面接・就活

バイトの面接に着る服装はマナーが重要!服選びの重要ポイント 6選

投稿日:

バイトの面接に着る服装はマナーが重要!服選びの重要ポイント 6選バイトの面接に臨む場合、私服で面接する場合が多くありますが、私服は選択肢が多い分だけどのような服装にすれば悩んでしまいますよね?

ですが、服装によって評価が上がることもあれば下がることもあります。

そこでここでは、バイトの面接に着ていく服装を選ぶときの重要なポイントをご紹介します。

 

1.バイトの面接に着ていく服装で判断されるポイント3選

バイトの面接に着る服装はマナーが重要!服選びの重要ポイント 6選スーツを着ていけばよい就職の面接に比べて、バイトの面接は自由度が高い分だけどのような服装で行けばよいのか悩むところですよね?

そこでまずは、担当者は面接時の服装についてどのような点をチェックするのかをご紹介します。

 

①会社の雰囲気やイメージとマッチしているかどうか

バイトの面接に着る服装はマナーが重要!服選びの重要ポイント 6選まず初めは、自社の雰囲気や会社のイメージとマッチしているかどうかです。

例えば、アパレル業界に応募するのに違うブランドやあまりに地味な服装をしていると、適切なアドバイスができるのか面接官としては不安になりますし、逆に飲食店のホールに応募するときに派手すぎる格好だと、接客をする時にも派手な格好をお客さんに不快な思いをさせないか不安になります。

ですから、バイトの面接に合格した後でどのような仕事をするのかを考え、業務内容にあった服装だと判断してもらえるような服装で行くことが大切です。

 

②最低限のマナーを持っている人なのかどうか

バイトの面接に着る服装はマナーが重要!服選びの重要ポイント 6選次に見られるのが、マナーを持った人なのかどうかです。

私服で面接に臨む場合は特に、おしゃれに気を使う人が多いでしょう。

ですが過度におしゃれをしていると、仕事よりもおしゃれやプライベートを重視して、ドタキャンをしたり真面目に仕事をしないのではないかと不安になったりする場合があります。

基本的に、服装によって大きく評価を下げることはありますが、大きく評価を上げることはありません。

何故なら、服装は一般常識の範囲であり、大きくアピールできることは無いからです。

そうした意味も含めて、常識から外れない最低限のマナーを持って面接に臨めているかを判断されています。

 

③清潔感がある人なのかどうか

バイトの面接に着る服装はマナーが重要!服選びの重要ポイント 6選最後は、清潔感がある人なのかどうかです。

スポンサーリンク

接客業はもちろん、オフィスワークや工場勤務などでも、組織として仕事をすることから、清潔感があって気持ちよく働ける人を採用したいと考えています。

ですから、不必要に露出度が高い服装をしたり、ふけや汚れがついたりした服装は避けるようにしましょう。

 

2.面接で評価を落とさない基本的な服装3選

バイトの面接に着る服装はマナーが重要!服選びの重要ポイント 6選面接官が服装を通してどのような観点を見ているのかが理解できたら、実際にどのような服装で臨めばよいのかをご紹介します

考えるべきは、服装で評価を上げるのではなく評価を下げない服装を選ぶようにしましょう。

ここでは、そうした面接で評価を落とさないための服装をご紹介します。

 

①上半身は無地のシャツやポロシャツが無難

バイトの面接に着る服装はマナーが重要!服選びの重要ポイント 6選まずは上半身ですが、無地のシャツやブラウス、ポロシャツなどを選ぶと良いでしょう。

Tシャツは避けた方がよいですが、もし着ていく場合にもキャラクターや過度なデザインが入った服装は避けるようにしましょう。

全体を通して言えることは、面接の場でアピールすべきなのはおしゃれさではなく人柄や熱意です。

ですから、少し地味かなと思えるくらいの服装を選ぶように心がけると、結果的にちょうどよい服装になります。

 

