マーケティング

ペルソナマーケティングの基本!絶対知っておきたい手順5ステップ

投稿日:

ペルソナマーケティングの基本!絶対知っておきたい手順5ステップペルソナマーケティングという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

今やビジネスの成長には欠かせない取り組みとなっているペルソナマーケティングですが、その概要や実際の取り組み方法については、まだまだ深く理解している人は少ないようです。

そこでここでは、ビジネスマンなら知っておきたいペルソナマーケティングの基本と、設定の手順をご紹介します。

 

1. ペルソナマーケティングの基本と設定する理由

ペルソナマーケティングの基本!絶対知っておきたい手順5ステップペルソナマーケティングとは、年齢や性別、生活スタイルや趣味嗜好などを細かく設定した架空の人物を作り上げ、その人物が購入したい、利用したいと思える商品やサービスを企画することです。

ペルソナを設定すると、商品やサービスに明確なコンセプトを持たせられるようになり、設定しない時と比べてより消費者に受け入れられやすいビジネス展開ができるようになります。

 

これは、アプローチする対象が明確にイメージすることでその人が何を求めているのか、何があると喜ぶのかをより想像しやすくなるためであり、その意味でも企画をする際には欠かせない取り組みです。

 

また、一度ペルソナを設定して企画ができれば、広告の制作もそのコンセプトが明確になります。

例えば、もともと靴を履く習慣が無い国や地域に対して、おしゃれさをコンセプトに売り出しても売れることはありません。

ですが、そもそものペルソナが靴を履く習慣がない人と設定しておけば、靴づくりはもとより、広告においても何故靴を履く必要があるのかといったアプローチができるため、一貫したマーケティングができるようになります。

 

一方、ペルソナを設定することはターゲットを狭めることにも繋がります。

設定した人物とは全く異なる価値観、環境の人たちには受け入れられにくく、その分だけ売り上げが伸びにくくなる可能性があることは、あらかじめ想定しておく必要があります。

ですが、そもそもビジネスにおいてターゲット範囲を広げれば購入率が、購入率を高めればターゲット範囲が下がるものです。

ですから、それを踏まえて営業戦略をとっていくことが必要です。

 

2. ビジネスに欠かせないペルソナを設定する5つのステップ

ペルソナマーケティングの基本!絶対知っておきたい手順5ステップさて、それでは具体的にペルソナはどのように設定していけばよいのでしょうか?

それは、大きく以下の5つの手順を抑えておく必要があります。

スポンサーリンク

  1. 大まかなターゲット情報をもとに具体的な基本情報を設定する
  2. データをもとにして大まかな設定をつくる
  3. 設定したペルソナをもとに他の人にも意見を求める
  4. 意見を集約して取捨選択しペルソナを完成させる
  5. ペルソナをもとに商品の開発やマーケティング戦略を企画する

この流れに沿って取り組んでいけば、適切なペルソナを設定できるようになります。

ここでは、ペルソナを設定する5つのステップについて、細かくご紹介します。

 

①大まかなターゲット情報をもとに具体的なデータを集める

ペルソナマーケティングの基本!絶対知っておきたい手順5ステップペルソナを設定するタイミングは様々でしょう。

商品開発を行う際、広告を行う際、またはWEBページの新規作成やリニューアルの際。

さまざまなタイミングがあるかと思いますが、多くの場合、既にコンセプトやターゲットが決まっていることがほとんどでしょう。

 

そこでまず行いたいのが、既存の顧客のデータを集めることです。

一概に顧客と言っても、その利用状況は顧客によって様々でしょう。

その中には、毎日商品を買う人もいれば、月に一回しか買わない人もいるはずです。

そして、ビジネスにおいては月に一回でも多く利用してくれる顧客を増やしたいはずです。

それであれば、自社が抱える販売データや顧客データから、理想的な利用をしている顧客をピックアップし、年齢や住所、利用頻度から想定される年収などのデータを集めるのです。

 

このデータは正確に、そしてできるだけ多く集めるようにしましょう。

またヒアリングもよい方法ですが、数人のコメントだとその人の主観が入ること、また、少数派の意見の場合があることを踏まえて意見をまとめるようにしましょう。

 

②データをもとにして大まかな設定をつくる

ペルソナマーケティングの基本!絶対知っておきたい手順5ステップデータを集めたら、次はそれをもとにして、年齢や性別、住所はもちろん、所属する会社の役職や休みの過ごし方、家族構成まで、できるだけ細かく設定していきます。

 

細かく設定するのには理由があります。

例えば、同じ30歳でも役職無しの人と部長職などに就いている人とでは想定される価値観が異なると考えられます。

また、結婚していても子供がいるかいないか、また、その子供たちが生まれたばかりなのか高校生になっているのかで、日々の暮らし方や悩みは変わってくると想定できますよね?

