ビジネスマナー

「なので」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味8選

更新日:

「なので」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味8選

ビジネスシーンにおいて、さまざまな商談の場に出くわすことが多いと思いますが、話が長くなると、どうしても話を途中やめにしたり、話をショートカットして結論の話をしなくてはならないこともあります。

・ということなので、結論を申し上げたいと思います。

・ですので、今回の結論は先ほど申し上げたとおりです。

・とにかく、結論は次回に持ち越しましょう。

などのように、「なので」「ですから」「とにかく」など、途中で接続詞を入れることで、話を切り替えたり、話をいきなり結論に持っていくなどの方法もあるのです。

ここでは、「なので」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味8選についてご紹介していきます。

 

【敬語】…「なので」の基本的な意味と使い方とは?

「なので」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味8選

社会に出てしまえば、学生時代と違いますから、敬語を巧みに使い分けることの出来るビジネスマナーを身に着けておきたいものです。

実際、会社は部活やサークルではありませんし、きちんとしたビジネス敬語を使う必要がある場所でもあるのです。

それでは、実際にはどのような「なので」のビジネス敬語があるのか、この章でご紹介しましょう。

1.ビジネスシーンにおいて「なので」を直接使うべきではない場は「ミーティング」

「なので」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味8選

社会人になると企画会議や打ち合わせはもちろんのこと、事前のミーティングやレクチャーなどで同僚や上司、時には取引先の企業の方なども交えて、話し合いをする機会が多くあります。

特に取引先の企業の方なども交えたミーティングやレクチャーの場において、「なので」という言葉を使うのは、あまり望ましくありません。

「なので」を連呼していると、なんだか言い訳を繰り返しているように聞こえる印象があり、そんな言い訳ばかりをする会社とパートナーになるのはごめんだと、取引先の企業の方に悪い印象を持たれるのは、望ましいことではありません。

スポンサーリンク

悪い印象を与えることを気にしないので言い場合、あるいは身内のミーティングやレクチャーの場合は、まだ「なので」を使ってもいいとは思いますが、そのミーティングやレクチャーに参加する人に、上の役職の人が多い場合は、やはり「なので」を使うのは避けたほうがいいでしょう。

2.「なので」の敬語は「ですので」を使うと一般的には問題ない

「なので」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味8選

「なので」の敬語としては「ですので」という丁寧語があります。

冒頭で紹介した文章を「なので」ではなく「ですので」という丁寧な敬語を用いて考えて見ましょう。

・ということですので、結論を申し上げたいと思います。

・ですので、今回の結論は先ほど申し上げたとおりです。

・ですので、結論は次回に持ち越しましょう。

このように、「ですので」は、万能的な敬語と思って貰っていいでしょう。

「ですので」という敬語を使うことは社会人であれば、ぜひ身に着けたいマナーです。

基本的に「なので」を使用することは間違いではありませんが、丁寧語として敬語で表現するならば「ですので」が正しい使い方となります。

「なので」という表現は丁寧な敬語としてはふさわしくなく、相手に失礼になってしまいますから、外部の方を交えた場では、極力使わないほうがいいでしょう。

ミーティングやレクチャーの場以外でも、敬語が求められる場が沢山あるのが社会人の仕事と言えますから、ぜひ「なので」と「ですので」のような言葉の使い分けが出来るように、努力しましょう。

【尊敬語】…「なので」の基本的な意味と使い方とは?

「なので」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味8選

「なので」という言葉の敬語には、そもそもあまり選択肢がありません。

冒頭で紹介した「ですので」の他に、今回紹介する「ですから」ぐらいのものだと思っていいでしょう。

ただし、その使い分けがうまく出来るか出来ないかで、ビジネスマンとしての資質と問われているといっても過言ではありません。

この章では、「なので」の尊敬語である「ですから」をうまく使う方法をご紹介します。

1.相手を尊重するときの発言には「ですから」を使うと印象がいい

「なので」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味8選

スポンサーリンク

相手のことを気遣っていたり、気にかけているという意味を表すとき、「なので」と言うよりは、やはり「ですから」の方が尊敬語として適しています。

・外は雨が降っているようなので、傘をお持ちしました。

・外は雨が降っているようですので、傘をお持ちしました。

こう見比べてみると、前者の「なので」に違和感を感じてしまいますよね。

相手に敬意を表す表現をするならば「なので」ではなく「ですから」を使うことをおすすめします。

あくまで「おすすめ」するのは、下の例文をご覧いただければ、その理由がお分かりいただけるでしょう。

・今回はご購入ありがとうございました。なので、特典をご用意させていただきました。

・今回はご購入ありがとうございました。ですので、特典をご用意させていただきました。

でも、上の例文のように、なんでもとにかく「ですから」を使えばいいと言うわけではない場合もあります。

あえて「ですから」と使ってしまうことで、文章そのものがしっくり来ないことになることもあるのです。

実際、「なので」でも「ですから」でも、日本語の文法上は間違いではありませんので、時と場合、相手との関係、なによ日本語として正しいかどうかを確認して、使い分けるようにしましょう。