②下半身はチノパンや大人しいスカートで落ち着いた雰囲気を出す

バイトの面接に着る服装はマナーが重要!服選びの重要ポイント 6選続いて下半身は、チノパンや短すぎないスカートで落ち着いた雰囲気を出すように心がけましょう。

ジーンズは業界によっては問題ない場合もありますが、あえてジーンズにするよりはチノパンを選択した方が無難です。

またジーンズを選ぶ場合にも、ダメージジーンズは評価を下げてしまいますから注意が必要ですし、スカートをはく場合は短いスカートやデニムを避けて選ぶようにしましょう。

また、時期によっては長いと暑くて辛いこともありますが、できるだけ面接のときは我慢して履くようにしましょう。

接客などでは専用のズボンが用意されていることもありますし、面接に受かった後はハーフパンツなどでも構いませんが、面接の時には長い方が無難と言えます。

 

③足元はスニーカーやパンプスできれいにまとめる

バイトの面接に着る服装はマナーが重要!服選びの重要ポイント 6選足元は、スニーカーやパンプスが良いでしょう。

素足が見えるサンダルは仕事には適さないとみられやすいので、避けた方がよいと言えますし、ヒールの高い靴も避けましょう。

大切なのは、仕事に適した靴なのかを考え、選ぶことです。

 

3.服装以外にも髪型や香水には気を付けましょう

バイトの面接に着る服装はマナーが重要!服選びの重要ポイント 6選ここまでは服装に関してまとめて参りましたが、面接では服装以外にも注意をしなければいけないことがあります。

スポンサーリンク

それが髪型や髪の色、香水、そしてアクセサリーです。

例えば髪型は、ヘアワックスやジェルを大量に使ってがちがちに固めた髪型や強めに巻いた髪は接客業ではもちろんのこと、オフィスワークや工場でも周囲の人と馴染めなくなってしまう可能性があります。

そうなると居心地が悪くなって再度別の会社で面接を受けなければいけなくなってしまうので、今のうちから会社で働くことを意識した髪型にしておくとよいでしょう。

また、髪の色も気を付けて起きたいところで、あまりに明るすぎる色は会社では敬遠されがちです。

真っ黒にする必要はありませんが、少し茶色がかっているくらいの色合いにとどめておきましょう。

香水のつけすぎも注意が必要です。

香水は、同じ香りでも人によっていいと思う人と嫌だと思う人に分かれるものです。

ですから、つけたとしてもワンプッシュかツープッシュ程度にとどめ、きつくならない様に気を付けましょう。

最後は指輪やネックレスなどのアクセサリーですが、これらは面接時には外しておきましょう。

仕事をする時には、こうしたアクセサリーはマナー違反と見られることが多いものです。

もちろんアパレルは別ですし、オフィスワークなどでさりげなく身につける程度であれば、それは問題ありません。

ですが、面接時は外しておくと少なくともマイナス評価をもらうことはありませんので、外しておくとよいでしょう。

 

まとめ

今回は私服で面接に臨む場合に着ていく服装をご紹介しましたが、スーツで面接する場合もあるでしょう。

その場合にも、無理に着飾ることなく落ち着いた服装を選べば、悪い評価になることはありません。

バイトの面接で着ていく服装は、ポイントさえ押さえておけば大きく悩むことなく選べるはずです。

どちらかといえば、選択に悩むというよりもいつもより質素な服装をしなければいけない状況に、自分の気持ちを抑えられるかどうかが大切です。

ですが、大切なことはおしゃれな格好で面接に臨むことよりも面接をクリアしてその会社に入社することのはずです。

スポンサーリンク

そうした優先順位を間違えることなく落ち着いて選べれば、面接を乗り越えられますよ。

引き続き、「一流ビジネスマンになれる方法」をご紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています

-面接・就活

Copyright© 一流のビジネスマンになれる方法【ビジネス知識・マナー・スキルアップ】 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.