ですから、より具体的に、映画の登場人物を設定するつもりで、一つずつ設定していきましょう。

 

③設定したペルソナをもとに他の人にも意見を求める

ペルソナマーケティングの基本!絶対知っておきたい手順5ステップペルソナを設定したら、その設定を他の人にも見てもらうようにしましょう。

スポンサーリンク

一人で考えているとどうしても思考の偏りが発生してしまうので、視野を広げる意味でも他の人に意見を求めるのが効果的です。

また、自分では思いつかなった項目が上がってくることも多々ありますから、自分にとっても勉強になるはずです。

 

また、できればペルソナ設定は一つのプロジェクトとして取り組みたい業務です。

個人では想定できることに限界がありますし、ペルソナを設定する大きなメリットの一つは、異なる業務に取り組む人たちでも同じコンセプトや認識で業務を進められるので、意志の疎通がとりやすいことが挙げられます。

そのメリットを活かす意味でも、できればチームでブレーンストーミングを行い、意見を取り交わすようにしましょう。

 

最後に、意見を交わす際には、その意見は違うだろうと思わずにそういう意見もあるのかと受け入れるようにしましょう。

多数派なのか少数派なのか、利用してくれそうな顧客なのかそうではないのかといった区別は、後で行えばいいので、このタイミングでは幅広く意見を集めることが大切です。

 

④意見を集約して取捨選択しペルソナを完成させる

ペルソナマーケティングの基本!絶対知っておきたい手順5ステップ意見を集めたら、その意見を取りまとめて再度ペルソナを設定し直します。

ブレーンストーミングでペルソナについての意見を取り交わしたら、その情報を一度整理しましょう。

そして、その中から適切と思われる設定を振り分け、最終的なペルソナを設定します。

 

改めて見直してみて、これまでどのような人生を歩んできたのか、どのような話し方をするのか、またはどのような目標をもって日々を過ごしているのか、そうした人物像が思い浮かべば、ここでのペルソナ設定はいったん完成です

 

⑤ペルソナをもとに商品の開発やマーケティング戦略を企画する

ペルソナマーケティングの基本!絶対知っておきたい手順5ステップペルソナが完成したら、最後はそれをもとに商品開発やマーケティング戦略に活かしていきます。

設定した人物は日頃どのようなことに困っていそうか、どのようなことがあると喜びそうか、そして、どのような商品、サービスであれば、何度もリピートしてくれそうか、そうしたことを考えていきます。

 

また、この時点で再度ペルソナを見直しても構いません。

いざ、商品開発やマーケティング戦略を練る段階にくると、もっと想定しておいた方がよい項目が見えてくるものです。

ペルソナに正解はありませんから、常に見直しをしながら新たに加えたり項目を変更したりすると良いでしょう。

ただし、少しずつコンセプトとずれてしまう可能性は否定できませんから、設定を上書きするのではなく、元の設定は残したうえで、新たにつくっていくと良いでしょう。

スポンサーリンク

そうして何度もペルソナをもとに企画したり見直したりすると、どのようなペルソナであればビジネスに活かしやすいのかが分かっていきます。

 

まとめ

一人ひとりの価値観が多様化し、品質がいい物を作れば売れるという時代ではなくなった今、ペルソナの設定ができるようになることは事業の行く末を大きく左右します。

ですが、その設定も誰もがすぐにできるのものではなく、何度も考え、修正して初めて適切に生み出せるようになるものです。

ただし、取り組み自体は誰にでもできることですから、まずは今日から少しずつはじめて、一歩ずつスキルアップしていくと良いでしょう。

 

そうしてペルソナがはまって事業の拡大につなげていけば、きっと周りからの評価も高まりますし、仕事のやりがいも増していくことでしょう。


他にこんな記事も読まれています

-マーケティング

Copyright© 一流のビジネスマンになれる方法【ビジネス知識・マナー・スキルアップ】 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.