ビジネスマナー

「わかりました」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味11選

更新日:

「わかりました」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味11選

日頃よく使うビジネス用語の中には、こちらが敬語として使っているつもりでも、実は敬語として間違っている使い方をしている場合があります。

敬語は、日頃から使っていないと、なかなか上手に使えないものです。

今回は、ビジネスシーンでもよく使う「承知」「了承」の意味を持つ「わかりました」という言葉の敬語について、正しいビジネスマナーやその使い方を確認してみましょう。

ここでは、「わかりました」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味11選についてご紹介していきます。

 

【尊敬語】…「わかりました」の基本的な使い方と意味とは?

「わかりました」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味11選

まず、「わかりました」という言葉の尊敬語について考えて見ましょう。

ビジネスシーンにおいて「わかりました」という意味合いで使われる言葉には、「了解しました」「承知しました」「了承しました」「かしこまりました」などの言葉があります。

もちろん、それらの意味と使い方を理解できてこそ、ビジネスシーンにおいても正しい敬語が使えるというものです。

まずは「わかりました」という言葉の尊敬語について考えて見ましょう。

1.「わかりました」の一般的な尊敬語は「承知いたしました」

「わかりました」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味11選

「わかりました」という言葉の尊敬語で、一番よく使われるのは「承知いたしました」という言葉です。

ビジネスシーンでは、このフレーズを使用するのがベストだと言われています。

「承知いたしました」は、相手がどんな相手であっても、使っても失礼にはあたらない便利な言葉です。

特に同種の言葉である「かしこまりました」という言葉もありますが、この「かしこまりました」というフレーズは、同じ会社の同僚や気心の知れた相手に使う場合、先方が堅苦しさを感じる場合もあります。

スポンサーリンク

ですので、相手との距離感を考慮すると、やはり「承知いたしました」が一番使いやすい言葉といえるでしょう。

2.「承知いたしました」では足りない情報はしっかりと伝えること

「わかりました」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味11選

実際のビジネスシーンにおいて、「承知いたしました」で伝わることは、あまり多くはありません。

次のようなビジネスシーンであれば、「承知いたしました」という言葉だけでも、十分意味が伝わるでしょう。

・ホテルマンが荷物を預かることかどうかの返答として使った場合

・接客業の人が領収書の宛名について指示をされた場合

・仕事の依頼主が仕様書について同意をしたときに返答をする場合

などのように、ビジネスシーンにおけるさまざまな事実や行為がお互いにわかっているときにはじめて「承知いたしました」という言葉が生きてくるわけです。

逆を言えば、これらのケースに当てはまらない場合、ただ「承知いたしました」と伝えても、何に対して承知したのかがわからない伝えた方をしては、先方に誤解を招く場合もあるのです。

もっと丁寧に伝えるのであれば「○○の件については、お申し出のとおり承知しました」など、具体的な件名や案件について、明確にして伝えることを心がけましょう。

3.「わかりました」の尊敬語として理想的な例文は?

「わかりました」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味11選

それでは、ビジネスシーンにおいて理想的な例文をご紹介しましょう。

「わかりました」とただ述べるよりも、相手に対して敬意を表しながら意向を伝える方が、ビジネスシーンにおいては適切ですので、ぜひこの機会に心構えを持つようにしましょう。

・例のプロジェクトはあの方向で進めて欲しい→承知しました

・領収書は会社名でお願いできるでしょうか?→承知しました

・商品購入を検討しているのですが、見積書を作成いただけないでしょうか?→承知しました

このように、明確に「○○して欲しい」とか「○○をお願いしたい」などのオーダーがわかっている場合は、簡潔に「承知しました」と述べるだけで、問題はありません。

似たような言葉で「了解しました」という言葉がありますが、これは意味が目上の人から目下の人に対して述べる意味がありますので、間違えて使わないようにしましょう。

スポンサーリンク

特にビジネスシーンでは、上下関係を間違えた敬語を使うケースが多いので、そのような間違いをしてしまうと、あなたのビジネスマンとしての資質を問われて、評価が下がってしまうこともあります。

それでは済まずに、あなたの所属している会社そのものの品位を疑われてしまうことになりますから、上下関係については特に注意しましょう。

 

【謙譲語】…「わかりました」の基本的な使い方と意味とは?

