ビジネスマナー 転職

退職を伝えるベストなタイミングと知っておきたい退職のマナー8選

投稿日:

退職を伝えるベストなタイミングと知っておきたい退職のマナー8選昔に比べて転職のハードルが下がった今、会社に退職を伝える人が増えています。

ですが、退職を伝えるタイミングや伝える時の振る舞いを間違えた結果、会社に大きな迷惑をかけるばかりか、その後の転職活動や人間関係にまで悪い影響を与えてしまった人が少なくありません。

そこでここでは、退職を伝えるベストなタイミングと知っておきたいマナーについてご紹介します。

 

1.転職のタイミングを間違えた時に起きるリスク

退職を伝えるベストなタイミングと知っておきたい退職のマナー8選初めに知っておいていただきたいのは、退職のタイミングを間違えるとどのようなことが待っているのかということです。

最も重大なことは、次の仕事先が決まらずにキャリアに隙間ができてしまい、その後の就職や出世に影響が出てしまうことです。

これは、季節的な要因だけではなく自分のキャリアの中においてどのタイミングで退職するのかも考える必要があります。

そして、それを考えた時に本当に今、退職をした方がよいのかを考え直さなければいけないこともあるでしょう。

また、収入面で負担がかかってしまうこともあるでしょう。

特に給料日によっては2か月近く収入が途絶えてしまう可能性もあります。

ですから、それを耐えられる状況になってから退職することも大切です。

退職には様々なリスクが含まれていますから、しっかりと考えてから決断することが重要です。

 

2.退職を伝えるのにおすすめできるタイミング5選

退職を伝えるベストなタイミングと知っておきたい退職のマナー8選会社を辞めたいと思っても、思い立ってすぐに退職をしてしまうと後になって後悔することがよくあります。

いつ、どのように退職をするのかは、その後の人生をも左右する非常に重要な選択です。

そこでここでは、自分にメリットが大きいおすすめの退職を伝えるタイミングについてご紹介します。

 

①ボーナスをもらった後

退職を伝えるベストなタイミングと知っておきたい退職のマナー8選まずはボーナスをもらった後がおすすめのタイミングです。

スポンサーリンク

仮に退職後に転職をする場合でも、ボーナスをもらった後であれば一時の生活資金に充てることができますので、余裕をもって毎日を過ごせます。

ただし注意をしなければいけないのが、退職を伝えるタイミングが早すぎるとボーナスをもらえない恐れがあるということです。

また、基本的にボーナスは査定月の最終日に所属しているという条件が付いている場合が多くありますから、早く伝えすぎてボーナスをもらえないということのないように気を付けてくださいね。

 

②転職先が決まった後

退職を伝えるベストなタイミングと知っておきたい退職のマナー8選転職活動をするタイミングについて、先に転職先を決めてから退職を伝えたほうがいいのか、もしくは先に退職をしてから転職活動をした方がいいのかで意見が分かれるところですが、基本的には先に転職先を決めたほうがよいと言えます。

なぜなら、転職先が決まる前に退職をしてしまうと転職活動に余裕がなくなり、不利な条件で転職することになってしまうからです。

ですから、一定期間の休息期間を設ける場合を除いて、退職するのは転職先が決まってからがベストのタイミングと言えます。

また、どうしても会社に所属しながらだと面接の時間が取れない場合は、書類の準備を終え、複数の会社に応募を始めたタイミングで退職の意向を伝えると良いでしょう。

 

③後輩が育ってきた頃

退職を伝えるベストなタイミングと知っておきたい退職のマナー8選社会人として、退職をする際に考えなければいけないのが業務の引継ぎです。

基本的には、一人が抜けても業務が回るように周りがフォローする体制ができていると思いますが、それでも他の人にかかる負担は増えますし、習熟度には差があるものです。

ですから、あなたの後を引き継ぐ後輩が順調に成長し、ある程度の業務を覚えて習熟度も上がってきたタイミングであれば、会社もスムーズに退職を受け入れてくれるでしょう。

逆にあなたが取り組んでいる業務を引き継ぐ人が育っていないと、辞めるにやめられなくなってしまいます。

ですから、退職を検討し始めた頃から少しずつ後輩の育成にも力を入れていくと良いでしょう。

 

④年明け、もしくは夏に入る前

退職を伝えるベストなタイミングと知っておきたい退職のマナー8選退職後に転職活動を行う場合、退職のタイミングは年明けか夏に入る前がおすすめです。

基本的に求人数は時期によって差があり、特に新年度を迎える前の1~3月と、夏のボーナスをもらった他後にあたる9~10月が一年の中でも特に多い時期にあたります。

ですから、そのタイミングで転職活動を行えれば迅速に次の会社を見つけられるのです。

もし、すぐに転職活動に取り組むつもりがない場合でも、いつ頃なら転職しやすいかを逆算して計画を立てておくと、不安なく休暇を取れるでしょう。

 

