お金稼ぐ方法・副業

正社員・サラリーマンが副業で稼ぐために知るべき2種類の収入

投稿日:

正社員・サラリーマンが副業で稼ぐために知るべき2種類の収入不景気を脱したといわれる日本経済ですが、個人の生活で考えるとまだまだ実感がありませんよね?

また、将来的には人工知能の発達によって仕事が減っていくのではないかとも言われている今、副業に取り組んでできる限り貯えを増やしておきたいところです。

そこでここでは、正社員やサラリーマンが副業で稼ぐために知るべき2種類の収入についてご紹介します。

 

副業を始める前に知っておきたい収入を得る二つの種類とおすすめの方法

正社員・サラリーマンが副業で稼ぐために知るべき2種類の収入世の中には多くの収入を得る方法がありますが、それらは労働収入と不労所得の大きく二つに分類されるのをご存知でしょうか?

両者は全く異なる性質を持っており、副業を始める時はどちらに取り組んでいるのかを理解していないと後悔する可能性が高まってしまいますから、まずは特徴だけでも理解しておきましょう。

ここでは副業を始める前に知っておきたい収入を得るための二つの種類とおすすめの方法についてご紹介します。

 

①自分の手を動かして得る労働収入

正社員・サラリーマンが副業で稼ぐために知るべき2種類の収入まず初めは、労働収入についてです。

労働収入とはその名の通り、自分の手を動かして得る収入であり、自分の手が止まった瞬間に収入も止まります。

例えば、サラリーマンは労働収入です。

会社に勤めている間は労働の対価として収入が得られますが、離職したら収入は止まってしまいますよね?

また、フリーランスとしてクライアントから業務を委託され、成果物を納品している場合も労働収入です。

この場合も、労働時間の縛りはありませんが自分の時間を使って成果物を作り上げ、その対価として収入を得ていますので、労働収入です。

労働収入のメリットは、始めればすぐに収入を得られることで、デメリットは止めたらすぐに収入が止まることであり、そもそもとしてそのような仕組みになっています。

これまでサラリーマンとして働いてきた人にとっては当たり前だと思われるかもしれませんが、実はとても重要なことなので、次に紹介する不労所得と比較する時に必ず理解しておきたいことです。

 

②手を放しても収入が生まれる不労所得という仕組み

正社員・サラリーマンが副業で稼ぐために知るべき2種類の収入もう一つの収入の仕組みが、不労所得です。

スポンサーリンク

不労所得は収入が発生する仕組みから生まれる収入のことで、自分がどれだけ働いたかは収入に関りがほとんどありません。

例えば不動産収入は、不動産を所有し、賃貸という仕組みを用いることで収入を生み出しており、株やFXも配当やスワップ金利という仕組みを使って収入を生み出しています。

これらを生み出すために自分がどれだけ働いたかは関係がなく、大切なことはその仕組みを持っているという事実です。

労働収入と不労所得は、この仕組みに違いがあります。

不労所得のメリットは、自分が直接時間をかけなくても収入を得られることですが、デメリットは不労所得という仕組みを手に入れるために資金が必要であり、なおかつその仕組みが資金に見合った収入を生み出さない場合があることです。

また、ゼロから仕組みを構築しようとすると大きな労力が必要になり、かつその期間は労働に対して得られる収入が小さいことが挙げられます。

たとえば、不動産収入を得ようとしたら先に不動産を購入する必要がありますし、貸す相手がいなければその間は収入が得られません。

こうしたリスクをあらかじめ理解しておく必要があります。

 

③収入を得る仕組みを使う時の考え方

正社員・サラリーマンが副業で稼ぐために知るべき2種類の収入副業を考えている人は、すぐに手に入る収入か、または将来的に継続して生まれる収入か、どちらを手に入れたいのかを考えてから取り組むようにするとよいでしょう。

なお、不労所得の仕組みを手に入れるためには資金を用意するか、自ら構築する必要があるため、少なからず労力が必要です。

ですが、先にその労力をかけてしまえば若くして仕事を引退することが可能ですし、労働収入以上の収入を得やすいのでより充実した生活を送る可能性が高まります。

ただ、ここまで読んだ方は、不労所得を得るためには具体的にどのような仕組みがあってどのように作り出せばよいか、まだよくわからないという方も多いのではないでしょうか?

そこでここからは、サラリーマンとして働きながらできるアフィリエイトという不労所得の仕組みづくりについてご紹介します。

 

リスクなく不労所得を生み出せるアフィリエイトの仕組みと収入を得る流れ4選

正社員・サラリーマンが副業で稼ぐために知るべき2種類の収入不労所得して人気が高いのが、アフィリエイトです。

本格的に取り組めば年収1000万円をこえ、2000万円や3000万円を得ている人もいるほど、大きな可能性を秘めている収入の仕組みです。

そこまで行くには多大な労力と時間をかけて取り組む必要がありますが、そこまでいかなくても、継続的に月5万円ほどの収入を継続的に生み出せるのがアフィリエイトです。

ここではリスクなく不労所得を生み出せるアフィリエイトの仕組みについてご紹介します。

 

①アフィリエイトとは広告業である

正社員・サラリーマンが副業で稼ぐために知るべき2種類の収入まずはアフィリエイトの概要についてですが、基本的には広告業にあたります。

スポンサーリンク

事前に自分のサイトを作り、かつサイト内で紹介する商品を決めます。

そして、作ったサイトの中でその商品を紹介しつつ購入ページへのリンクを貼り、自分のサイト経由でその商品を購入した場合にその商品を販売する企業から成功報酬を得る、これがアフィリエイトの仕組みです。

