転職 面接・就活

転職して後悔する前に必ずチェック!転職に失敗する理由6選

投稿日:

転職して後悔する前に必ずチェック!転職に失敗する理由6選転職は人生を大きく変える決断ですから、慎重を期して取り組みたいですよね。

ですが、それでもなお後悔してしまう事があります。

それでは、一体何が後悔の原因なのか、そして何故そのような行動をとってしまうのか、ご存知でしょうか?

ここでは、転職して後悔する前に必ずチェックしておきたい転職で失敗する理由についてご紹介します。

 

1.転職で失敗した人が抱える3つの後悔

転職して後悔する前に必ずチェック!転職に失敗する理由6選転職する時には、誰もが今よりいい環境、いい待遇で働けることを願って行動を起こします。

ですが、転職をした全ての人がそうした状況を手に入れられるわけではなく、中には失敗したと後悔する人もいます。

ここでは、転職に失敗した人が抱える後悔についてご紹介します。

 

①業務上のしがらみが多く自分のスキルを発揮できない

転職して後悔する前に必ずチェック!転職に失敗する理由6選まず初めは、前職に比べて自分の持っているスキルを活かせていないという後悔です。

この後悔に多いのは、前職で高い成果を出し、さらなるスキルアップや収入増を目指して転職している場合です。

特に高い成果を出していると、もっと評価される会社があるのではないかと思って他の会社に目がいきがちです。

ですがここで覚えておかなければいけないのは、成果を出すまでにその会社のやり方やスタッフとのコミュニケーションに慣れるという下積みがあって初めて生まれているのだということです。

新しい会社に入ると、今まで培ってきた仕事のやり方や人間関係はリセットされます。

それを理解せずに転職をして前の会社のやり方のまま仕事に取り組んでしまうと、思ったよりも仕事がはかどらず、自分のスキルを発揮できないという状況に陥る可能性があります。

 

②社風や人間関係に馴染めない

転職して後悔する前に必ずチェック!転職に失敗する理由6選続いて紹介するのは、会社の雰囲気や人間関係に馴染めず、前の会社に戻りたいと思うようになってしまうことです。

人は環境の生き物でもありますから、長く同じ会社に居ると、気づかぬうちにその会社の雰囲気に自分も馴染んでいくものです。

スポンサーリンク

その状況で別の会社に行くと、元の会社で人間関係に不満を感じていたとしても、それ以上に居心地の悪さを感じてしまうことが多くあります。

特に上場企業とベンチャー企業だと、社風は大きく異なるものです。

上場企業の場合はベンチャー企業よりも規律が厳しいことが多く、人間関係は一定の線引きの上で成り立っている場合が多くみられます。

逆にベンチャー企業の場合、会社の決まり自体は緩やかな場合が多く、人間関係も社長をはじめとして非常にアットホームな場合が多くあります。

それを理解したうえで、自分はどのような環境の方が働きやすいのか、そして自分が志望している会社はどのような雰囲気なのかを事前に調べておく必要があります。

 

③前職よりも給料が下がった

転職して後悔する前に必ずチェック!転職に失敗する理由6選最後は、給料が下がってしまうケースです。

このケースは、突発的に転職をした場合によく見受けられます。

あまり転職期間をとれず、事前にスキルを磨いておく時間も取れない中で転職を行ってしまうと希望にあった会社を受けられず、また交渉の時間も取れないため、前職よりも年収が下がってしまうことがあります。

また、毎月の手取りは良くても、ボーナスが低い、もしくは無い為に年収ベースで見た時に給料が下がってしまうこともあります。

そうしたことも、転職先を調べる時には確認すると良いでしょう。

 

2.転職で後悔する人が行っている失敗につながる行動3選

転職して後悔する前に必ずチェック!転職に失敗する理由6選自分は後悔しない転職をできると思っても、失敗する時は気づかぬうちに失敗する道を辿ってしまうものです。

それではどのような行動をとると、後悔しやすいのでしょうか?

