ビジネスマナー

「思う」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の意味と使い方8選

更新日:

「思う」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の意味と使い方8選

ビジネスシーンにおいて、先方との意思の疎通は重要な項目です。

相手といろいろな商談をしていたり、相手との納入物の確認や、依頼した品の完成度合や進捗状況の確認をするなど、自らの意思と先方の意思の疎通を図らなくては、ビジネスは先に進んでいきません。

そんなビジネスにおいて、特に必要なのは自分が「思う」ことを、いかに正しく、敬意を払って伝えることができるかです。

ここでは、「思う」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味8選についてご紹介していきます。

 

【敬語】…「思う」の基本的な使い方と意味とは?

「思う」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の意味と使い方8選

ビジネスシーンに限らず、社会では「敬語」が求められるシーンがたくさんあります。

ビジネスマンとしては、日ごろから正しい敬語を自然に使えるように、普段から慣れておきたいものです。

特に「思う」と言う言葉には、言い換えのできる表現が多数ありますので、正しく言い換えをしつつ、正しく敬語として用いることが、ビジネスマンには必須のスキルと言えます。

まずこの章では、「思う」の敬語の基本について、ご紹介します。

1.「思う」の敬語は「お思いになる」や「存じる」などがある

「思う」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の意味と使い方8選

「思う」と言う言葉は、ビジネスシーンだけではなく、日常会話でも頻繁に使う言葉ですが、その敬語体としては、次のようなものがあります。

・尊敬語:お思いになる、思われる、思し召す

・謙譲語:存じる(存ずる)

・丁寧語:思います

スポンサーリンク

これらの単語はぜひ覚えておいてください。

特にビジネスシーンにおいては、尊敬語と謙譲語を使うことが多くなりますから、使い分けについてもしっかり覚えておきましょう。

ちなみに、思し召す(おぼしめす)は、簡単に言うと「思ってくださる」という意味の言葉で、昔話などでお殿様が農民の身を案じて助けるような、目上の者から目下の者の手助けのことを「思し召し」と言ったことにルーツがあります。

ですが、最近のビジネスシーンでは全く使うことはないので、博学の一助に覚えておく程度でいいでしょう。

2.「相手が思っている」のか、「自分が思っている」かで敬語の使い方が異なる

「思う」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の意味と使い方8選

「思う」と言う行為1つを取ってみても、それを誰が「思う」のかで、敬語の使い方は大きく異なってきます。

例えば、相手に思わせる場合は、次のような敬語になります。

・今回の件は、ご自身が思われるように、こちらでも対応いたします。

・お思いになられていることを、十分に踏まえて取引を進めて参ります。

このように、相手が思っていることに対して敬語を使うこともあります。

一方、似たような文面であっても、次の例文は「自分が思っている」ことになります。

・今回の件は、そちらのご意向を存じ上げておりますので、それを踏まえて対応いたします。

・ご意向は十分存じ上げておりますので、それを十分に踏まえて取引を進めて参ります。

「存じる」を使えば、相手の気持ちを受けて「自分が思っている」ことを敬語体で表現する形になります。

ビジネスシーンにおいて、相手がこちらの求めていることが「気持ちを理解してほしい」ことなのか、「こちらの気持ちを教えて欲しい」ことなのか、いずれかを見極めたうえで、必要な敬語を使うようにしましょう。

 

【尊敬語】…「思う」の基本的な使い方と意味とは?