2.「だから」は「なので」の敬語にはなりえない

「なので」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味8選

今まで紹介していない接続詞の1つに「だから」があります。

「だから」はどちらかと言えば「なので」の敬語とはいえない言葉ですが、同等の接続詞となりえる言葉でもあります。

でも、ビジネスシーンにおいて「だから」を使うことは、ぜひ避けてほしいです。

そもそも「だから」は間違いの指摘や、相手に注意をする場面で使われることの多い言葉です。

例えば「だから申し上げたのに」のように、相手を責めている印象を抱かせてしまう、そんな響きを持つ言葉ですので、使うべきではない言葉と考えるべきでしょう。

スポンサーリンク

社内のミーティングであっても、「だから」と言われた時点で、なんだか否定されるような気持ちにもなるでしょう?

あえて「だから」を使う時は、今までの意見をさらに強調してアピールする時ぐらいでしょう。

・今回の契約は大成功でした。だから、我が社の業績もアップしました!

・新商品の開発は成功しました。だから、今度はいかに売り上げをアップするかにかかっています!

と言うように、プラスの意見をさらにアップさせる、あるいは未来志向の発言を行うときに使うのが、むしろ「だから」の使い方と言えるでしょう。

 

【謙譲語】…「なので」の基本的な意味と使い方とは?

「なので」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味8選

「なので」の謙譲語となると、既に「なので」の代わりになる言葉自体が少ないので、尊敬語の「ですので」を代用するのが一番です。

一般的に謙譲語は、相手を一段上げて語るような文章になりますが、そもそも「なので」が単語ではなく接続詞なので、明確な謙譲語が存在しないのです。

ですので、この章は「なので」をいかに謙譲語として使いこなすかをご紹介したいと思います。

1.相手の行為をうまく肯定するように使う

「なので」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味8選

前の章で「だから」と言う接続詞の話をしましたが、接続詞である以上、以下のような使用パターンがあります。

・今までの話→接続詞で肯定→結論

・今までの話→接続詞で肯定→もう1つの話

・今までの話→接続詞で否定→別の話

もちろん、相手の行為の中には相手からの提案や主張、相手のアクションすべてが含まれます。

例えば、相手のビジネス的な提案を、会社として受け入れるのか、否定するのか、そういう選択の場面に出くわすこともあるでしょう。

中には腹立たしい提案もありますが、大人の対応をしなくてはならないので、「馬鹿にしているのか!」とも言えないでしょう。

ですので、その時には接続詞をうまく使って、相手の立場も尊重しつつ、自分たちの意見を押し切っていかなくてはならないこともあるのです。

そのことを踏まえて、次の項目をご覧いただきましょう。

2.「ですから」は相手を肯定しつつ自分の意見を発言できる理想的な言葉

「なので」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味8選

もっと具体的な例文で考えて見ましょう。

相手の企業が「うちの商品を100万円で購入してほしい」と言う提案があったとしましょう。

それを「相手のことも尊重しつつ、自分たちの意見である80万円で購入したい」ということを、どのようにうまく伝えることが出来るか、を例文にしています。

・100万円は我が社の考えている金額ではありません、だから、もう一度80万円で再検討をお願いします。

・100万円は我が社の考えている金額ではありません、なので、もう一度80万円で再検討をお願いします。

・100万円は我が社の考えている金額ではありません、ですので、もう一度80万円で再検討をお願いします。

こう並べてみると、どの言葉が一番穏やかに自分の意見を主張できているでしょうか?

もちろん、一番最後の「ですから」を使ったときです。

「だから」ではなんだか怒っているように伝わりますし、「なので」だとちょっと幼稚にも感じられます。

あくまでビジネスの場なのですので、怒りたい気持ちや納得できない気持ちもあると思いますが、ぜひどんなビジネスシーンでも「ですから」を使いこなせるようなビジネスマンになっていただきたいと思います。

 

【丁寧語】…「なので」の基本的な意味と使い方とは?

