面接・就活

就活の面接で必ず聞かれる質問と理想的な解答例9例

投稿日:

就活の面接で必ず聞かれる質問と理想的な解答例9例

就活の難関「面接」は、就活生ならば内定を勝ち取るために避けては通れない関門の1つです。

特に、何を聞かれるかわからないこともあるので、いろいろ回答を考えて面接に臨むものの、緊張してしまって言いたいことの半分も言えなかったという経験をしている人も多いのです。

そこで今回は、就活の面接で必ず聞かれる9つの質問と、その模範解答をご紹介します。

 

1.就活面接の質問には具体的に答えよう!理想的な解答9例

就活の面接で必ず聞かれる質問と理想的な解答例9例

面接で聞かれる必ず質問と言うものは必ず存在します。

ここでは、それらの質問と理想的な解答をご紹介します。

これらの質問は、その会社に就職したのちに、どれだけ意欲的に働くことが出来るかを知るために、必ず聞かれるものです。

また、志望動機で語られた内容が、実際に企業が行っている業務とかけ離れているようなものであれば、マイナスの印象を与えてしまう可能性もありますので、注意しなくてはなりません。

これから紹介する項目をよく理解して、好印象を与えられる回答をしましょう。

①「志望動機」は企業の社風や業務を絡めて答える

就活の面接で必ず聞かれる質問と理想的な解答例9例

志望動機は、その会社で実現したいこと、自分の知識と経験をどのように活かせるかを、出来る限り具体的に説明することが求められています。

もちろん、その会社の社風や、実際に行っている業務を理解して回答しないと、好印象を与えることはできません。

例文を1つあげてみます。

・大学で学んだ経済学が活かせると思っております。

スポンサーリンク

・大学で学んだ経済学が活かせると思っておりますが、特にWebマーケティングの技術はぜひ活かしたいと考えています。

さて、どちらの回答が好印象でしょうか?

もちろん、後者の方が具体的であり、前向きさも伝わりますから、模範解答と言えます。

また、資格を取得している場合は、ぜひその資格についても触れて回答するようにすると、ますます良いでしょう。

②「将来の夢」は会社外のことも絡めて答える

就活の面接で必ず聞かれる質問と理想的な解答例9例

企業によっては、将来の夢を尋ねてくる場合もあります。

これは、あなたが掲げる将来の夢や成し遂げたいことと、会社があなたに将来期待する役割がズレていないかを確認するための質問です。

もし、あなたが優秀であったとしても、会社の目指すものが大きく異なる場合、あなたを採用するメリットがないと会社が判断するわけです。

あと、ここでいう将来の夢は「この会社でかなえたい夢」ではなく、「あなたが人生で抱いている夢」を聞いているので、その会社で実現できることに特化して夢を考えなくても結構です。

むしろ、その業界や企業でしか成し遂げられない夢や目標を語ってしまうと、業界や会社に依存しすぎという「視野の狭さ」を感じさせてしまうので、ぜひ「あなたが人生で抱いている夢」を語りましょう。

③「10年後のビジョン」は社内での立場について答える

就活の面接で必ず聞かれる質問と理想的な解答例9例

将来の夢について聞く時に「夢」と言う聞き方ではなく、場合によっては「10年後のビジョン」と言うような聞き方で、より具体的な将来のことを問われる場合もあります。

この時、企業側としてはあえて年限を区切ることで、業界や企業でのキャリアビジョンに対する理解ができているか見極めようとしている意図があります。

この時は、就活生のキャリアビジョンと企業の仕事内容にミスマッチがあったら、たとえ採用しても「辞められてしまうリスク」があると企業側は判断します。

その企業の社風にもよりますが、たいていの企業は自社でずっとキャリアを積み、幹部になって欲しいことを望んていますから、辞められてしまうリスクを感じさせてしまうような回答は避けるべきでしょう。

④「この企業を選んだ理由」は会社で実現できることを答える

就活の面接で必ず聞かれる質問と理想的な解答例9例

面接で多い質問としては、やはり「なぜこの企業を選んだのか」という質問です。

この質問から企業が知りたいのは、業界や企業に対する理解ではなく、あなたがどのような基準を持って企業を選んでいるのかです。

スポンサーリンク

この手の質問では、ついついあなた自身の人生経験や生い立ちに根ざしている回答をすることもありますが、次のような解答はあまり好ましくありません。

・父が同業の仕事に就いていたので憧れていました。

・祖父が個人事業で商店経営をしていましたが、そんな個人事業の成長に携わることのできる企業で仕事がしたいと思っていました。

聞いていると美しく聞こえますが、あなた自身がそう思っているだけで、思っているから入社後にどのような行動をするのかが、具体的に示されていません。

むしろ、この会社でなくても、実現できてしまうようなことを語るのはマイナスの評価につながってしまい、危険です。

逆に「この会社でこそ成し遂げることが出来ること」をアピールするべき質問と心得ましょう。

⑤「他の企業の受験状況」は素直に答える

就活の面接で必ず聞かれる質問と理想的な解答例9例

企業側としては、自社以外にもどのような企業を受けているかは、当然聞いてきます。

ここで嘘をつくと言うのは、正直言って好ましくありません。

企業間であなたの受験状況をやり取りしているわけではありませんが、もし虚偽の回答であることが分かってしまった場合、採用後の風当たりが強くなってしまうことは覚悟しましょう。

