人間関係 仕事・バイト

子育てと仕事は法律で賢く両立!知っておきたい育児休業法の知識5選

投稿日:

子育てと仕事は法律で賢く両立!知っておきたい育児休業法の知識5選子育てと仕事を両立させるのは非常に大変なことですが、その負担を減らすために制定された育児・介護休業法という法律を、あなたはご存知でしょうか?

その内容を知っているだけでもいざという時の助けになったり、これから応募する企業を選ぶ際の基準になったりします。

ここでは、子育てと仕事の両立する為に知っておきたい育児休業法とその知識についてご紹介します。

 

1.育児・介護休業法で定められている子育て制度と注意点

子育てと仕事は法律で賢く両立!知っておきたい育児休業法の知識5選育児休業法とは1991年に初めて制定された育児をする労働者のための法律で、近年盛んに改正、充実している法律です。

2010年に文京区長の成澤廣修が自治体の首長として初めて取得したことでも話題になったこの法律は、男女問わず子供が最長で2歳になるまでは、申し出をすれば一年間を上限として休業を取得できる制度です。

また、同法律内において、最長三か月間の介護休暇も認められています。

ここでは、具体的な制度の内容と注意点についてご紹介します。

 

①育児・介護休業法の主な概要

子育てと仕事は法律で賢く両立!知っておきたい育児休業法の知識5選育児休業を取得するためには、いくつか条件があります。

まず、申請をする会社に一年以上雇用されていること、そして子供が一歳未満であることです。

ただし、一週間の労働日数が2日以下の場合には認められない場合があります。

これらの条件を満たしたうえで、育児休業開始日から一か月前までに会社に対して申し出をすることで、その日から子供が一歳を迎える前日までの一年間を最長として、一人の子につき一回に限り雇用契約を維持したまま休業を取得できます。

また、子供が一歳を迎えた時点で保育所への入所を申し込みしているのにも関わらず実現できていない場合や、その後で育児をする人が事情により継続できない場合には2歳まで継続できるという法律です。

 

②一日の労働時間を短縮できる短時間勤務制度

子育てと仕事は法律で賢く両立!知っておきたい育児休業法の知識5選特定の期間をすべて休むのが難しい場合には、時短勤務の相談も可能です。

育児・介護休業法第24条1項において所定労働時間の短縮措置を定めており、それに基づいて一日6時間勤務にするという対応を会社と相談、実施できます。

また、時短勤務以外にも子供が病気やけがをした時に看護するための看護休暇(第16条の2)や、時間外労働の制限(第17条1項)、深夜労働の制限(第19条)といった制度も盛り込まれています。

スポンサーリンク

 

③育児休業中の賃金を受けとれる育児休業給付制度

子育てと仕事は法律で賢く両立!知っておきたい育児休業法の知識5選育児・介護休業法では、休業期間中の賃金に関して事業所への義務付けがありません。

そのため、休業中に賃金を得るためには雇用保険法に基づき、育児休業給付金を受け取れるようになります。

ただし、この場合は休業開始時点での日割り賃金に支給日数の67%、180日を超えたのちは50%をかけた相当額となりますので、注意が必要です。

また、受け取るためにはハローワークに申請をする必要があるのですが、この申請は会社が行ってくれる場合もありますが、そうでない場合は自分で申請しなければいけません。

その場合は、会社から育児休業基本給付金の申請書と受給資格確認票を受け取り、かつ受給資格確認票に振込先金融機関に確認印をもらってから申請することになります。

また、受け取りは2か月ごと、かつ申請も2か月ごとに申請する必要があるので注意が必要です。

また、支給額は最大で286,420円と定まっていることも注意が必要です。

 

④育児休業を取得できないケース

子育てと仕事は法律で賢く両立!知っておきたい育児休業法の知識5選これまで育児休業についてご紹介してきましたが、場合によっては休暇や給付金を取得できないことがあるので注意が必要です。

特に、会社に勤めてから1年が経過していない人や一週間当たりの勤務日数が少ない人、子供が1歳を超えている人は対象外となります。

ただし、その場合でも小学校就学前の子供であれば看護休暇や時間外労働の制限が適用されますので、状況に応じて取得するとよいでしょう。

 

⑤これらの法律に対する理解があるかを事前にチェックしよう

子育てと仕事は法律で賢く両立!知っておきたい育児休業法の知識5選以上が、育児・介護休業法の概要です。

2016年の調査では81.8%の女性が育休を取得しているという調査結果もあり、世の中全体として育児休業の取得率は高まっています。

ですが、男性の取得率は3.16%、また、女性も育児休業から企業に完全復帰できたのは53.1%と半数程度にとどまっており、まだまだ育児休業への対応は整っていないのが現状と言えます。

ですから、あらかじめ会社として育児休業に対してどのような理解をしているのか、実際に活用したらどうなるのかを事前に相談しておく必要があります。

 

2.仕事は子育てに理解がある会社か在宅ワークを選ぶと楽になる

子育てと仕事は法律で賢く両立!知っておきたい育児休業法の知識5選出産は女性にとって人生の一大イベントですし、男性にとっても楽しみな出来事です。

そして生まれてきた子供が健やかに育つためにも、安心して仕事や育児ができる会社を選びたいところです。

また、育児休業を取得するにあたって不安なことの一つに、収入面が挙げられるでしょう。

給付金が取得できるとはいってもすぐに取得できるわけではないため、その間をどのように乗り越えるか、そして減額した分をどうまかなうかは死活問題と言えます。

スポンサーリンク

そこで選択肢に入れたいのが、在宅ワークです。

近年はインターネット上で仕事を依頼する企業や個人が増えているため、探してみると依頼件数の多さに驚くはずです。

在宅ワークであれば子供を見ながらも収入を得られますし、仮に職場復帰ができなかったとしても、継続的に収入が見込めます。

初めは両立に戸惑うかもしれませんが、一度検討してみてはいかがでしょうか?

 

3.周囲と協力して時には一人になる時間を持つことも大切

子育てと仕事は法律で賢く両立!知っておきたい育児休業法の知識5選子育てと仕事を両立するのは多大な負担がかかるもの、そして、それは周囲もよく理解しているはずです。

だからこそ、困った時にはパートナーや両親の助けを借りながら、時には気持ちをゆっくりできる時間を持つように心がけてみましょう。

休んではいけない、家事も仕事も完璧でなければいけないと思う必要はありませんし、無理をして子供や周囲に対して厳しく当たってしまってはさらに悪化するばかりです。

ですから、もし完璧を目指すのであれば家事も仕事も、そして休暇も完璧にこなすと思うようにしましょう。

そうして気持ちにゆとりが持てるように考え、実行することで、少しずつ仕事と家事を両立できるようになるはずです。

 

まとめ

子育てと仕事を両立することの難しさは、子供を持ったことがある人であれば誰もが理解しています。

それは国も、会社も、個人も同じことですから、甘えられるところは甘えてうまく乗り越えるようにしましょう。

また、そうして頑張っている姿は必ず誰かが見ているものですから、そうした人に相談しながら、気持ちに余裕を持っていくとよいでしょう、

して、健やかに子供が育つように心がけていきましょう。


他にこんな記事も読まれています

-人間関係, 仕事・バイト

Copyright© 一流のビジネスマンになれる方法【ビジネス知識・マナー・スキルアップ】 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.