仕事・バイト

仕事を辞めるのに最適なタイミングと続けるべきタイミング10選

投稿日:

仕事を辞めるのに最適なタイミングと続けるべきタイミング10選仕事をしていると、もう会社を辞めたいと感じるタイミングが必ず訪れるものです。

ですが、準備ができないまま仕事を辞めてもその後で苦労することになりますし、そもそももう少し頑張った方が結果的にいい場合もあります。

そこでここでは、仕事を辞めるのに最適なタイミングと続けるべきタイミング10選をそれぞれご紹介します。

 

仕事を辞めるのに最適なタイミング5選

仕事を辞めるのに最適なタイミングと続けるべきタイミング10選仕事を辞めた後で自身の成長が見込めたり、逆に今の会社にいても自分の成長が見込めなかったりする時には、ぜひ積極的に転職を考えるべきです。

逆に、まだまだ成長できる余地がある時には、会社にとどまってスキルや経験を積んだ方がいいと言えます。

ですが、物事を考える時には感情が混じってしまいますから、客観的にはまだ成長できるとしても、自分の中ではそれが見えなくなってしまう時もあります。

そこでここでは、仕事を辞めるのに最適なタイミングについてご紹介します。

 

①自分よりもスキルを持っている人が少なく評価できる仕組みもない時

仕事を辞めるのに最適なタイミングと続けるべきタイミング10選まず初めは、会社でスキルや経験を磨いた結果、自分以上にスキルや経験を持っている人がいない、もしくは少なくなってしまった時です。

特にベンチャー企業や小規模の会社ではこうしたことが起こりやすく、3年から5年ほど真面目にコツコツと経験を積むと、社内でも高いレベルに達するものです。

ですが、社内で高いスキルを持っていたとしても世の中には更に高いスキルや知見を持っている人は多く、また新しい技術や知識が日々生まれているので、世の中の成長スピードに追い付けなくなってしまうことがあります。

そのような時には、積極的に上のステージに上って新たなスキルや知識を求めると良いでしょう。

 

②自分の目標や理想的な将来のビジョンが今の会社で見えなくなった時

仕事を辞めるのに最適なタイミングと続けるべきタイミング10選日々仕事をしていると、将来的に身に着けたいスキルや経験が見つかったり、または実現したいライフワークが描けたりします。

ですが、現在の会社でそれが実現できない時にも、転職を考えたほうがいいでしょう。

特にライフワークに関しては、目指す年収があって、人事制度としてそこにたどり着けないのであれば、その時点で理想的なライフワークを手に入れることはできません。

また、新たな事業を立ち上げたいと思っていても、そうした制度が社内になければそれも実現することはありません。

スポンサーリンク

ですが世の中を見渡せば、そうした理想を実現できる会社は数多くあります。

ですから、自分が描いている将来のビジョンに対して、今の会社にそれを達成できる体制や制度がない時には、別の会社を選択肢に入れていきましょう。

その中には、きっとあなたに合った会社があるはずです。

 

③取り組んでいる仕事に興味が持てず、異動も難しい時

仕事を辞めるのに最適なタイミングと続けるべきタイミング10選続いて紹介するのは、業務内容に興味が持てない時です。

会社は、業務上で必要なポジションが先に生まれて、それに対して適した人材を配置して成り立っています。

ですから、あなたに与えられた仕事が、あなたにとってどうしても興味が持てないということは少なくありません。

もちろん、その中でも学べることや身に着けられるスキルはあるはずですが、それでも相性が悪ければ、その時は転職を検討しましょう。

ただしここで注意が必要なのが、あらかじめ興味がある仕事はどのような内容なのかを自分の中ではっきりとさせておかないと、別の会社に入っても同じ結果を招いてしまうリスクがあることです。

また、その考えでの転職は20代までであれば転職もチャンスがありますが、30歳を過ぎると難しくなるものです。

ですから、自分の現状を踏まえたうえで、検討すると良いでしょう。

 

④独立の準備ができた時

仕事を辞めるのに最適なタイミングと続けるべきタイミング10選今の会社を辞めた後は転職ばかりではなく、独立という選択肢もあります。

そして独立の準備が整い、いざそちらに集中するというタイミングになった時にはしっかりと割り切って自分の道に進みましょう。

ただし、準備が万全に整うことはありませんし、独立して始めて経験できることや考え始めるも多々ありますから、ある程度のめどが立った時点で、勇気をもって独立を果たしましょう。

 

⑤仕事のストレスによって体調を崩した時

仕事を辞めるのに最適なタイミングと続けるべきタイミング10選最後は、体調不良で仕事を辞めるという選択です。

仕事をしていると様々なストレスがかかるものですが、その中でも入院をしたり明らかな意欲の低下が見られたりする時には、一度仕事を辞めて休養を取るという選択肢を検討しましょう。

仕事も大切ですが、それよりもあなた自身の体調や人生の方が大切です。

極端な話、仮にあなたが仕事をできない状態になったとしてもその穴埋めは必ず他の誰かがやってくれます。

ですから、そこも割り切って自分の身体を大切にすると良いでしょう。

スポンサーリンク

 

