ビジネスマナー

「する」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の意味と使い方8選

更新日:

「する」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の意味と使い方8選

ビジネスシーンでは、さまざまな仕事を仰せつかることが多いでしょう。

例えば、上司からの指示、先輩からの指示、なにより取引先の企業からの指示や依頼があった場合は、即対応をする必要があります。

つまり、何かを「する」ことからが避けては通れないのが、ビジネスの世界と言っても過言ではありません。

そんな「する」ことについて、どのような敬語があって、どのように使えばいいのでしょうか?

ここでは、「する」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い方と意味8選についてご紹介していきます。

 

【敬語】…「する」の基本的な使い方と意味とは?

「する」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の意味と使い方8選

社会人として、ビジネスシーンにおいては様々な場面で、敬語を使わなければなりません。

覚えているような覚えていないような、「なんとなく」の敬語を話すことはできても、少し不自然な使い方をしてしまうと、「間違ったかな?」と不安になってしまうこともよくあります。

それに、取引先の企業関係者など、敬意を表するべき人に対して、間違った敬語を使ってしまえば、相手に対して失礼になってしまい、その結果ビジネスにも影響を及ぼすことだって、ありえなくはないのです。

特に「する」のような、普段何気なく使っている言葉は、逆に敬語にするとき悩むのではないでしょうか。

この章では、まず「する」の敬語体にはどのようなものがあるのかを、具体的に見ていきましょう。

1.「する」の敬語は「なさる」「される」「いたす」など

「する」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の意味と使い方8選

「する」という言葉には、尊敬語、謙譲語、丁寧語のそれぞれの言葉が存在します。

尊敬語の場合は、相手の行動に対して敬意を伝える表現ですので、「する」の尊敬語の場合には、相手が何かを「する」ときに、その行動に対して尊敬語を使うことになります。

スポンサーリンク

例えば、主催する会議に出席してくれた場合は、「会議に出席される」「会議に出席なされる」など、敬語を使って表現することが出来ます。

同様に、「する」を謙譲語に変換すると「いたす」となります。

この場合は「いやす」のまま使うのではなく「いたします」という形で使うことが多いので、使う時には注意しましょう。

例えば、相手の招きによって会議に出席する場合は、「会議に出席いたします」と使います。

あと、丁寧語ですが、「する」を丁寧語に変換すると「します」が正しい敬語の形となります。

「する」と同様で、「します」も日常会話で何度となく使っている表現ですので、今からとくに意識する必要もない人が多いと思います。

ですが、相手に対して敬意を表すべき時には、意識して「します」という丁寧語を使うことを心がけましょう。

2.「する」の敬語形を使うときは「相手との関係性」を特に気をつけること

「する」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の意味と使い方8選

先の項目で紹介したように、「する」の敬語形には様々なものがありますから、当然相手との関係性を十分に確認して、使う必要があります。

尊敬語は相手の行動に敬意を払うこと、謙譲語は相手そのものに対して敬意を払うこと、丁寧語は相手にきつくならないものの言い方をすること、それぞれの敬語を使う時にはぜひ心がけましょう。

あと、相手との関係性は敬語を使う上では重要です。

相手が自社の上司や先輩であっても敬語を使うべきなのか、そうでなくてよいのか、ビジネスシーンではそのような「関係性」を重視するのか、それとも「シチュエーション」を重視するのか、迷ってしまうこともありますが、やはりいずれか方向性を決めたうえで敬語を使うべきです。

これから後の章で、それぞれの敬語の正しい使い方をご紹介することにします。

【尊敬語】…「する」の基本的な使い方と意味とは?