「思う」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の意味と使い方8選

それでは、「思う」の尊敬語「お思いになる」「思われる」について見ていきましょう。

ちなみに「思われる」は、自分の考えを「○○は□□が原因だと思われる」などと、文章に書く場合がありますが、この「思われる」とは別の表現となりますので、注意して使ってください。

スポンサーリンク

1.「思われる」「お思いになる」は「相手が動作の主体」に使う

「思う」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の意味と使い方8選

尊敬語は、相手が動作の主体である場合に使う敬語です。

相手の動作などを立てて、敬意を示すときに「お思いになる」「思われる」などの単語を使います。

今回の場合では、相手の「思う」動作に敬意を示すために、これらの単語を使うことになります。

・我が社の商品について、どう思われますか。

・我が社の新サービスは、はうまくいくと思われますか。

・先ほどのプレゼンテーションを、どうお思いになりましたか。

など、この例文のように使います。

用法としては、いずれの用法も正しい用法ですので、問題はありません。

いずれの例文も、こちら(当方)のアクションに対して、どのような気持ちをいただいたかを尋ねている例文ですが、その気持ちについて「思われますか」または「お思いですか」と、敬意を表しながら尋ねている形になります。

2.「お思いになられる」は二重敬語なので使わないこと

「思う」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の意味と使い方8選

「お思いになる」という尊敬語を使うとき、より丁寧な表現にしようとして「お思いになられる」と言ってしまうケースがありますが、これは誤った敬語の使い方になりますから、使わないようにしましょう。

「お思いになられる」は、1つの言葉に対して敬語を二重に使ってしまう「二重敬語」になっています。

「お思いになられる」の場合、「お思い」と「なられる」が二重の敬語になってしまっていますので、誤った使い方になっています。

実際に敬語として使う場合には「お思いになる」で、十分尊敬語になっていますから、間違えずに敬語として使うようにしましょう。

 

【謙譲語】…「思う」の基本的な使い方と意味とは?

「思う」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の意味と使い方8選

次に「思う」の謙譲語を考えてみましょう。

スポンサーリンク

「思う」の謙譲語は、「存じる」だけですので、この章では「存じる」の使い方について見ていきましょう。

日常会話でも、自分の思いを表明するとき、「~と思います」「~と思っています」という表現はよく使いますが、相手に対する敬意を払うために、敬語が必要な場面では「存じます」と言う言葉もうまく使えるようになりたいものです。

1.「存じる」は「自分が動作の主体」の場合の時だけ使う

「思う」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の意味と使い方8選

そもそも謙譲語は、自分が動作の主体である場合に目上の人に対して、自分をへりくだる言い方をすることで、相手への敬意を表す言葉です。

特に「存じる」の場合は、自分の「思う」動作をへりくだらせて、敬意を表しています。

それでは、「存じる」を使った例文を見ていきましょう。

・新商品の感想について、お手すきの際にお聞かせ頂きたく存じます。

・かねてより、田中部長様にお話を伺いたいと存じておりました。

・本紙のとおり歓迎会を開催したいと存じます。

このように、自分が「思っていた(思っている)」ことを、「存じる(存じていた)」などのように使うことで、相手への敬意を表す使い方になります。

また、「思う」の謙譲語として、挨拶文などに使う言葉で「所存です」という表現もあります。

この言葉は、目上の人に自分の考えを伝える際に「そのように致す所存です」などというように、かしこまった文章に使います。

ちなみに「所存です」は、「思う」の謙譲語ですので、「と思う所存です」を使った場合、二重の意味を重ねた言葉を使ってしまっているので、誤った使い方になりますから、注意しましょう。

2.「知っている」という意味の「存じる」と言う言葉もある

「思う」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の意味と使い方8選

「存じる」という敬語は、「思う」だけではなく、「知っている」という意味の謙譲語としても使われることがあります。

なお、この場合は「存じ上げる」という言い方をする場合もあります。

・今回の件についての概要は、十分存じております。

・お名前はかねてより存じ上げております。

この時、「知っている」対象が「人」である場合には「存じ上げる」を、それ以外の「物」や「サービス」の場合には「存じる」を使いましょう。

もし、相手から聞かれたりしたことが分からなかった場合は、この「存じ上げる」という敬語を応用して、「知りません」と答えるのではなく「存じ上げません」と答えるとよいでしょう。

 

【丁寧語】…「思う」の基本的な使い方と意味とは?

