仕事・バイト

アルバイトに応募する電話のかけ方講座!会話で意識するポイント5つ

投稿日:

アルバイトに応募する電話のかけ方講座!会話で意識するポイント5つアルバイトに応募すると、電話で連絡を取り合う機会が必ず訪れます。

そのような時に、あなたは落ち着いて会話ができるでしょうか?

また、落ち着いて話をするために多くの人が意識していることを知っているでしょうか?

ここでは、アルバイトに応募する時の電話のかけ方や意識をすることをご紹介します。

 

1.アルバイトの面接は電話のタイミングから始まっていることを知る

アルバイトに応募する電話のかけ方講座!会話で意識するポイント5つアルバイトを始めるためには面接をクリアしなればいけませんが、その面接は応募の電話を掛けた時から始まっていることを知っておきましょう。

日ごろからたくさんの人と会い、面接をしている担当者は、話し方や声の感じからでも相手の人柄を感じ取れるものです。

また、電話対応の時点で最低限のマナーを理解しているかどうかもわかりますから、それ次第ではマイナス評価で面接が始まってしまうことすらあります。

ですから、電話を掛けた時点から面接が始まっていると思って、好印象を与えられる、または最低でも評価を落とさない電話対応を身に着けていく必要があります。

 

2.話す内容は事前にメモをしておく

アルバイトに応募する電話のかけ方講座!会話で意識するポイント5つ電話をする前に必ず準備しておきたいことが具体的な内容とメモの準備です。

よほど電話や初対面の人との会話に慣れている人でない限り、見知らぬところへ電話をするのは緊張するものです。

そして緊張してしまうと、自分で想像している以上に言葉に詰まったり話すことが抜けてしまったりして、伝えたいことが伝えられなかったり相手に悪印象を与えてしまったりすることがあります。

それを回避するためには事前に話す内容を整理しておくこと、そして実際に電話する時には視界に入る場所にそれをまとめたメモを置いておくことが大切です。

これは、社会に出てビジネスマンとして働く人も実践するような基本的で大切なことです。

こうした取り組みは早めに身に着けておくと、社会で活躍する時に活かされますから、ぜひ取り組んでいきましょう。

 

3.相手の時間がすいている時間を狙って電話をする

アルバイトに応募する電話のかけ方講座!会話で意識するポイント5つ電話をかける際、初めに意識をしておきたいのはその時間です。

スポンサーリンク

仕事には、忙しい時間帯や曜日というのがあります。

例えば、コンビニであれば通勤通学の時間帯は忙しいですし、飲食店などはお昼や土日祝日が忙しくなるでしょう。

また、オフィスワークだったとしても午前中は会議や時間に追われながらの仕事になりやすく、お昼の時間は休憩に行ってしまいます。

このように相手の事情を踏まえてアプローチする時間を決めることが大切であり、逆に飲食店などは忙しい時間帯にかけてしまうと常識が分かっていないと悪い印象を与えてしまう場合すらありますから、必ず意識するようにしましょう。

 

4.好印象を与える話し方のポイント3選

アルバイトに応募する電話のかけ方講座!会話で意識するポイント5つ事前に準備ができていれば、いきなり電話をするよりもスムーズに話ができるようになりますが、実際に会話をするためにはそれだけでは足りません。

どのような口調で話すかによって相手に与える印象は異なりますし、それは意識をするだけで変わるものです。

ここでは、実際に電話越しに話をするときに気を付けたいこと、意識をしたいことをご紹介します。

 

①明るくゆっくりと話すことが基本

アルバイトに応募する電話のかけ方講座!会話で意識するポイント5つまずは、意識したいのは声の質についてです。

声の高さは生まれ持ったものですから変わりませんが、その明るさは話し方で変えられます。

特に電話越しでは声がくぐもって聞こえやすいですから、意識的に明るい声を意識しないと、何を言っているのかよくわからない声になってしまいます。

そのためにも、しっかりとお腹に力を入れて声を出すようにしましょう。

また、緊張すると人は早口になる傾向にありますから、意識的にゆっくりと言葉を紡ぐことも重要です。

声を出す仕事といえばアナウンサーや声優という職業がありますが、こうした職業についている人が話すスピードに合わせて自分も声を出してみると、想像以上にゆっくりと話していることに驚くはずです。

相手が聞き取りやすい話し方をするためには、明るく、ゆっくりと話すことが大切です。

 

②語尾が相手に与える印象を決める

アルバイトに応募する電話のかけ方講座!会話で意識するポイント5つ相手に与える印象は、語尾に意識を向けると大きく変わります。

例えば、語尾がしぼんでいくように話をすると相手に弱々しい印象を与えてしまいますし、語尾が伸びたり「っす」という言葉で終わったりすると、幼稚な印象を与えてしまいます。

逆に、語尾をしっかりと止めて少しトーンを下げることを意識すると落ち着いた雰囲気に変わり、好印象を与えられます。

 

③顔を上げて話すようにすると伸びのある声になる

アルバイトに応募する電話のかけ方講座!会話で意識するポイント5つ最後はちょっとしたテクニックですが、電話では話をするときには顔を上げて話をするとよいでしょう。

スポンサーリンク

顔が下を向いたまま会話をすると、低くてくぐもった声になってしまいがちです。

落ち着きや安心感がある声を出したいときにはこれでもいいのですが、電話越しに会話をするときには逆効果です。

電話で話をする時には、顔をあげてまっすぐ正面か少し上を見るくらいがちょうどいいものです。

こうすることで聞き取りやすい声が出せるようになりますから、ぜひ心がけてくださいね。

話し方は、慣れも大事ですが、ポイントをおさえるだけでも大きく印象が変わるものです。

ここで紹介したテクニックを使いながら、よい印象を与える話し方をマスターしましょう。

 

5.内容に間違いがないかを確認する

アルバイトに応募する電話のかけ方講座!会話で意識するポイント5つアルバイトに応募して面接に臨む際、やってはいけないのが時間に遅れたり日にちを間違えたりすることです。

相手も忙しい時間の合間を縫って会う時間を作ってくれているのですから、こちらのミスや勘違いでその時間をつぶしてしまうのは非常に失礼です。

そこで意識をしたいのが、電話でアルバイトの申し込みをした時には最後に面接の日時を確認するというワンステップを入れる、ということです。

電話越しですと、思わぬ聞き間違いや認識のずれが生まれやすいものです。

だからこそ、話が終わったら最後に確認をしてお互いに間違いがないこと確認するステップを入れることで、そのずれが生じる可能性を減らすのです。

これも社会人になったら必ず行うことですから、電話をするときには心がけるようにしましょう。

 

まとめ

アルバイトの応募する時に限らず、社会にでても電話をする機会は数多くあるでしょう。

そのようなときに落ち着いて話ができるようになると、それだけで相手が持つ印象はよくなるものです。

今回紹介した心がけは、そうした相手に与える印象をよくするために意識したいことの中でも基本的なことであり、かつ重要なことですから、必ず身に着けるようにしましょう。

そして、希望のアルバイト先で仕事ができるように頑張ってくださいね。


他にこんな記事も読まれています

-仕事・バイト

Copyright© 一流のビジネスマンになれる方法【ビジネス知識・マナー・スキルアップ】 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.