ビジネス 面接・就活

【男性版】転職活動はスーツで差がつく!評価が上がる着こなし方5選

投稿日:

【男性版】転職活動はスーツで差がつく!評価が上がる着こなし方5選転職で面接に臨む時、必ず悩むのがスーツの選び方です。

どのようなスーツであれば好印象を与えられるのか、逆にどのようなスーツだとマナー違反になってしまうのか、それを理解していないと面接が始まる前から緊張が高まってしまいます。

ですが、逆に自信をもってスーツを着こなせていると、余裕をもって面接に臨むことができます。

そこでここでは、面接官の評価が上がるスーツの着こなし方5選をご紹介します。

 

1.スーツを選ぶ時の基本と面接官に与える評価の考え方

【男性版】転職活動はスーツで差がつく!評価が上がる着こなし方5選面接において面接官が見ているのは、一般常識があって会社の顔として外に出しても恥ずかしくない人物なのか、また、細かいことに神経を使える人なのかどうかということです。

ですから、転職活動において真っ黒なリクルートスーツやしわが多いスーツは基本的にNGです。

リクルートスーツはまだ学生気分が抜けていないと思われてしまいますし、しわが多いスーツはだらしない印象を与えてしまいます。

ですから、基本的には暗めの紺やグレーの無地、またはストライプ柄を選ぶと良いでしょう。

なおダブルスーツやスリーピースは、日本では年齢を重ね経験を積んだ方が着こなすイメージが強いため、面接ではあまり向かないことを覚えておきましょう。

 

2.面接官の評価が高まるスーツの着こなし方5選

【男性版】転職活動はスーツで差がつく!評価が上がる着こなし方5選面接におけるスーツの基本が分かったら、次は具体的な着こなし方です。

スーツに対してあまりこだわりがない人も少なくありませんが、知っている人が見るとどの程度の気配りができるのかがよく分かるものです。

また、それによって面接官が受ける印象も大きく変わります。

ここでは、そうした面接官の評価が高まるスーツの着こなし方をご紹介します。

 

①無難から一歩先をゆくスーツの選び方

【男性版】転職活動はスーツで差がつく!評価が上がる着こなし方5選初めはジャケットやパンツの選び方です。

まずは当然ですが、しわになっているスーツや折り目が無くなっているパンツはNGです。

スポンサーリンク

これらは社会人として当然のことですので、できて当たり前、できていなかったらそれだけでマイナス評価になると覚えておきましょう。

また、上記で説明したようにリクルートスーツもNGです。

逆に評価が高まるスーツについてですが、色合いや柄は業界によって選ぶと良いでしょう。

例えばベンチャー企業や若手が多い企業は、ストライプ柄や少し明るめの色合いの方が印象は良くなりやすいですし、逆に固めの業種では無地だったり少し暗めだったりした方が、印象がよくなりやすくなります。

これは会社によって雰囲気が異なることから、自社の雰囲気に合うのかをスーツ越しに見ているからです。

また細かいマナーだと、ポケットの蓋部分、つまりフラップは屋内ですと中に入れるのが基本です。

もちろん、片方が出ていて片方が中に入っているのはだらしない印象を与えますので、注意しましょう。

 

②意外に知らない、評価が上がるシャツのビジネスマナー

【男性版】転職活動はスーツで差がつく!評価が上がる着こなし方5選続いてシャツに関してですが、色合いは無地の白や薄い水色が基本です。

派手なストライプ柄や黒のシャツは避けられがちですから注意しましょう。

なお、襟にボタンが付いているシャツがありますが、これは面接においてはNGです。

何故なら、襟にボタンが着いたシャツはもともとスポーツ用のシャツとして開発されたものであり、ビジネス向けではないからです。

また、シャツの襟はスーツの襟の中にしまい、逆に袖口はシャツがジャケットから出ている状態がビジネスマナーとしては正解です。

それができていないとだらしなさや幼い印象を与えてしまいますので、サイズには注意をしましょう。

 

③心理学から考えるネクタイの選び方

【男性版】転職活動はスーツで差がつく!評価が上がる着こなし方5選ネクタイは面接官に与える印象において非常に大きな比重を占めており、かつ選択肢が多いので、スーツの着こなしにおいて最も悩むところでしょう。

そこでまず考えたいのが、色が与える印象の違いです。

一般に、赤は情熱や活力を表し、青は冷静さや信頼を、オレンジは社交性やポジティブさを表します。

この他にも、色にはそれぞれ相手に与える印象があるため、面接官にどのような人柄や印象を与えたいかを踏まえて色を選ぶとよいでしょう。

また、柄に関しては小紋柄やストライプを基本として、チェック柄やドット柄などが一般的です。

スポンサーリンク

これらはどの柄を選んでも大きな失敗はありませんから、自分に合った柄を選ぶと良いでしょう。

また色や柄だけではなく、結び方にもこだわりを持つと良いでしょう。

特にディンプルと呼ばれるネクタイにくぼみを持たせる結び方は、できていると面接官に「スーツの着こなしを知っているな」という印象を与えられます。

作り方も簡単ですから、ぜひマスターしてよい印象を与えていきましょう。

 

④靴とベルトは同じ色を使う

【男性版】転職活動はスーツで差がつく!評価が上がる着こなし方5選意外とできていないのが、靴とベルトを同じ色にすることです。

基本的に靴が黒ならベルトも黒、靴がブラウンならベルトもブラウンにするのがマナーです。

また、ベルトの穴は真ん中を使うと最もきれいに見えると言われます。

ベルト穴から端が短すぎて浮いてしまうとだらしなく見えますし、バックルがブランドのマークになっているのはマナー違反です。

面接に求められるのはおしゃれさではなく真面目さや会社との適合性ですから、それを踏まえて身だしなみを注意すると良いでしょう。

また、靴はしっかりと磨きつつクリームを塗るなど手入れが必須です。

特に営業職を志望する方や他社の方と会う可能性がある場合、靴はよく見られるポイントですから、面接の時点から注意をするようにしましょう。

 

⑤業界によって全体のバランスやコンセプトを変える

【男性版】転職活動はスーツで差がつく!評価が上がる着こなし方5選最後に紹介するのは、業界ごとの着こなしについてです。

何度かご紹介したように、面接官にとって面接は、応募者が自社に馴染めるかどうか、そして自社で活躍できる人物かどうかを見る場です。

そして、業界によって求める人柄やスキルは異なるものですから、面接に着ていくスーツを業界によって変えると、ミスマッチが減らせて好印象を与えやすくなります。

例えば、志望している企業は独創性を求める会社か秩序を求める会社か、活発な人材を求める会社か落ち着きを求める会社かなどを事前に調査したうえで、スーツのコンセプトを選ぶようにしましょう。

特にネクタイやスーツの柄は相手に与える印象を大きく左右しますので、コンセプトにあった着こなしを心がけると良いでしょう。

 

まとめ

転職活動で使うスーツは、なんとなく選ぶのではなく意図をもって着こなすことで、自信と余裕をもって面接に臨めるようになります。

スポンサーリンク

また、細かい気遣いができればそれだけで面接官の評価を高めることに繋がりますし、もしそこに気づかなかったとしても、評価が下がることはありません。

ですから、今回ご紹介した内容を参考にして一つずつ着こなしていき、そして自信をもって面接に臨めるようにしましょう。

そうすれば、第一志望の内定もぐっと引き寄せられますよ。

引き続き、「一流ビジネスマンになれる方法」をご紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています

-ビジネス, 面接・就活

Copyright© 一流のビジネスマンになれる方法【ビジネス知識・マナー・スキルアップ】 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.