実際、大学側から企業側に採用を働きかけている場合は、その後「あの彼はどうなりましたか?」と企業側が問い合わせすると、大学側はもちろん回答します。

その時に虚偽の回答がばれたとしても、あなたが他社に採用されていれば問題はありませんが、この件で迷惑をこうむるのは、あなたの大学の後輩たちです。

採用した後に問題を起こして退社した場合も含めて、大学側に「今年はそちらの学生は取らないよ」と言わしめるような場合はかなり多いです。

大学へも迷惑をかけるので、やはりこの手の質問があった時には、素直に回答するというのが正解です。

⑥「具体的に取り組みたい仕事」は採用後の仕事ぶりをイメージさせるように答える

就活の面接で必ず聞かれる質問と理想的な解答例9例

あなたが採用されたあかつきには、どのような部門で、どのような仕事に従事したいのかを、企業は特に聞きます。

これを聞くことで、本当に入社したいと考えているのか、具体的に自社での仕事のイメージができているのかを知りたいと考えているからです。

スポンサーリンク

もちろん、その企業がまったく取り組んでいない具体的な仕事を挙げても的外れになりますので、高評価につながりません。

また、入社後に自分が新規事業を展開したいという「これからの仕事」を掲げても、実現の可能性が具体的に示せないならば、高評価につながらないばかりか、今の企業を否定しているようにも捉えられて、マイナスの評価を受ける場合があります。

今、その企業が展開している業務の中から、自分が興味を持ち、能力を生かして取り組めることを、具体的に説明することで、企業の採用担当者にあなたを採用した後のイメージを持ってもらいやすい回答を心がけましょう。

⑦「同業他社ではなくこの企業を選んだ理由」は意欲をしっかり答える

就活の面接で必ず聞かれる質問と理想的な解答例9例

業種によっては、その企業以外にも「同業他社」が存在することが多いです。

この時に「なぜ我が社を選んだのですか?」とか「同業他社のうちで当社は第一志望ですか?」といった形で、この手の質問をされることがあります。

この質問の意図は「我が社に入りたいという意欲」の再確認と、「我が社でこそ活かせる自分の能力」の提案です。

前者の場合は、同業他社ではなく、その企業を選んだ理由を示せば問題がありません。

後者の場合は、その企業だからこそ自分の能力が発揮できることを提案できれば問題ないのですが、その内容が「それなら同業他社でも実現できるのでは?」と企業の採用担当者に思わせてしまったら、マイナスの評価につながるので注意しましょう。

⑧「当社の改善点」は実際の商品などを挙げて答える

就活の面接で必ず聞かれる質問と理想的な解答例9例

企業から「我が社の商品について問題がありますか?」とか「我が社が同業他社に比べて劣っていると思われる部分はありますか?」と、答えるのを躊躇するような質問をされることがあります。

これは、決して「我が社の悪口を言っていいですよ」というわけではなく、受験する企業について業務内容や商品について十分に理解しているかを確認するための質問です。

もちろん、この時には「ただの悪口」にならなければ、質問に誠意をもって回答しましょう。

・大人向けの味は多いのですが、子ども向けの味も開発してもいいのではないでしょうか?

・同業他社が販売していない味を開発して、親子で楽しめる商品を提供するのはいかがでしょうか?

・高齢者向けにプレミアムサービスを展開して、価格設定を見直して利益追求してもよいのでは?

などのように、具体的な商品やサービスを挙げて回答することが理想です。

⑨「就職することの意義」は社会での立場を絡めて答える

就活の面接で必ず聞かれる質問と理想的な解答例9例

社会人になることや、就職することの意義について、このように聞かれることがあります。

・社会人と学生の違いについて教えてください。

・あなたにとって働くとはどういうことですか?

・お金を稼ぐということをどのように考えていますか?

これは、あなたが自身が働くことをどのように考えているのか、就労意欲について確認するための質問です。

そして、あなた自身がどのような人生観を持っているのかを確認する「人間性」を問われている質問でもあります。

ここでの模範解答は、綺麗事を並べるよりも、簡潔でいいので、あなた自身が感じていることを、ありのままに答えるのが一番よいでしょう。

・社会人と学生の違いについて教えてください。→自分の言動の責任をすべて自分が負うという自己責任を強く持つべきなのが「社会人」です。

・あなたにとって働くとはどういうことですか?→生活に必要な財を確保することで、自分をここまで大きくしてくれた両親などを支えるための基盤を作るために欠かせない行為です。

・お金を稼ぐということをどのように考えていますか?→生きていくために必要なことであり、納税という形で社会を支えていくこととも考えています。

といった回答が出来れば、上出来でしょう。

「自分だけのこと」ではなく、周りの人々のこと、社会のことを絡めて発言できると人間性を好意的に解釈してもらえます。

 

2.まとめ

就活の面接で必ず聞かれる質問と理想的な解答例9例

就活の最大の難関は、やはり「面接」です。

面接では、ついつい相手の出方を考えすぎて、本当にアピールしたいことを言えずに終わってしまうことも多いものです。

でも、今回ご紹介したような「絶対に聞かれる質問」については、前もって研究と練習をしておくことで、本番で緊張することを少しでも防ぐことが出来ます。

少しでも本番で余裕が持てると、自分が本当に伝えたいことや、自分自身の意欲を、よそいきの言葉ではなく、自分の言葉で説明できるようにもなるでしょう。

面接で成功するために、本当に必要なのは「余裕」です。

是非今回ご紹介した内容を参考にしてもらい、少しでも余裕を持って面接に臨んでもらえることを期待しています。


他にこんな記事も読まれています

-面接・就活

Copyright© 一流のビジネスマンになれる方法【ビジネス知識・マナー・スキルアップ】 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.