「何をしている時が一番楽しいか」を考えて見ましょう。

あなたが何かをしているとき、それがリラックスできることであれば、ぜひそれを「趣味」として答えればいいのです。

例えば、掃除をしていると心が落ち着くならば、趣味は「掃除」であって、その時の「心が落ち着く」気持ちを、素直に伝えればいいだけです。「

とにかく「特に趣味はありません」という答えが一番だめな答えなので、絶対にそうならないようにしましょう。

 

まとめ

面接で好印象にする方法!面接で理想的な趣味の答え方10選

面接における「趣味や特技の質問」は、それぞれの立場で、求めているものがあります。

受験生…自分の人間性やスキルを好意的に認めて欲しい。

面接官…受験生の人間性を見極め、職場や社風との適性を判断する材料を探したい。

同じ趣味についてなのに、話し手、聞き手の狙いは若干違うのです。

もちろん、受験生は会社に採用してもらうため、つまり「選んでもらう」立場ですので、聞き手である面接官が何を望んでいるか、それを重視して趣味や特技を語ることを心がけましょう。

どんな趣味であっても、その趣味のメリットに絡めつつ、自己アピールがどれだけできるのか、それを極めることこそが、ライバルと競争で一歩リードするチャンスになるのです。

面接官は、あなたがどんなことに興味を持っているのか、好きなことに取り組む姿勢や、好きなことに何を求めているのかを、趣味に関する質問を通じて知ろうとしています。

人間誰しも、好きなことを話している時は、人間性や性格が一番わかりやすいものです。

そのことを踏まえて、自分の生活の中で趣味の意味、生き方に与える影響などを考慮して、自分自身をしっかりと面接官にアピールしましょう。


他にこんな記事も読まれています

-面接・就活

Copyright© 一流のビジネスマンになれる方法【ビジネス知識・マナー・スキルアップ】 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.