仕事を辞めるべきではないタイミング5選

仕事を辞めるのに最適なタイミングと続けるべきタイミング10選ポジティブな理由の時は仕事を辞めるタイミングと言えますが、そうでない時に転職をしてしまうと転職癖がついてしまい、一つの会社にとどまれなくなってしまったりスキルや経験が身につかなくなって将来的に思ったような仕事に就けなくなってしまったりします。

ですから、そのような場合には少しだけ踏ん張って乗り越えることが大切です。

ここでは、具体的な仕事を辞めるべきではないタイミングについてご紹介します。

 

①上司や同僚などの人間関係に不満がある時

仕事を辞めるのに最適なタイミングと続けるべきタイミング10選仕事を辞めたいと思う理由の上位に来るのが、人間関係が嫌になった時でしょう。

様々な価値観や利害関係が入り混じる会社において、人間関係は非常に難しい問題と言えます。

ですが、人間関係に悩んだ時にはできるだけ会社に残った方がよいです。

何故なら、仕事をする上で人間関係に悩むことは多く、特に上司や部下との関係性はどの会社に行っても遅かれ早かれ当たる問題だからです。

ですから、その問題の解決方法を見つけられないといつまで経っても同じ問題で悩むことになるでしょう。

そこで、今の状況を我慢するのではなく、何が不満の原因なのか、どのような状態になればその状況から脱却できるのか、そしてそのためには何をすればよいのかを考えていくとよいでしょう。

 

②仕事内容が辛いから辞めたい時

仕事を辞めるのに最適なタイミングと続けるべきタイミング10選辞めたい時に人間関係と同じくらい多いのがが、仕事が辛いからという理由でしょう。

ですが、この理由も辞めるタイミングではないと言えます。

辛いから辞めるという選択を繰り返してしまう時も逃げ癖がついてしまい、なかなかスキルが身につかなかったり経験を積めなかったりしてしまいます。

ですから、仕事が辛いと感じた時にもどういう状況が理想的なのか、また、そのために何をすればよいのかを考えるようにしましょう。

ただし、辞めるべきタイミングの中でご紹介した、「自分の目標や理想的な将来のビジョンが今の会社で見えなくなった時」や「取り組んでいる仕事に興味が持てず、異動も難しい時」に該当する場合はこの限りではありませんので、辛い理由が自分のスキル不足からくるものなのか、それとももっと根本的な理由からくるものなのかを冷静に捉えるようにしましょう。

 

③スキルや経験を積むためにまだやれることがある時

仕事を辞めるのに最適なタイミングと続けるべきタイミング10選仕事内容に不満がない場合、まだスキルを高められる環境があるのであればそれはまだ辞めるべきではありません。

そのような場合はもっと待遇がいい環境に転職したいという思いが強い場合が多いかと思いますが、更にスキルを高められれば、転職時によりよい待遇で転職ができるようになります。

転職をするということはそれまでに積み上げた信用がリセットされることになりますし、それによって年収ややりがいが下がる可能性が十分にありますから、慎重な選択が必要です。

スポンサーリンク

ですから、少しでもスキルを高めてより高い評価の状態で転職できるようにすると良いでしょう。

 

④将来的にやりたいことがない時

仕事を辞めるのに最適なタイミングと続けるべきタイミング10選将来的にやりたいことがない時も、転職をするタイミングではありません。

漠然とした不安や不満は環境を変えたからと言って変わるものではなく、転職がそれを変えてくれるものではありません。

また、仕事のやりがいや楽しさは周りが与えてくれるものではなく自分で見つけ出すものですし、それが見つかっていないと、転職に対して本当に望むものが不明確になってしまいます。

ですから、まずはどうすれば今の仕事を楽しめるか、またはどの仕事であれば楽しくやりがいをもってできるのかを考えることからはじめましょう。

そして、やりたいことや身に着けたいスキルが見つかった時に今の会社ではそれが達成できないと分かった時には、その時に転職をするとよいでしょう。

 

⑤転職に際しての下調べや行動を起こしていない

仕事を辞めるのに最適なタイミングと続けるべきタイミング10選最後は、事前の準備がまだ全くできていない時です。

仕事が辛かったり人間関係が辛かったりしてどうにもならず、今すぐにでもやめたいという時があります。

ですが、その気持ちを優先してすぐに会社を辞めてしまうと、思っている以上に次の仕事が決まるまでに時間がかかってしまう時があります。

そうなると転職活動に焦ってしまって、行きたい会社ではなく行ける会社を選んでしまうことになりかねませんし、そうして入った会社は後になって後悔することになる場合が多くあります。

ですから、事前にどのような業界や業種を希望して、そのためにどのようなスキルが必要なのか、そして今の自分がそれに対してどの程度満たしているのかを調査してから仕事を辞める方がよいでしょう。

 

まとめ

仕事を辞めるということは、仕事が無くなるリスクや収入・やりがいが減るリスクを負うことになります。

そうしたリスクを軽減し、転職を成功させるためには適切なタイミングで辞めることが重要です。

大切なことは、辞めた後のビジョンが明確になっていてその準備も整い、そして今の会社でやるべきことをやり切った時を選ぶことです。

そうしたタイミングが整った時に仕事を辞めるようにすると、後悔の無い転職活動ができるようになるでしょう。

引き続き、「一流ビジネスマンになれる方法」をご紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています

-仕事・バイト

Copyright© 一流のビジネスマンになれる方法【ビジネス知識・マナー・スキルアップ】 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.