ビジネスマナー 人間関係

上司へのプレゼントの知られざる礼儀!本当に贈るべきプレゼント5選

投稿日:

上司へのプレゼントの知られざる礼儀!本当に贈るべきプレゼント5選誕生日や栄転、異動などで上司にプレゼントを渡す機会は突然やってきます。

ですが、同僚以上に上司へのプレゼントは気を使うもの、そして選ぶのに迷ってしまうものですよね?

また、同僚や部下にはよくても上司には送ってはいけないプレゼントもあります。

そこでここでは、上司へプレゼントする時の知られざる礼儀と本当に贈るべきプレゼントをご紹介します。

 

1.実は失礼になっている?上司へのプレゼントを選ぶ時に知っておきたいマナー

上司へのプレゼントの知られざる礼儀!本当に贈るべきプレゼント5選相手に喜んでもらいたい一心で選んだプレゼントも、相手が上司だと知らず知らずのうちに失礼になっている場合があります。

そこで、おすすめのプレゼントをご紹介する前に選ばないほうがよいプレゼントについてご紹介します。

  • ボールペンなどの文房具類
  • ハンカチ
  • 靴下や靴

これらはプレゼントとして定番の品でもありますのでつい選びたくなりますが、実は上司に送る場合ですと失礼に当たってしまいます。

例えばボールペンは、「もっと勉強してください」というメッセージが込められていると思われてしまう場合がありますし、ハンカチは漢字で書くと手巾となるのですが、この漢字は別に「てぎれ」と読めることから、これで縁を切るというメッセージになってしまうことがあります。

また、靴下や靴は相手を踏みつけるという意味が込められてしまいますから、あまりいい贈り物とは言えません。

このように、上司にプレゼントするときにはそのプレゼントの裏側に込められてしまう意味を踏まえて選ぶ必要があり、特にボールペンなどのビジネスグッズはプレゼントの定番商品として選ばれがちですが、気づかぬうちに失礼になってしまうことがあるので注意しましょう。

 

2.これなら間違いなし!男性上司がもらうとうれしいプレゼント5選

上司へのプレゼントの知られざる礼儀!本当に贈るべきプレゼント5選プレゼントにおけるマナーを考えていくと、意外と選択肢は狭まってしまいます。

ですが、その中でも喜ばれるものはありますから、ここでは上司へのプレゼントにおける気を付けたいマナーを踏まえたうえで、男性上司がもらうとうれしいプレゼントをご紹介していきます。

 

①ネクタイ

上司へのプレゼントの知られざる礼儀!本当に贈るべきプレゼント5選まずご紹介するのは、定番中の定番であるネクタイです。

男性にとってネクタイはいくつあってもうれしいものですし、よほど特徴的なネクタイでない限りプレゼントされて困るということもありません。

また、ネクタイは消耗品でもあるため、少し高めのネクタイはなかなか手を出しにくいのが現状です。

スポンサーリンク

ですから、プレゼントのタイミングでブランドものや少し質が高いネクタイをプレゼントされると、多くの男性は喜びます。

ただし、好みの色や柄には個人差がありますから、日ごろからどのようなネクタイをしているのかを観察して、本人が好きそうな色や柄をリサーチしておくとよいでしょう。

 

②ネクタイピン

上司へのプレゼントの知られざる礼儀!本当に贈るべきプレゼント5選続いて紹介するのはネクタイピンです。

ネクタイピンも、無難なデザインやブランドを選べば大きく外れることのないアイテムであり、日によって付け替えるものでもありますから、いくつあっても困ることはないアイテムです。

また、若い時はネクタイピンを付けることに抵抗を感じる人も少なくありませんが、年齢を重ねるほどに自然とつける機会が増えるものですから、年齢を重ねるほどに喜ばれるプレゼントと言えるでしょう。