⑤入社から3年がたったタイミング

退職を伝えるベストなタイミングと知っておきたい退職のマナー8選最後は、入社から3年が経過したタイミングです。

一つの会社に3年勤めていれば転職の際に一定の評価を得られますし、仕事の内容や業界の知識もついてくる頃なので、転職で会社を選ぶ際に正しい物差しで会社を判断できるようになります。

スポンサーリンク

また、面接においても的確な質問ができますし、それによって応募した企業にどの程度のスキルがあるのかということも理解できるようになります。

これによって企業とミスマッチするリスクを減らせますので、より納得して転職できるようになります。

3年以上同じ会社にいるということは、長く勤務したという実績以外にもこうしたメリットがもたらされますので、もし悩んでいる場合は参考にしてみてください。

 

3.最後まで間を抜かずに振る舞いたい、退職時のマナー3選

退職を伝えるベストなタイミングと知っておきたい退職のマナー8選退職時の振る舞いには、その人の品位があらわれます。

立つ鳥跡を濁さずと言いますが、ことを荒立てずに退職をできる人は辞めた後も大切にされますし、そうした振る舞いができる人は別の会社に行っても評価されやすくなります。

ですから、最低限知っておくべきマナーは身に着けておくようにしましょう。

ここでは、退職時のマナーについてご紹介します。

 

①退職を伝えるのは退職予定日の一か月前が一般的

退職を伝えるベストなタイミングと知っておきたい退職のマナー8選まずは、退職を伝えるタイミングについてですが、法律上は2週間前に伝えれば問題ありません。

ですが、基本的には1か月前から2か月前に伝えるようにすると、その間で引継ぎ等の準備ができるので、会社にかかる負担を少なくできます。

また、いきなり退職届を出すのではなく、一旦上司に相談という体をとると良いでしょう。

退職は、直属の上司の一存で受理できるわけではなく、人事部長や社長と相談の上で話が進んでいきます。

ですから、退職届を出してすぐに辞められると思っていると上司や会社に迷惑がかかってしまいますし、あなたが想定している以上に時間がかかって次の会社にも迷惑が掛かってしまう恐れがあります。

そうなると、あなたも転職した後で苦労しかねませんから、退職までの期間は余裕をもって想定しておくとよいでしょう。

このように、退職には手順と流れがあることを覚えておくとよいでしょう。

 

②退職の意向を同僚や上司の上司に先に伝えるのは避けましょう

退職を伝えるベストなタイミングと知っておきたい退職のマナー8選続いて紹介するのは、周囲に退職を伝えるタイミングについてです。

ここで絶対に避けなければいけないのが、上司よりも先に上司の上司に話をしてしまうことです。

これは大きなマナー違反で、上司の評価を下げてしまうことはもちろん、相談を受けた方も慎重に対応しなければいけなくなるため、迷惑をかけてしまいます。

スポンサーリンク

また、退職の意向を周囲に伝えることは組織としての士気を下げてしまいかねませんので、あまりいい評価はされません。

会社を辞める側は、もう会社に関わらなくなるので関係ないと思われるかもしれませんが、残る人たちがいるということ、そしてあなたが辞める事でどのようなことが影響するかを考えて退職日を迎えるのが、節度がある対応と言えます。

 

③お世話になった人には必ず会ってあいさつをしましょう

退職を伝えるベストなタイミングと知っておきたい退職のマナー8選最後は、退職日にはお世話になった人に必ず会って挨拶をすることです。

近年はメールやSNSが発達していますから、それらのやり取りで済ませる人も増えてきているようです。

ですが、苦手な人も含めて共に仕事をした人や仕事を教えてもらった人には、時間をかけてでも挨拶に行くようにしましょう。

そのタイミングは本音を聞けるタイミングでもありますので、思わぬアドバイスをもらえたり、退職後に協力を得られたりします。

人とのつながりは、いつか思わぬところであなたの助けになることがありますから、それを忘れずに最後までコミュニケーションを大事にしてくださいね。

 

まとめ

退職をする際には、退職後の仕事や生活をどうするかを事前に考える計画性や、自分が去った後の会社を考えるマネジメント力、そして周囲の人への立ち居振る舞いなど、実は仕事の能力にも直結する考え方が必要です。

また、もう会うことはないと考えた時にどのような振る舞いをするのかで、その人の本当の人柄や本音が見て取れます。

そのタイミングで評価を落とす振る舞いしかできないとどの会社に行っても活躍は難しくなりますから、今回ご紹介したことを参考にして、凛として品のある退職を心がけるようにして下さいね。


他にこんな記事も読まれています

-ビジネスマナー, 転職

Copyright© 一流のビジネスマンになれる方法【ビジネス知識・マナー・スキルアップ】 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.