「なので」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味8選

今回の記事を書いていると、「なので」と言う言葉の代用になる言葉が、いかに少ないかと言うことに気づかされます。

「なので」の丁寧語も、実は「ですから」だったりするんです。

結論を言ってしまえば、「なので」の代わりには、ほとんどの場合「ですから」とか「ですので」、どちらかを使っていれば問題がないと言うことです。

そう言い切ってしまうとこれ以上文章が書けなくなってしまいますので、丁寧語としての「ですから」「ですので」の使い方を、この章ではご紹介します。

1.相手に対して好意を持っていることを表す接続詞として使う

「なので」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味8選

前の章では、ビジネスシーンではありがちな「不当な要求に屈することなく対抗する」と言う、誰しもが出くわしたことがあるシーンを題材にした例文をご紹介しました。

この章では、むしろ逆に「そこまで考えてくれてありがとう」と言う気持ちを伝えるような、ビジネスシーンではありえないかもしれない、そんな例文を取り上げて見ましょう。

・相手の言動→接続詞で肯定→感謝の気持ち

・相手の言動→接続詞で肯定→さらに別の話→感謝の気持ち

・相手の言動→接続詞で否定→感謝の気持ち

こんな感じでしょうか。

まず、相手の言動への感謝の気持ちを表す例文から見ていきましょう。

・以前は値引きしていただいてありがとうございます、ですので今回は当社が値引きをさせていただくことにしました。

・以前は値引きしていただいてありがとうございます、ですので当社でもいろいろ出来ることを考えた結果、今回の取引をさらに値下げしてお受けすることにいたしました。

と言う感じです。

前者は、以前はありがとうございます→なので今回はこちらもがんばりましたよ、と言うビジネスシーンではありがちな例文です。

後者は、以前はありがとうございます…と言う流れまでは一緒なのですが、その後「一生懸命こちらもがんばりましたよ→値下げしました」と言う、自分たちだってがんばってみたんですよと言うアピールを絡めた例文です。

もちろん、どちらも正しい接続詞の使い方をしていますので、時と場合によって使い分けることで、ビジネスシーンにおける交渉の一助になれば、ぜひ使っていただきたいものです。

2.相手の行為を否定しても、ビジネスが成立する?接続詞のなせる技

「なので」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味8選

そういえば、例文の中で「相手の言動→接続詞で否定→感謝の気持ち」なんていうパターンもありましたね。

その例文が、次のものになります。

・以前はお値引きありがとうございます、ですので、我が社も懐事情を考えると非常に困ってしまいましたが、今回だけはこちらも値引きに応じさせていただきます。

・以前はお値引きあありがとうございます、だから、我が社も値引きをと言われても正直困っておりますが、変わりに当社の新製品の無償モニターになっていただければと。

なんだか面白い例文でしょう。

実際にビジネスシーンでもありそうな例文なので、書いている私も思わず頷きながら書いてしまいました。

接続詞で否定すると、こんな表現になるのです。

否定形が絡むので、「ですから」だけではなく、強めの意味を持つ「だから」を使っても、同じ用途になります。

こっちだって事情があるんだよ、でも、今回はあなたの期待にこたえようじゃないか、否定形を使うと、こういう例文になるわけです。

あるいは、後者の例文のように、あなたが言っている「値引き」に対してそのまま要求を呑むことは出来ないが、代替案ならありますよ、と。

つまり、否定の意味で使う接続詞は、代替案を提示するときに、自分の方へ話のターンを持ってくるときに使うことが出来る、交渉にうってつけの接続詞なのです。

そのことだけは、ぜひ今回覚えておいていただきたいものです。

 

まとめ

「なので」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味8選

今回は、「なので」のさまざまな敬語の形をご紹介しました。

「なので」が接続詞である以上、敬語と言っても数が限られていることは、ご理解いただけたのではないでしょうか。

また、ビジネスシーンにおける接続詞の役割や、うまく接続詞を使うことで、交渉時に自分を有利な立場に持っていくことが出来ることも、ご理解いただけたのではないでしょうか。

もちろん、ビジネスシーンにおいて100%成功する方法もなければ、100%自分有利になる交渉などもほぼありません。

ですが、自分のこと、会社のことばかりを考えすぎて、相手の立場を敬うこと、相手の好意に感謝することをおろそかにしては、1回の交渉で満足しても、その後の取引においてギクシャクしたことになるならば、長い目で考えると会社の利益にはならないでしょう。

まずは社会人として、敬うべきは敬い、感謝すべきは感謝する、そのことを「当たり前」に出来るように、敬語の使い方もしっかり覚えておいていただきたいものです。


他にこんな記事も読まれています

-ビジネスマナー

Copyright© 一流のビジネスマンになれる方法【ビジネス知識・マナー・スキルアップ】 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.