「思う」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の意味と使い方8選

「思う」を丁寧語にすると、「です・ます」を追加するだけでよいので、丁寧語としては「思います」となります。

丁寧語は、相手が目上の人である場合はもちろんのこと、全体的な言葉遣いの中で、丁寧な言い方をしたい場面で使う言葉です。

実際、「思っています」「~しようと思います」などは、話し言葉でも書き言葉でも、よく使う言葉なのではないでしょうか。

それでは、ビジネスシーンで「思います」と言う丁寧語を使う場合に、気を付けたい部分をご紹介しましょう。

1.丁寧語は上司や先輩などとの「内輪の会話」ではあまり使わない

「思う」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の意味と使い方8選

丁寧語そのもので「思います」「思っています」と使うことは、ビジネスシーンにおいてはあまりないかもしれません。

あえてあるとすれば、それは同じ会社の中でやり取りをするとき、何気ない上司や先輩との会話の中で「思います」と使うぐらいでしょう。

・課長のご意見ですが、私はこのように思っています。

・先輩からご指導をいただいたことについて、私は次のように思います。

ただし、課長や先輩との関係がどのような関係であるかによっては、しかるべき敬語を使って対応することも必要でしょう。

例えば、研修会に参加しているなど、社内の出来事とは言えども、ある程度パブリックな場であれば、「ご指導いただいたことを活用していきたく存じます」などと、敬語体で話した方が、あなた自身の丁寧さが伝わります。

2.丁寧語は尊敬語・謙譲語と組み合わせても使う事が多い

「思う」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の意味と使い方8選

そもそも丁寧語は、尊敬語や謙譲語と組み合わせて使う事が多いです。

例えば、謙譲語の「存じる」を使う時に、お客様への電子メールに「ご確認頂ければ幸いに存じます」と書くのが自然ですよね。

ですが、以下のように使ってしまうと、二重敬語になってしまうので注意が必要です。

・先ほどのご提案ですが、私が存じ上げていることと同じ内容と思われます。

・先ほどのご意見ですが、以前存じ上げたご意見を踏まえて、対応いたしたく存じます。

前者は「存じて」と言いつつ、語尾に「思われます」と続いているので、文章自体が二十敬語になってしまっているので、使い方としては誤って使い方です。

一方、後者の文章については、「存じ上げた」ご意見について、対応を「存じます」との事なので、存じますという言葉が2つ重なっていますが、使い方としては正しい使い方と言えます。

いずれにせよ、相手や場面によって、どのような敬語を使うべきなのか、十分に考えて言葉を使うようにしましょう。

 

まとめ

「思う」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の意味と使い方8選

「思う」と言う言葉の敬語は、非常に複雑で、堅苦しい言葉も多いです。

場合によっては「思う」という言葉の敬語にこだわらず、「感じる」とか「悟る」など、同じような意味を持つ言葉に言い換えた方が自然な表現になることもあります。

また、会話をするだけではなく、電子メールで依頼をするときなどにも「思う」と言う言葉の敬語を使うこともありますが、文章が堅苦しくでもいいのか、むしろやわらかく書いた方が相手に読み取ってもらいやすいこともあるでしょう。

例えば、商品を売るチラシに「存じます」「所存です」と書くよりも「思います」「思っています」と書いた方が、全体の文章が柔らかくなりますから、広告の目的である「商品やサービスに関心を持ってもらう」ことにつながりやすくなるはずです。

このように、なんでも敬語を使えばいい場合と、そうでなくてもいい場合と、ビジネスシーンには様々な場面がありますから、場数を踏んで、その場において適切な敬語を使えるよう、必要な言葉を覚えておきましょう。


他にこんな記事も読まれています

-ビジネスマナー

Copyright© 一流のビジネスマンになれる方法【ビジネス知識・マナー・スキルアップ】 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.