なお、ネクタイピンはカフスボタンとセットで販売されていること多いですが、ネクタイピンに比べてカフスボタンはつける人が少ないものです。

ですが、男性であればカフスボタンに憧れを抱いている人も少なくありませんし、ネクタイピンだけ使うということもできますから、セットで買うとよいでしょう。

 

③マグカップやワイングラス

上司へのプレゼントの知られざる礼儀!本当に贈るべきプレゼント5選会社でも家でも使えるマグカップも、無難に選べるアイテムの一つです

デザインも豊富で生産地も海外含めて幅広くありますから、日本ではなかなか手に入らないマグカップなどを用意するとオリジナリティが高まって喜ばれることでしょう。

また、お酒が好きな人であればワインや日本酒のグラスもよいでしょう。

グラスも高級なものは一万円を超えますから、高価なものを選んでプレゼントすると、お酒好きな人にとっては非常にうれしい一品となるはずです。

このように、仕事だけではなくプライベートでも使えるアイテムも、選択肢に入れるとよいでしょう。

 

④日本酒やワインなどのアルコール

上司へのプレゼントの知られざる礼儀!本当に贈るべきプレゼント5選お酒が好きな上司であれば、日本酒やワインをプレゼントするのもよい選択肢と言えます。

特に、日ごろはなかなか手に入らないような珍しい銘柄を用意すると、お酒好きな人からすれば何にも代えがたいプレゼントになるはずです。

ただし、お酒も様々な種類があるので、選択を間違えるとあまり飲めないお酒を渡してしまうことになりかねませんから、事前に飲み会などを通じてどのようなお酒が好きなのかを調べておくことが大切です。

 

⑤寄せ書き

上司へのプレゼントの知られざる礼儀!本当に贈るべきプレゼント5選最後は、定番中の定番とも言える寄せ書きです。

プレゼントを渡すということは人と人とのつながりを強くしますが、一人ひとりの想いが込められた寄せ書きは特にそのつながりを強くします。

また上司からすると、一人一人の感謝の言葉が書かれた寄せ書きを見る瞬間は、それまで頑張ってきたことが報われる瞬間でもあります。

スポンサーリンク

なお、寄せ書きは単独で渡すのもよいですが、上記で紹介したプレゼントと組み合わせて用意すると、よりうれしさが倍増するものです。

手書きほど思いが伝わるものはありません。

ですから、上司へプレゼントを用意するときには寄せ書きを用意することを前提にすすめていくとよいでしょう。

 

3.日ごろから上司を観察しておきましょう

上司へのプレゼントの知られざる礼儀!本当に贈るべきプレゼント5選プレゼントを選ぶときに大切なことは、受け取る人の趣味や嗜好に合わせたアイテムを用意することです

そしてそのためには、日ごろから積極的にコミュニケーションをとり、その人の人となりを理解することが欠かせません。

プレゼントを渡すタイミングは、誕生日プレゼントなどあらかじめわかっているタイミングもありますが、突然に訪れるものです。

また、そうして相手を想ったプレゼントは巡り巡って自分にもお返しが来るものです。

ですから、積極的に人とコミュニケーションを図り、相手を思いやることを忘れずに日々を過ごすようにしましょう。

 

まとめ

上司にプレゼントを渡すときには、渡すシチュエーションによって堅実にいったほうが良いのか、それとも少し遊びを含ませてもよいのかを判断する必要があります。

また、失礼のないようなアイテムを選ぼうとすると選択肢が非常に狭くなってしまうものです。

ですが、大切なことは上司に対する感謝の気持ち、そして祝う気持ちを根底に持つことです。

それがあれば、どのようなプレゼントでも必ず上司に伝わることでしょう。

今回ご紹介した内容を参考に、ぜひ最高のプレゼントを用意してあげてくださいね。

引き続き、「一流ビジネスマンになれる方法」をご紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています

-ビジネスマナー, 人間関係

Copyright© 一流のビジネスマンになれる方法【ビジネス知識・マナー・スキルアップ】 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.