面接・就活

面接のカバンはシンプルさが大切!面接で好印象のカバンと持ち物5選

投稿日:

面接のカバンはシンプルさが大切!面接で好印象のカバンと持ち物5選面接に行く時は、カバンを持っていくのがマナーです。

何も持たずに行くと面接をうける準備ができていないと取られる場合がありますし、もし資料などを渡された時にそのまま持ち歩くことになってしまいます。

ですが、持っていくカバンによっては面接官の評価を下げる場合がありますし、用意していないと評価を下げかねない持ち物があります。

ここでは、面接で好印象のカバンと持ち物5選についてご紹介します。

 

1.持っていくべきカバンの種類とNGなカバン

面接のカバンはシンプルさが大切!面接で好印象のカバンと持ち物5選持っていくカバンは、就職で使うのかバイトで使うのかで異なります。

まずは、状況に合わせた、持って行くべきカバンと持って行ってはいけないカバンについてご紹介します。

 

①就職や転職の面接ならビジネスカバン以外は絶対NG

面接のカバンはシンプルさが大切!面接で好印象のカバンと持ち物5選就職や転職の面接に行くのであれば、カバンはビジネスカバンの一択です。

最近はリュックで出金する人も増えてきましたが、面接に行く時は初めて取引先に行く時と同じですから、ビジネスカバンを持って面接に臨むのがマナーと言えます。

また、ビジネスバックにも、様々な種類があります。

素材でいえば皮やナイロン、そして合皮素材というのがありますし、デザインをとっても一般的なビジネストートバックやブリーフケースの他にも、角ばったアタッシュケースや開口部が口金式になっているダレスバッグなど、様々です。

それらは全てビジネスカバンに該当しますが、面接ではブリーフケースが無難と言えるでしょう。

トートバッグタイプも一般的ではありますが、少しカジュアルに寄ってしまうので、相対的にはブリーフケースが良いと言えます。

また、地面に置くときにカバンの形が潰れてしまわない様に型がしっかりしているカバンを選ぶことも重要です。

もしビジネスカバンを持っていないのであれば、安いカバンでも構いませんから購入してから臨むようにしましょう。

 

②バイトの面接ならトートバックや手提げカバンでもOK

面接のカバンはシンプルさが大切!面接で好印象のカバンと持ち物5選もしバイトの面接に臨むのであればカバンはビジネスバックでなくても構いません。

スポンサーリンク

スーツで面接に行く場合はビジネスカバンの方が望ましいですが、カジュアルで行くのであればトートバックやリュックなどでもよいでしょう。

ですが、その場合でも入室時には手に持って入るのが適切です。

 

2.カバンに入れておきたい持ち物3選

面接のカバンはシンプルさが大切!面接で好印象のカバンと持ち物5選せっかくカバンを持って行っても、中身が空っぽでは意味がありません。

また、面接に当たって事前に準備しておきたいものもあります。

ここでは、面接に臨むにあたってカバンの中に入れておきたい持ち物をご紹介します。

 

①持ち物の基本、筆記用具とメモ帳

面接のカバンはシンプルさが大切!面接で好印象のカバンと持ち物5選まずは、基本とも言える筆記用具とメモ帳です。

面接の中でメモを取る場合がありますし、場合によっては書類やアンケートに記入することもあります。

そうした時に筆記用具やメモ帳を出せないと、準備が悪いと判断されてよい印象を与えられません。

また、面接に限らず社会人としてメモ帳と筆記用具を持ち歩くことは基本のマナーと捉えて、日々持ち歩くようにしましょう。

 

②書類を挟むクリアホルダー

面接のカバンはシンプルさが大切!面接で好印象のカバンと持ち物5選面接の際には、書類を渡されることがあります。

それをカバンの中にそのまま入れてしまうと、しわができたり汚れてしまって後で使えなくなったりしてしまう恐れがありますから、クリアホルダーもカバンに入れておきたい持ち物です。