ですから、アフィリエイトを始めるためには自分のサイトが必要になるのですが、一度サイトを作って多くの訪問者が訪れるようになって軌道にのれば、後は多少のメンテナンスをするだけで収入が生まれていきます。

しかもその収入は月に数万円から数十万円になることもあり、さらにサイトを増やしていけばその分だけ不労所得を増やせるのです。

 

②正社員として働いているならアフィリエイトがおすすめな理由

正社員・サラリーマンが副業で稼ぐために知るべき2種類の収入アフィリエイトをおすすめする理由は、なんといっても費用が掛からないことが挙げられます。

サイトは無料で開設できますし、記事の作成や商品の紹介は自分でつくれば費用は掛かりません。

記事の作成や紹介といっても、基本は文章を書くだけですので、慣れてくれば1~2時間で作れるようになります。

また、自分のサイトを知ってもらうのも、お金をかける方法はありますが、基本的にはgoogleやyahooといった検索エンジンの上位に表示されるようにページを作ることで無料で訪問者を増やせますから、費用はかかりません。

必要なのは自分が取り組む時間だけであり、懸念点は軌道に乗るまで収入につながりにくいことだけですから、正社員として安定的に収入を得られていればそれもリスクにはなりません。

不動産収入や株の配当などには、借りる人がいなかったり株価が下がったりするというリスクがあります。

それに比べるとリスクなく取り組める点から、初めはアフィリエイトで安定的に資金を生み出す仕組みを作り出すことがおすすめなのです。

 

③アフィリエイトの初め方と収入が生まれるまで

正社員・サラリーマンが副業で稼ぐために知るべき2種類の収入それでは、実際にアフィリエイトを始めるためにはどうすればよいかですが、まずはサイトの開設とアフィリエイトサービスプロバイダーの登録が必要です。

サイトの開設は、はてなブログやFCブログなどに登録すると無料で可能ですが、場合によっては意図せぬ広告が入ってしまう場合があります。

それを避けたいのであれば、有料にはなりますがムームードメインやお名前.comといったドメイン総合サービスで独自のドメインを取得し、ロリポップやエックスサーバーなどのレンタルサーバーを契約したうえで、ワードプレスなどのCMSと呼ばれるサービスを活用してサイトを開くことで、広告がないサイトを開けます。

なお、レンタルサーバーを借りる場合はサイトによりますが、安いのであれば月額数百円で借りられます。

サイト内に意図せぬ広告が表示されると、それだけで閲覧を嫌がる利用者もいますし、無料で初めてもいつかは独自ドメインを使ったサイトに移行する可能性が高いですから、初めから独自ドメインを取得して開設するのも良い手です。

また、アフィリエイトで収入を得るためにはサイトに多くのユーザーが訪れる必要がありますが、3か月から半年ほど毎日記事を書いていけば、少しずつ訪問者が訪れ、収入が上がっていく傾向にあります。

スポンサーリンク

ただし、これは記事の質やテーマにもよりますので、まずは実際に取り組みながら日々数字を追いかけていくようにするとよいでしょう。

また、記事によっては突然訪問数が増える場合もあります。

そうなると一気に収入が増えますから、毎日コツコツと記事をためていくことが重要です。

 

④アフィリエイトを行うにあたって必須のスキル

正社員・サラリーマンが副業で稼ぐために知るべき2種類の収入アフィリエイトで収入を増やしていくためには、以下のようなスキルが必要になります。

  • ライティングスキル
  • SEOの知識
  • HTMLやCSSの知識
  • 画像制作の知識

記事を作成するためにはライティングスキルが必須ですが、読み手が読みたいと思ってもらえるような書き方、また、読んでよかったと思ってもらえる情報を入れるためには、少なからず経験と知識が必要です。

次のSEOとはSearch Engine Optimizationの略で、googleやyahooなどの検索エンジンの上位に表示されるようにするための取り組みを指します。

検索エンジンの上位に表示されるためには、検索エンジンに上位へ表示させる価値があると認識してもらう必要があり、そのためにページを作るときに意識しなければいけないことがあります。

それは文章の書き方であり、ページの裏側で書かれているHTMLやCSSなどの記述方法などです。

また、見た目が美しいサイトであればまた見に来てもいいと思ってもらいやすくなるので、画像制作の知識も身に着けていく必要があります。

ただし、これらは他のサイトで調べながら取り組むことで身に着けられる知識でもあります。

ですから、その意味では何事にも興味を持って調べていくスキルこそ最も重要なスキルと言えます。

これらを身に着けて3か月、半年、1年と辛抱強く取り組んでいけば、必ずや不労所得を生み出していけることでしょう。

 

まとめ

不労所得は、本格的に取り組めばそれだけで今、得ている労働収入の倍の収入を得られるくらい強力な仕組みを持っています。

もちろんすぐに構築できるものではありませんが、今回紹介したアフィリエイトならリスクはほとんど無いので、副業を考えているのであれば一度はチャレンジしたい取り組みです。

また、不労所得を構築するということは自分のビジネスを構築するということでもありますから、そこから得られる知識はサラリーマンとしての仕事にも活かせる重要な知識です。

ですから、ぜひ積極的にチャレンジしていきましょう。


他にこんな記事も読まれています

-お金稼ぐ方法・副業

Copyright© 一流のビジネスマンになれる方法【ビジネス知識・マナー・スキルアップ】 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.