ビジネスマナー

会社を辞める時は準備が大切!すぐに辞められる手順と言い方5選

投稿日:

会社を辞める時は準備が大切!すぐに辞められる手順と言い方5選転職が当たり前のように行われている今、会社に辞めると伝える人が増えていますが、それと同時になかなか辞めさせてもらえないというトラブルも増えています。

また、場合によっては退職時に脅されるケースもあります。

そこでここでは、すぐに会社を辞めるために準備しておきたい手順と言い方についてご紹介します。

 

1.伝える前に整えておきたい角を立てないための環境づくり

会社を辞める時は準備が大切!すぐに辞められる手順と言い方5選会社に辞めることを伝えるためには、直接話をするときに角が立たず、穏やかに進められるような準備が必要です。

何も準備せずに話をしてしまうと、簡単に言いくるめられてしまうか、そこからの仕事に悪影響を及ぼす場合があります。

ここでは、そうした状況にならないように事前に整えておきたい環境の作り方についてご紹介します。

 

①会社を辞める時には次の転職先が決まってから伝える

会社を辞める時は準備が大切!すぐに辞められる手順と言い方5選会社を辞めることを決意したら、まず初めに取り組むべきなのは転職活動です。

転職先が決まっていない状況で会社を辞めてしまうと、予想以上に時間がかかって転職に失敗してしまうことがありますし、上司に伝える時にうまく言葉を紡げなくなってしまうことがあります。

特に、引き留める時には必ずと言っていいほど次をどうするのか、すでに決まっているのかと聞かれます。

この時に、すでに準備が進んでいれば嘘偽りなくそれを伝えられるため、気負わずに済むのです。

そうした意味でも、何社か面接に臨んでおくか、最低でも転職エージェントに相談するなどして転職市場の情報を仕入れておくようにしましょう。

それによって心の余裕が出ますし、引き留められたときにも余裕をもって返しができるようになります。

 

②必ず直属の上司に辞める意向を伝える

会社を辞める時は準備が大切!すぐに辞められる手順と言い方5選伝える時に誰に伝えるかも重要なことで、間違っても直属の上司以外に話を持って行ってはいけません。

なぜなら会社は組織として動いており、あなたを管理しているのは組織上、直属の上司だからです。

それを考慮せずに近しい人や上司を飛び越えたポジションの人に伝えてしまうと、直属の上司はもちろん、相談を受けた相手にも迷惑をかけてしまうことになります。

スポンサーリンク

それは、会社としては直属の上司に話をするのが筋であることから、話を受けた人は、あなたの上司に、しかも気を使いながら伝えなければいけなくなるからです。

その相手から改めて伝えなおすように諭されることもあるでしょう。

ですから、伝えづらかったとしても直属の上司に伝えるようにしましょう。

 

③会社の状況を考えて辞めるタイミングを決める

会社を辞める時は準備が大切!すぐに辞められる手順と言い方5選最後に考えておきたいのが、伝えるタイミングです。

会社には、年度の節目や決算の直前直後、プロジェクトの大詰めのタイミングなど、忙しいタイミングがあります。

そのようなタイミングでは、業務上の面からみても、上司だけではなく同僚にも迷惑をかけてしまいますから、伝えるのは避けるようにしましょう。

また、大きなプロジェクトにアサインされている時なども、会社や部署に与える影響が大きいですし、引継ぎも困難になりますから、避けた方がいいと言えます。

逆にそのようなプロジェクトであれば、達成させることで職務経歴書に書けますし、転職にも有利になりますから、逆に自分から率先して業務に取り組み、経験として得られるものを得た方がよいと言えるでしょう。

 

2.角を立てずにスムーズに話が進む言い方と言ってはいけない言葉

会社を辞める時は準備が大切!すぐに辞められる手順と言い方5選ここまで紹介したことを一つ一つ取り組んで準備ができたら、いよいよ上司にどのように伝えるかを考えます。

ここで大切なことは、いかに相手の機嫌を損ねることなく、筋が通る伝え方ができるかで、かつ臆さず伝えられるかどうかです。

そのためにも、意識をしたい言い方や、逆に言ってはいけない言葉を理解して臨むようにしましょう。

 

①社内では叶えられない理由を伝える

会社を辞める時は準備が大切!すぐに辞められる手順と言い方5選本音は別として、上司に伝える退職理由として最も多いのは、挑戦したい業界や職種があるという内容でしょう。