また、カバンにしまう時には迅速にしまう必要がありますから、ルーズリーフタイプのクリアファイルなどは避けるようにしましょう。

 

③汗や水を拭けるハンカチ

面接のカバンはシンプルさが大切!面接で好印象のカバンと持ち物5選最後はハンカチです。

特に夏場は、面接会場に汗だくで入ると失礼になってしまいますから、事前に汗をぬぐって入室できるようにハンカチを準備しておきましょう。

また、トイレに行く時などにも、洗った手を拭いたり、手を洗っている時に衣類に水がはねてしまったりした時には、ハンカチですぐに拭く必要がありますから、やはりカバンの中に入れて起きたい持ち物の一つです。

 

3.カバンから分かる応募者の性格や仕事への熱意3選

面接のカバンはシンプルさが大切!面接で好印象のカバンと持ち物5選何気なく使っているカバンですが、実は面接官にとってよい判断材料になります。

どのようなカバンを持っているか、そしてどのように扱っているのかを見ることで人柄を見られるからです。

その中には良い悪いを判断する材料になるものもあれば、単純に性格を知るものもあります。

スポンサーリンク

逆に言えば、それを踏まえてカバンを準備すれば思ったような印象を与えられます。

ここでは、カバンから分かる応募者の性格や仕事への熱意についてご紹介します。

 

①必要最低限のビジネスマナーを持っているが分かる

面接のカバンはシンプルさが大切!面接で好印象のカバンと持ち物5選まずは最低限のマナーを持っているかが分かります。

就職や転職の面接であればビジネスカバンが基本ですから、その基本的なマナーを理解できているかが分かりますし、アクセサリーをつけていたりボロボロになっていたりすると、それも仕事の意識が足りていないという印象を与えがちです。

 

面接では、仕事に対して真摯な人なのか、既存のスタッフに溶け込めるのか、そして、仕事で成果を出せる人なのかということを見られますから、持ち物でマイナス評価が付かない様に注意しましょう。

 

②堅実タイプか遊び心を交えるタイプなのかが分かる

面接のカバンはシンプルさが大切!面接で好印象のカバンと持ち物5選ビジネスカバンにも様々なデザインがありますから、その中からどのようなタイプを選ぶかによっても、人柄や性格が見えてきます。

例えば黒色の合皮素材を使った無地のブリーフケースであれば、非常に無難なタイプのカバンですから堅実な印象を与えますし、ナイロンの素材や、濃紺か焦げ茶の色を使用している場合は、少し余裕が生まれて、持ち物にもおしゃれや遊び心を入れられることが分かります。

ただし、これはご自身の年齢や職業によっても使い分けたほうがいいと言えます。

例えば就職活動で黒以外を使っていると面接官によってはあまりいい印象を与えない場合がありますし、営業職でデザイン性が強いカバンだと、それも客先に行くには適さないと思われてしまう場合があります。

ですから、TPOを踏まえてカバンを選ぶことが重要です。

 

③きめ細やかな気遣いができるタイプなのかが分かる

面接のカバンはシンプルさが大切!面接で好印象のカバンと持ち物5選日頃カバンを持ち歩いていると、少しずつ痛んできたり汚れてきたりします。

ですから、そうした手入れができているか、物を大切に扱えているかがカバンから分かりますし、その点では、革靴の手入れが行き届いているかに通じるものがあると言えます。

そうした細かいところまで気配りができると、好印象を与えられます。

 

まとめ

面接に持って行くカバンや持ち物にどんなに気を使ったとしても、時にはそれが相手に全く伝わらないこともあるでしょう。

ですが、だからといって全く準備をしないと、必ずマイナス評価をつけられてしまう時がきます。

それは避けられる減点材料ですし、準備をしたからといってマイナス評価になることはありませんから、今回ご紹介したことを参考にして、ぜひ合格を勝ち取ってくださいね。

引き続き、「一流ビジネスマンになれる方法」をご紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています

-面接・就活

Copyright© 一流のビジネスマンになれる方法【ビジネス知識・マナー・スキルアップ】 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.