「する」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の意味と使い方8選

それでは、まず「する」の尊敬語に基本的な使い方と意味について見ていきましょう。

そもそも尊敬語は、敬意を表すべき相手の行動に対して使い、相手の行動を敬意をもって表現するときに使います。

特に「する」の尊敬語の場合には、相手が何かを「する」ときに、その行動に対して尊敬語を使うことになります。

その相手が何をしているのか、そして相手がどんな立場なのかをよく考えて、敬語を使うようにしましょう。

スポンサーリンク

それでは、尊敬語の「する」について、具体的な使い方や意味などを見てみましょう。

1.尊敬語の「する」は「なさる」「される」を使うこと

「する」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の意味と使い方8選

「する」という言葉ですが、一般的には参加する、出席する、利用するなど、「○○+する」の形で、非常によく使う敬語です。

尊敬語の形でもこの表現が使いこなせると、ビジネスシーンにおいても、会話がとてもスムーズになるでしょう。

そして、「する」を尊敬語に変換すると「なさる」「される」という敬語になります。

・田中部長が会議に出席される

・取引先の企業関係者が我が社に来社なさる

・基本的には山田課長が決定される

このような例文がありますが、いずれもビジネスシーンでよく使う表現となっています。

古い表現になりますが、同じ意味を持つ敬語で「あそばす」という表現もありますが、これは今ではほとんど使われなくなっています。

「する」の敬語としては、基本的には、「なさる」「される」を覚えておけば大丈夫です。

次の項で、紹介する例文も合わせて、使い方に慣れておきましょう。

2.誰がなにを「する」のかで敬意を払うかどうかが変わる

「する」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の意味と使い方8選

先ほど紹介した例文をもう一度紹介しましょう。

・田中部長が会議に出席される

・取引先の企業関係者がわが社に来社なさる

・基本的には課長が決定される

スポンサーリンク

それぞれ、いずれも正しい例文なのですが、「する」の敬語を使うときには、誰に対して敬意を払っているのか、よく理解しながら敬語を使わなくてはなりません。

・田中部長が会議に出席される⇒田中部長

・取引先の企業関係者がわが社に来社なさる⇒取引先の企業関係者

・基本的には山田課長が決定される⇒山田課長

この例文では、自分たちの会社の関係者である、田中部長や山田課長にも敬語を使っています。

もちろん、普段の関係が「上司と部下」である場合は、身内の会社関係者と言えども、田中部長や山田課長にはしっかりと敬語を使って話す必要があります。

しかし、取引先の企業関係者が同席している場合、優先順位は外部の人になりますから、身内の会社関係者に対して敬語を使ってはなりません。

あと、「なさる」「される」のですので、敬意を払うべき人が、一体「何を」されるのかを把握してから敬語を使いましょう。

たまに「どうされますか?」などと問いかけるときに敬語を使う人もいますが、このときは「何を」が明確になっていないので、言葉の使い方としては間違っています。

ちなみにこの場合には「お決まりですか?」「いかがいたしましょうか?」などと聞くのが正しい問いかけ方法ですので、参考に覚えておきましょう。

【謙譲語】…「する」の基本的な使い方と意味とは?

「する」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の意味と使い方8選

この章では、「する」の謙譲語をご紹介します。

そもそも謙譲語は、自分の動作をへりくだって表現することで、間接的に相手に敬意を示す用法で使われる敬語です。

つまり「する」の謙譲語の場合は、自分が何かを「する」際に、その行動をへりくだった表現で表すことになります。

もちろん、相手との関係性は敬語を使うか否かの判断材料になりますし、なにかを「する」時に、その行為に対して敬意を表すために謙譲語を使うということは、前の章の尊敬語の用法と変わることはありません。