ここでは、転職で後悔する人が行っている行動についてご紹介します。

 

①限られた時間の中で就職先を見つけようとしている

転職して後悔する前に必ずチェック!転職に失敗する理由6選まずは、時間が無い中で転職を行っているケースです。

次の会社を決めずに会社を辞めてしまったり、生活に余裕がない中で会社を辞めてしまったりすると、その分だけ追い込まれながら転職活動を行う事になります。

そうなると、待遇がよく自分が行きたいと思える会社ではなく、妥協してでも入れる会社を選んでしまうことになります。

そうなると、労働時間や給与面で妥協せざるを得なくなったり、労働環境について十分に調査できないまま就職することになったりして、結果的に後悔することになってしまいます。

ですから、転職をする時には会社で働いている合間を縫って取り組むか、もしくは半年ほどは仕事をしなくても生活できる余裕がある状態で取り組むようにすると良いでしょう。

スポンサーリンク

 

②転職することで現状よりもよくなると信じて行動している

転職して後悔する前に必ずチェック!転職に失敗する理由6選続いて紹介するのは、メンタル的な問題です。

何事も、同じ状況を見ていいと思う人もいれば悪いと思う人もいますが、この違いは、物事に対する見方の問題にあります。

そもそも、転職がもたらしてくれるのは環境の変化であり、よい職場環境ではありません。

転職がもたらした変化をいいと感じるか悪いと感じるかはあなたの判断次第であり、あなたが持つ転職への期待値次第です。

そして、転職で後悔する人は転職に多くのことを求めすぎ、そして今よりもすべてにおいてよくなると信じている人が多いのです。

ですから、転職をする際には譲れないことに優先順位をつけ、一つか二つそれを達成できれば良しとする、そうした気持ちが必要です。

 

③5年後や10年後のビジョンを描いていない

転職して後悔する前に必ずチェック!転職に失敗する理由6選最後は、将来のビジョンを描いていないことです。

5年後や10年後にどうなっていたいかを定めていれば、転職をする際にも会社を選ぶ基準や面接で伝えることが明確になるため、転職先とのミスマッチを大きく減らせます。

また、将来のビジョンに近づける会社であれば、少しくらい不満なことがあっても乗り越えられるものですし、場合によっては転職しないという選択肢が最善の手である場合すらあります。

ですから、将来どうなりたいのかを定め、そして本当に転職が必要なのか、そして本当に必要なのであれば何を選んで何を妥協にするのかを明確にしましょう。

 

3.転職で後悔しないために心がけたいたった一つの取り組み

転職して後悔する前に必ずチェック!転職に失敗する理由6選これまで転職で後悔する内容やその理由についてご紹介してまいりました。

最後は、どうすれば後悔せずに転職を成功させられるのかですが、これは、転職に求める事柄の優先順位を明確にすることです。

転職をして新しい会社に入ったとしても、必ず不満なことや納得できないことはあります。

ですが、転職で求めることに優先順位をつけ、そして一番大切な事柄が達成できている時にはその環境を受け入れましょう。

また、入社後にその取り組みができないということが起きないように、事前の確認や取り組むためのスキルアップは欠かさず行いましょう。

そうすれば、やりたいことや取り組みたいことに携われるのですから、後悔を無くせますよ。

 

まとめ

転職は、良くも悪くも環境を一変させてしまいますから、その変化で後悔しない様に事前の準備が大切です。

スポンサーリンク

そのためにも、転職して後悔するのはどのような状況になった時なのか、そしてどうすれば後悔せずに済むのかを考えることを忘れないようにしましょう。

そして、転職に求めるものを明確にして、時間をかけて希望に当てはまる会社を探していけば、必ずや満足のいく転職ができますよ。

引き続き、「一流ビジネスマンになれる方法」をご紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています

-転職, 面接・就活

Copyright© 一流のビジネスマンになれる方法【ビジネス知識・マナー・スキルアップ】 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.