それ自体は悪く無いのですが、経験豊富な上司や会社ですとそのセリフは聞きなれている言葉ですから、返しが準備されているものです。

例えば、その思いを反映できる部署への異動を勧められたり、同部署内で希望の仕事に就けるポジションに挑戦したりといった内容です。

もし本当にその提案で自分の転職理由が解決できるのであれば、それを受けるのもよいでしょう。

ですが他の理由があるのであれば、社内では取り組めない業界や職種、商材を伝えるなどの明確な返しを用意しておかなければいけません。

なお、このタイミングで次が決まっていると伝えてしまうと、なぜもっと早くに相談してくれなかったのかと心証を悪くしてしまうことがあるので気をつけましょう。

 

②両親の介護を理由にするのであれば事前に相談した方がよい

会社を辞める時は準備が大切!すぐに辞められる手順と言い方5選辞める理由として、親の介護が理由になることもあるでしょう。

スポンサーリンク

そのような時には、事前に相談しておくとスムーズに話を進められますし、逆に相談しておかないと、本当なのかなと疑われてしまう恐れもありますから注意しましょう。

また、場合によっては一時的な休業も相談できるかもしれません。

育児だけでなく介護も一時的な休業は法律で認められていることですから、必要に応じて相談するとよいでしょう。

 

③独立の場合は事前に伝えておくと話が早い

会社を辞める時は準備が大切!すぐに辞められる手順と言い方5選会社を辞めた後、独立をするという人もいらっしゃるでしょう。

そのような場合にも、事前に独立の意思を伝えておくと話が早いものです。

独立の準備を始めたばかりの時に伝えたとしても、準備ができるまで残るのはどうかと引き留められることがよくありますし、一度そうしたクッションを置いてから改めて話をすれば、独立後も継続して仕事を依頼してくれるかもしれません。

ですから、独立の場合は特に与える印象に気を付けて円満に退職すると、その後もよい付き合いができてお互いにメリットがある退職ができるものです。

 

④角が立つNGな伝え方

会社を辞める時は準備が大切!すぐに辞められる手順と言い方5選ここまでは円満に辞めるための言い方についてご紹介してまいりましたが、最後はやってはいけない伝え方についてご紹介します。

まず初めは会社や上司を批判することです。

特に上司の批判をしてしまうと、その瞬間から関係性が最悪になりますし、辞めるまでの間に何かしらの嫌がらせを受ける可能性も捨てきれません。

辞めると伝えても、実際に最終日を迎えるまでは時間があるわけですから、その間も気持ちよく仕事ができるように、立てるべきところは立てたうえで、伝えるべきことを伝えるようにしましょう

また、転職先が決まっているのであれば、具体的な社名は言わない方がよいでしょう。

具体的な社名を伝えてしまうと、転職先の口コミに悪評を書かれたり取引に悪影響が出たりして、迷惑をかけてしまう恐れがあります。

もちろんこのようなことは稀ですが、念には念を入れておくとよいでしょう。

 

伝えた後の振る舞いが人柄を最も映し出します

会社を辞める時は準備が大切!すぐに辞められる手順と言い方5選上司に辞めることを伝えた後、出勤の最終日を迎えるまでをどのように過ごすかも、円満に退職するために重要なことです。

会社は、あなたが辞めること同僚に伝えて周囲のモチベーションを下げ、連鎖的に辞める人が生まれないかどうかを気にします。

また、それまでと一変して仕事へ真面目に取り組まなくなってしまうと、同僚のあなたに対する評価も大きく下がってしまいます。

スポンサーリンク

それは社会人として取ってはいけない振る舞いですから、最後の最後まで、真面目な態度で仕事に臨むようにしましょう。

そうすることで、会社を辞めた後もスタッフとはよい関係を築けますし、長く続く関係値を築けることでしょう。

 

まとめ

どのような理由にせよ、会社を辞めるということはそれまで培ってきた信頼を裏切る行為であり、どんなにきれいに言いつくろったとしてもその事実は変わりません。

ですから、誠意をもって対応すること、そして事前の準備を入念にしてお互いに痛みを抱える時間を少なくすることが大切なことです。

そして、伝える時には後腐れなくすっきりと終われるようにしましょう。

引き続き、「一流ビジネスマンになれる方法」をご紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています

-ビジネスマナー

Copyright© 一流のビジネスマンになれる方法【ビジネス知識・マナー・スキルアップ】 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.