「わかりました」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味11選

それでは、次に「わかりました」という言葉の謙譲語について考えて見ましょう。

謙譲語とは、相手と自分の関係を明確に表す必要がある敬語です。

具体的に言えば、自分よりも相手のほうを明確に「目上」にしなくてはならない敬語でもあります。

それでは、具体的にどのような謙譲語があり、どのように使うべきなのかを、考えて見ましょう。

1.「わかりました」の謙譲語は「かしこまりました」

「わかりました」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味11選

謙譲語には、相手に対して明確な敬意を表現する意味があります。

ですので、ビジネスシーンにおいて、相手に敬意を示したいなら「かしこまりました」と述べるのがふさわしいです。

あと、部下が上司に対して返答をする場合は「かしこまりました」と使うようにすれば、ビジネスマナーに反することはありません。

「かしこまりました」は、目上の人に対して、あえて自分を下げることで、相手に敬意を示すことができる言葉です。

先ほどの章で紹介した「承知しました」と「かしこまりました」を比較した場合、相手に対して明確な敬意を表現することができるのは、謙譲語である「かしこまりました」の方です。

ビジネスシーンにおいては、積極的に「かしこまりました」を使うことを心がけましょう。

2.「かしこまりました」を使う場合も主語を明確にすること

「わかりました」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味11選

先ほど「承知しました」の章でも述べましたが、敬語を使うのはいいのですが、どの部分に、何に対してなのか、主語を明確にして「かしこまりました」と使う方がいいでしょう。

・注文は日替わり定食でお願いします→かしこまりました

スポンサーリンク

・先日の提案ですがAプランにすることに決めました→かしこまりました

・山田部長を午後一番に社長室に呼んでくれたまえ→かしこまりました

このように、明確な主語があって、それに対して回答することができるように使うのがセオリーです。

逆に、次のような場合は「かしこまりました」の使い方として、望ましくありません。

・注文は何がいいでしょうか?かしこまりました

・先日の提案ですがAプランがいいと思っているのですが決めかねています→かしこまりました

・山田部長は午後一番に社長室に呼べるだろうか→かしこまりました

これでは、相手が言っていることに対して明確な返答になっていません。

特に「かしこまりました」を使う場合は、相手が明確な用件を明示していて、それにイエスかノー、いずれかの返答を求められている場合に使うようにしましょう。

3.謙譲語は「相手を上げる」のではなく「自分を下げる」こと

「わかりました」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味11選

そして、謙譲語そのものの使い方も、忘れないようにしましょう。

謙譲語は、相手を上げるのではなくて、自分を下げることで、結果的に相手に敬意を表す意味の言葉です。

今回の「かしこまりました」は、目上の人から命じられたことに対して、自分が一段下がった上で、返答を申し上げるスタンスの言葉です。

同時に、「かしこまりました」には、相手の言葉を十分理解したという言葉の意味があります。

そのため、自分からより立場が上になる、より相手を立てなければならない場面で使用する敬語として、一番適しているといえます。

・接客業におけるお客様

・商談における依頼者

・依頼をする場合、先方の関係者

これらの方々には、必ず「かしこまりました」と述べることを忘れないようにしましょう。

 

【丁寧語】…「わかりました」の基本的な使い方と意味とは?

「わかりました」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味11選

それでは「わかりました」の丁寧語についてもご説明しましょう。

基本的に、丁寧語には「です・ます」を語尾につければよいことになっていますが、なんでも「です・ます」をつければ丁寧語になるわけではありません。

具体的には、これからご紹介する内容を踏まえて使うようにしましょう。

1.「かしこまりました」「承知いたしました」などは一般的な丁寧語

「わかりました」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味11選

前の章で「承知いたしました」が一番無難で、ビジネスシーンで広く使われる言葉であるとご説明しましたが、さらに丁寧な表現として「かしこりました」があります。

いずれの言葉にも、動作を行った相手をうやまう意味が含まれているので、丁寧語として十分活用できます。

また、電子メールなどでよく使う「拝承いたしました」という言葉もありますが、これは「謹んで承る」という意味で、「承知」や「聞く」の丁寧語と思ってもいいでしょう・

2.「了解いたしました」は間違った丁寧語なので注意すること

「わかりました」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味11選

同じ「わかりました」の意味を伝えるのに、「了解しました」という言葉もあります。

そもそも「了解いたしました」は敬語として間違った言葉ですが、ビジネスシーンでよく使われる表現ですので、目上の人に間違って使わないようにしてください。

丁寧語は何でも「です・ます」をつければいいというものではなく、相手との立場や関わり方、何よりビジネスにおける信頼度なども十分考慮して使うべきものですので、十分にその時の状況を踏まえて使うようにしてください。

 

【敬語】…「わかりました」の基本的な使い方と意味とは?

