ビジネスマナー

「見てください」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味8選

更新日:

「見てください」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味8選

ビジネスシーンにおいて、上司や先輩はもちろんですが、取引先の企業関係者にもさまざまな資料や見積書などを見てもらう機会は、数多く存在します。

そもそも「見てもらう」「見てください」と言う言葉を敬語で表現するのに、ビジネスマナーとして適切な表現はどのようなものがあるか、みなさんはどれくらいご存知でしょうか?

ここでは、「見てください」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味8選についてご紹介していきます。

 

【敬語】…「見てください」の基本的な使い方とその意味とは?

「見てください」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味8選

まず、この章では「見てください」の敬語体について、様々な敬語体がある中でも、どの表現を使うかを考えてみましょう。

「見てください」の敬語体には様々なものがあり、いずれも微妙な意味の違いがあったりして、意外と難しいです。

ですが、様々な敬語を使いこなせるようになれば、ビジネスシーンでの表現の幅が広がりますから、ぜひこの機会に覚えておきましょう。

1.「見てください」と言う行動を考えてみよう

「見てください」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味8選

そもそも「見てください」という言葉は「見る」という相手の行為と「ください」という自分の行為に分けて考えるべきです。

ですので、「見てください」を敬語で表現するにあたっては、「これを見てほしい」敬語体の前の平易体を思い浮かべて、そのあとで「見て」「ください」と分けて考えると、敬語に変換しやすいのです。

・これを見てほしい⇒「見て」と「欲しい」に分けて考える

・これを見てほしい⇒「見て」の敬語(ご覧)+「欲しい」の敬語(ください)

・これを見てほしい⇒ご覧ください

このように考えて、変換していくことで簡単に敬語体を理解することができます。

スポンサーリンク

応用できるようになれば「してください」も「して+ください」とか、「やってください」も「やる+ください」などの様に、上手な敬語への変換方法をマスターすることもできます。

2.複数の敬語を使ってより丁寧さを高めることもできる

「見てください」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味8選

先ほどの「これを見てほしい」と言う短文を例に挙げて、もう少し深く敬語について考えてみましょう。

「これを見てほしい」と言う短文を敬語にした場合、話し言葉や日常的な手紙文であれば「こちらをご覧になってください」となります。

ですが、ビジネスシーンともなれば、もう少し格式やその場の雰囲気にこだわった表現が必要な場合もありますし、特に目上の人や大切な取引先に対して、丁寧に物事を頼みたいという場合もあるでしょう。

その場合には、複数の敬語を使うことで、より丁寧さを高めた発言をすることもできるのです。

・同封の資料をご高覧いただきたくお願い申し上げます。

・ご高覧の上、ご検討くださいますようお願い申し上げます。

・お目通しいただきたくお願い申し上げます。

どうでしょうか?

例文のような「敬語+敬語」の表現をすることで、より相手への丁寧さがアップするのです。

今後、同じ意味の言葉であっても、敬語体の場合はいろいろな言い方があるので、しっくりこないと思ったら、別の表現を考えてみると、意味やニュアンスがその場にぴったり合う表現が他にもあったりするので、ぜひ考えてみてください。

 

【尊敬語】…「見てください」の基本的な使い方とその意味とは?

「見てください」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味8選

「見る」の尊敬語は「ご覧になる」「見られる」です。

「ご覧になる」や「見られる」は、目上の人が何かを「見る」ことを表現する場面で使います。

自分が見るのではなく、「相手が見る」という事だけはしっかり理解しておきましょう。

それでは、「見てください」の尊敬語を使うにあたって気を付けたいことを、いくつかご紹介します。

1.「ご覧になる」と「見られる」では「ご覧になる」の方が丁寧

「見てください」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味8選

スポンサーリンク

今回、尊敬語として「ご覧になる」と「見られる」の2種類をご紹介しています。

実際に比べてみて、どちらが丁寧に感じられるか、比較してみましょう。

以下に、例文を挙げてみます。

・課長は、あの映画をご覧になりましたか?

・課長は、ゆうべのドキュメンタリー番組を見られましたか?

さあ、あなた自身は、どちらの敬語が丁寧に感じましたか。

たぶん「ご覧になる」の方が、“ご”がついているせいもあるでしょうが、丁寧に感じられたと思います。

実際、「ご覧になる」と「見られる」では、「ご覧になる」の方がよりていねいな表現ですので、覚えておきましょう。

2.目上の人が見てくれることは「ご覧いただく」「ご覧くださる」と表現すること

「見てください」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味8選

尊敬語として「見てください」を使う時には、当然目上の人に見てもらうことをお願いするわけですので、「ご覧くださる」「ご覧いただく」と表現します。

・私の書類をご覧くださってありがとうございます。

・私の資料をご覧いただきありがとうございます。

このように、目上の人に「見てください」とお願いをする場合は、「ご覧ください」「ご覧になってください」と表現すれば、丁寧さが伝わります。

あと、美術館の作品を鑑賞するような場合や、展示会で自社の商品を「見てください」と目上の人に言う場合は、以下の例文も参考にしてください。

・展示品をご自由にご覧ください。

・我が社の製品をご自由にご覧になってください。

なお、目上の人に何かを「見てください」とお願いをする場合に「ご自由に拝見なさってください」などと言わないようにしてください。

スポンサーリンク

「拝見」と言う敬語は、目下の人間が目上の人間のことを「見させていただく」時に使う言葉なので、敬語ではありますが、使い方が失礼にあたりますので、注意して使いましょう。

 

【謙譲語】…「見てください」の基本的な使い方とその意味とは?