早速、具体的な使い方と意味、例文などを見てみましょう。

1.「する」の謙譲語は「いたす」を使うこと

「する」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の意味と使い方8選

尊敬語と同じく謙譲語でも、「○○+する」の形で使うことが多いです。正しく敬語に変換できるよう、マスターしておきましょう。

「する」を謙譲語に変換すると「いたす」となりますが、「いたす」以外の「する」の謙譲語は、「させていただく」などがあります。

この謙譲語「いたす」を、そのまま使うと、まるで時代劇の武士みたいな言い回しになってしまうので、実際に敬語で使うときには「いたします」という単語で使いましょう。

「○○+する」の形も基本的に「○○いたします」という言い方にすれば良いので、敬語としては意外と使いやすいのではないでしょうか。

例文としては、次のようなものがイメージしやすいのではないでしょうか。

・新商品のご紹介を、あす10時よりいたします。

・ホテルの部屋が空いているようでしたら、あす夜の予約をいたします。

・田中部長の予定に、あすのミーティングを加えるようにいたします。

などのように、どのような相手に、どのような動作を謙譲語を持って表現するかを、明確にしてから使うようにしましょう。

2.「いたします」の形ばかりが使えるとは限らない

「する」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の意味と使い方8選

先ほどの項では、「○○+する」の形の謙譲語をご紹介しましたが、すべての形で「いたす」が使えるわけではないのです。

例えば「相手の許可を受けたい行為」であるときは、「いたします」という敬語が使えない場合もあります。

実際に例文を見てもらうと、必ずしも「いたします」という敬語が、万能ではないことを知ってもらえるでしょう。

この例文は、ミーティングに「取引先の会議室」を使いたいとき、それをお願いするときの例文です。

・次回のミーティングは、御社の会議室を利用させていただきたいのですが。

・次回のミーティングは、御社の会議室を利用いたしたいのですが。

比較してもわかるように、「利用いたしたいのですが」という敬語では、なんだか堅苦しくて、敬意を表したい気持ちも伝わりにくいです。

場合に応じて、「させていただきます」という謙譲語も使えるようにしたいものです。

ちなみにこの「させていただく」という敬語、先ほどの項の例文を置き換えると、以下のようになります。

・新商品のご紹介を、あす10時よりさせていただきます。

・ホテルの部屋が空いているようでしたら、あす夜の予約をさせていただきます。

・田中部長の予定に、あすのミーティングを加えるようにさせていただきます。

意外と、ぴったりはまった感がありますね。

でも、言い回しが「長すぎる」ので、あまり多用すると、聞いている側が「長い!」と思ってしまうかもしれません。

敬語は出来る限りシンプルに、簡潔に、それでいて敬意が伝わるように使うことは基本中の基本ですので、忘れないようにしましょう。

【丁寧語】…「する」の基本的な使い方と意味とは?

「する」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の意味と使い方8選

敬語は相手を立てたり、自分がへりくだったりして敬意を表すのが基本ですが、丁寧語はより広範囲に、相手や話す内容を問わずに使われます。

「する」を丁寧語に変換すると「です・ます」調にしなくてはなりませんから、結果的に「する」⇒「します」となります。

「する」と同様、「します」も日常会話で何度となく使っている表現ですので、この章では「します」の用法を再確認したいと思います。

そうすると、私たちはどんなときに「します」という敬語を使っているか、意外なことに気づくでしょう。

1.丁寧語で「します」の使い方はいたってシンプル

「する」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の意味と使い方8選

それでは、早速ですが「します」の例文を見てみましょう。

あす10時に「連絡する」旨を相手に伝えたいときに、「します」という言葉をどのように使うか、それはもう「あす10時に連絡します」という、その一言で済んでしまいます。

ビジネスシーンでは、次の例文のように使うことが多いのではないでしょうか。

・今回の件は私から回答します。

・明日の商談は御社の会議室をお借りします。

・見積書の金額変更は、私から上司に了解をとります。

このように、相手に対して「私がやります」ということについて、「俺がやる!」と乱暴に言うのではなく、丁寧に「私がします」という、それだけのことなんです。

丁寧語ですので、乱暴な言葉遣いをしないように心掛けるだけで、自然に敬語を使っているといっても間違いはないわけです。

2.丁寧語を使うより他の敬語を使った方がいい場合がある?

「する」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の意味と使い方8選

丁寧語を使うときは、本当に「丁寧語でいいのか?」と判断に迷うときもあるでしょう。

実際、先ほどの例文は、他の敬語で置き換えることが出来るのでしょうか?

・今回の件は私から回答します。⇒今回の件は私から回答いたします。

・明日の商談は御社の会議室をお借りします。⇒明日の商談は御社の会議室をお借りさせていただきます。

・見積書の金額変更は、私から上司に了解をとります。⇒見積書の金額変更は、私から上司に了解をとらせていただきます。

などのように、他の敬語でも十分置き換えをすることはできます。

ですので、必ず「丁寧語」を使わなくてはならないことは「ない」と断言していいでしょう。

ですが、丁寧語で済むことを他の敬語で置き換えることで、「誰に」「何を」「敬意を表す対象者(行為)」が分からなくなってしまい、間違った敬語の使い方になってしまうこともあります。

無理に敬語を使うのではなく、まず「敬意を表すのは誰か?」「敬意を表すべき行為は何か?」を確認しながら、適切な言葉を使うことを心がけましょう。

まとめ

「する」の敬語・尊敬語・謙譲語・丁寧語の意味と使い方8選

今回は、さまざまな「する」の敬語の形をご紹介してきました。

意外にも、日常生活で使っている単語が多かったことに、みなさんはお気づきにならなかったでしょうか。

このように、私たちは意識せずとも「する」の敬語体は、意外にもたくさん使いこなしていることが、わかっていただけたのではないでしょうか。

丁寧語は打ち解けた上司や同僚、ご近所さんや知り合いなど、あらゆる相手に。

尊敬語や謙譲語は上司や同僚、そして取引先の企業関係者や、顧客となりうるビジネスパートナーなどに使っているはずです。

この機会に、「する」の敬語の用法や意味を再確認してもらい、適切な相手に、適切な敬語を使えるよう、いままでの「当たり前」の使い方ではなく、再確認した敬語の使い方を、ぜひ実践してください。


他にこんな記事も読まれています

-ビジネスマナー

Copyright© 一流のビジネスマンになれる方法【ビジネス知識・マナー・スキルアップ】 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.