「わかりました」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味11選

それでは、最後の章で「わかりました」の敬語について、おぼえておきたい使い方と、その例文をご紹介します。

今まで「かしこまりました」「承知しました」という言葉をご紹介しましたが、これ以外にも以下のような言葉がビジネスシーンにおいて使われています。

・了承しました

・受け賜りました

・了解しました

それぞれ、本当に使うべき言葉なのか、使う場合であっても、どのように使うべきなのかを確認していきましょう。

1.「了解しました」は敬語ではないので絶対に使わない!

「わかりました」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味11選

よく使いがちな「了解しました」は、同僚もしくは目下に対して使う言葉なので、絶対に目上の人には使わないようにしましょう。

そもそも「了解」という言葉の意味は、事情を思いやって納得すること(理解すること)こととあり、無線での通信時に通信内容を受け取った時によく使われる言葉です。

その「了解」に「しました」をつけて「了解しました」というのは、丁寧語に聞こえるように思われますが、謙譲語ではないですので、お客様や顧客、目上の上司に対して使うのは失礼にあたります。

似たような言葉で「了解いたしました」といえば、「致す」という謙譲語が加わっているので問題は無いのではないか、と勘違いされる場合もあります。

そもそも「了解」という言葉そのもののに、敬意が含まれていないので、ビジネスシーンにおいて使う場合には注意が必要です。

2.「かしこまりました」と「承知しました」の違いを理解して使おう!

「わかりました」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味11選

そもそも「かしこまりました」と「承知しました」、これらの言葉は何が違うのでしょうか。

それぞれ、意味があるので紹介しておきます。

・承知しました→相手の言ったことを「承諾」したこと

・かしこまりました→相手の言ったことを「理解」したこと

ご存知ではなかったかもしれませんが、実は「かしこまりました」と「承知しました」には、上記のような違いがあるのです。

もし間違って使ったとしても、失礼に当たるということはありませんが、相手に正しい敬意を示すためにしっかり使い分けたいものです。

実際、「かしこまりました」や「承知しました」はビジネスマナーに関する研修で、お客様に対して使うように指導されていますが、明確に意味まで教わることは少ないかもしれません。

みなさんには、まず「かしこまりました」と「承知しました」に、微妙な違いがあることを知っておいていただきたいものです。

3.「かしこまりました」と「承知しました」の深い意味を再確認して使い分けよう!

「わかりました」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味11選

ビジネスシーンにおいて、正しく相手に敬意を示すことは、交渉ごとなどにおいては特に必要なことです。

実際、相手に対して明確な敬意を表すことが必要なのであれば、使う敬語は「かしこまりました」の方が良いでしょう。

「かしこまりました」という言葉には、自分よりも立場が上の人に対し「謹んで承諾する」という意味を含んでいて、ビジネスの現場でも正しい敬語として用いることができます。

そして、「承知しました」という言葉にも「承る」という、相手に敬意を示す表現が含まれているので、目上の人に使っても問題のない敬語です。

一般的なビジネスマナーにおいては「かしこまりました」の方がより丁寧な表現とされています。

「かしこまりました」と「承知しました」の使い分けは、個人の仕事環境や取引相手によっても変わってくるでしょう。

「かしこまりました」には堅苦しいイメージがありますが、もう一方の「承知しました」の方が堅苦しさが少ないので、どんなビジネスシーンでも使いやすいともいえます。

あと、社内の上司や先輩には「承知しました」を使い、お客様や取引先の企業関係者に向けては「かしこまりました」を使うというビジネスマンも多いようですが、これも間違いではありません。

いずれにせよ、適材適所といえるような場面で、上手く使い分けることのできる「基準」だけは、しっかりと持ち合わせるようにしましょう。

 

まとめ

「わかりました」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味11選

ビジネスマナーにおいて、「わかりました」の敬語は 「かしこまりました」や「承知いたしました」を使うことが適切であることは、十分ご理解いただけたと思います。

まず、それぞれの言葉に対して、目上の方に対して使うにあたって、どちらの言葉を使うべきなのか、十分に熟慮しながら使うことを心がけるようにしてください。

これらの敬語を知らずに使っていると、時に大変失礼になってしまうので注意が必要です。

実際、間違った表現が、当たり前のように使われている場面も多いかもしれません。

でも、間違いに気づいたのならば、これ以上繰り返さなければいいわけであって、間違えたことを機会に正しい言葉遣いをマスターして実践できるようになれば、ビジネスマンとしての成功を掴み取ることも可能かもしれません。

それに、敬語を使っていれば相手に丁寧な印象を与えることもできます。

相手により良い印象を与えるために、ぜひ相手との関係性、既存の立場などを考慮しながら、その場において必要な敬語の使い分けを行うようにしましょう。


他にこんな記事も読まれています

-ビジネスマナー

Copyright© 一流のビジネスマンになれる方法【ビジネス知識・マナー・スキルアップ】 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.