「見てください」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味8選

謙譲語の「見てください」は「ご拝見ください」「見せていただく」などの単語になります。

ここで、先ほどの章の最後にも出てきた「拝見」と言う言葉が再び登場します。

「ご拝見ください」と「見せていただく」、どちらもビジネスシーンや相手との関係性に応じて使い分けることができれば、問題はありません。

それでは、具体的な例文などをご紹介しましょう。

1.目上の人に「見てください」とお願いする時には「拝見」を使わない

「見てください」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味8選

目上の人に何かを「見てください」とお願いをする場合に、間違っても「どうぞご自由に拝見なさってください」などと言わないようしましょう。

そもそも「拝見する」というのは、目上の人のものを、目下の人が「つつしんで見せてもらう」場面で使います。

逆を言えば、目下の人が目上の人の物を見せてもらう時に、はじめて「拝見する」と言う言い方ができます。

・課長の資料を拝見させてください。

・貴社の製品をぜひご拝見したいのですが、いかがでしょうか。

と言うように、資料や製品などを「見せていただく」ことに対して「拝見」という謙譲語を使います。

2.「拝見」の代わりに使える謙譲語は「見せていただく」もある

「見てください」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味8選

ビジネスシーンでは、堅苦しい場面もあるでしょうから、「ご拝見したい」などと言っても、特段何も感じないかもしれません。

しかし、日常会話や職場内の打ち合わせで「拝見」などと連呼していると、「堅苦しい」「よそよそしい」と言うイメージをもたれることもあるでしょう。

その場合には、少し柔らかい「見せていただく」と言う謙譲語を使うこともできます。

先ほどの例文を「見せていただく」に変えてみましょう。

・課長の資料を見させてください。

・貴社の製品をぜひ見させていただきたいのですが、いかがでしょうか。

・そのパンフレットをぜひ見させてほしいのですが、いいでしょうか。

このように、「拝見する」と使うよりは、堅苦しさが軽減できましたよね。

実際、謙譲語を使う中で「拝見する」では堅苦しいと思う場合は、「見せていただく」でも結構ですし、相手との関係性によって、「拝見する」と「見せていただく」を使い分けることをお勧めします。

 

【丁寧語】…「見てください」の基本的な使い方とその意味とは?

「見てください」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味8選

次に「見てください」の丁寧語についてご紹介しましょう。

丁寧語で言えば「です・ます」を語尾につけることで、丁寧語として言葉を用いることができますが、今回の「見てください」に当てはめれば、「見ます」となりますから、ちょっと偉そうなイメージが伝わってしまいますよね。

それを解決する言葉が「ご覧になる」と言う言葉なのです。

1.「ご覧になる」は汎用性が高い丁寧語である

「見てください」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味8選

「ご覧になる」は「見てください」の敬語表現として汎用性の高い単語です。

目上の人に使う時、お客様に説明する時など幅広く使える表現ですし、一般的にもよく使う言葉ですので、聞いている側にとっても違和感がないのです。

・私の資料を見てください⇒私の資料をご覧ください

・私どもの商品をみてください⇒私どもの商品をご覧ください

このように、敬語として簡単に変換できますし、なにより意味が分かりやすく、シンプルです。

あと、手紙や文書の場合は、「ご覧ください」でもいいのですが、「ご一読ください」と言う丁寧語も使えます。

特に、資料や手紙などを読んでほしい時には、こちらを使った方が相手に丁寧に意向が伝わっていいでしょう。

2.その他の丁寧語として「見られる」も活用できる

「見てください」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味8選

その他の丁寧語としては「見られる」と言う言葉もあります。

もちろん「見られる」も、丁寧語の表現としては正しいですが、敬意の度合いとしてはあまり高くないので、ビジネスシーンで使うのは少々難しいかもしれません。

また、「先日見られました」などと使った場合、この時の「られ」が尊敬の表現を表しているのか、自分が相手に対して受け身の表現なのか、わかりづらくなるときがありますので、誤解を招かないように使うことを覚えておきましょう。

あと、資料を見てもらう時に「お目通し」と言う敬語を使う場合もありますが、「お目通し」は「ざっくり見る」という意味なので、ビジネスシーンで使うのはあまり望ましくありません。

 

まとめ

「見てください」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味8選

今回は「見てください」と言う言葉の敬語についてご紹介しました。

「見てください」と言う行為は、ビジネスシーンでは必ず出てくる行為です。

それゆえに、相手との関係性はもちろんですが、ビジネスの進捗状況なども考慮して、適切な敬語を使わなければ、相手に対して失礼にあたることもあります。

「敬語なんてそんなに気にしなくていいじゃないか」と言う人もいますが、敬語はその人の親切心丁寧さを表すバロメーターです。

ビジネスマンとして、相手のことを思って行動できることは、必要不可欠な能力です。

その能力があるかどうか、それは「敬語」を正しく使えるかどうかで、意外と周りの人々にわかってしまう事でもあります。

ビジネスマンとして日々成長をされているみなさんであれば、ぜひ一度立ち止まって、敬語の基本にも触れてみて、その重要性を再確認してみてください。


他にこんな記事も読まれています

-ビジネスマナー

Copyright© 一流のビジネスマンになれる方法【ビジネス知識・マナー・スキルアップ】 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.