ビジネス 転職 面接・就活

学生に人気の就職先ランキング!各社の合算ランキングトップ10

投稿日:

学生に人気の就職先ランキング!各社の合算ランキングトップ10毎年公表される、学生に人気がある就職先ランキング。

見ていて面白いのですが、いくつかの会社がそれぞれに集計していて、しかもその内容がバラバラなので、結局どこが人気なのかと疑問になりませんか?

そこで、集計をとっている計6社のランキングを用いて学生に人気がある就職先について各社合算ランキングをご紹介します。

 

本当に人気の就職先ランキングの概要

学生に人気の就職先ランキング!各社の合算ランキングトップ10今回は、マイナビ、株式会社ディスコが運営しているキャリタス、楽天が運営しているみん就、東洋経済、朝学が公表している2018年卒の人気就職先ランキングをもとに1位から10位までポイントをつけ、そのポイントを集計して各サイト合算のランキングを作成しました。

また、マイナビは文系と理系を分けて公表していますので、それぞれにポイントを付けております。

このランキングを見れば、本当に人気がある会社が分かりますよ!

 

2018年卒人気就職先ランキングトップ10

学生に人気の就職先ランキング!各社の合算ランキングトップ10それではここから、集計したランキングの発表に移ります。

集計すると5位と6位が同ポイントでしたので、1位から4位までは個別に紹介し、5位から10位まではまとめて発表します。

皆さんの予想は当たっているでしょうか?

それでは、独自に集計した本当に人気がある就職先ランキングの発表です。

 

①第10位は人に夢を与える楽しさを学べる、オリエンタルランド

学生に人気の就職先ランキング!各社の合算ランキングトップ10まず10位に入ったのは、ディズニーランドやディズニーシーを運営するオリエンタルランドです。

総合職の採用枠はわずか50名という狭き門ですが、入社すれば商品開発やマーケティング、または経営戦略といった仕事に関われます。

その魅力は何といっても人々を喜ばせ、夢を与えることを学べて、かつそれを目の前で感じられることにあります。

自分が取り組んだプロジェクトによって人々の笑顔を見た時は、それまでの努力や苦労のすべてが報われる瞬間です。

人と接するのが好きな人はもちろん、利用者を身近に感じながら仕事をしたい人におすすめの企業です。

スポンサーリンク

 

②第9位は挑戦し続ける人におすすめの世界的企業、サントリーグループ

学生に人気の就職先ランキング!各社の合算ランキングトップ10第9位は様々な洋酒やビールを製造、販売し、ローソンを業界第2位に成長させた立役者でもある新浪氏が社長に着いたことでも話題となったサントリーグループです。

新しい発想で前向きに取り組んだチームを表彰する「有言実行やってみなはれ大賞」に代表されるように、企業の信念でもある「やってみなはれ」の精神を合言葉に、自ら率先して業務やプロジェクトに取り組むことを推奨しています。

受け身ではなく能動的に仕事に取り組みたい人に最適な企業の一つと言えます。

 

③第8位は企業としての安定感が抜群、味の素

学生に人気の就職先ランキング!各社の合算ランキングトップ10第8位は世界的なシェアをもつ調味料を扱う味の素です。

調味料は景気の変動に左右されにくく、サプリや化粧品なども販売しながら世界にも進出しているため、今後も安定的に成長が見込める人気企業です。

就職希望者にとって重要なのが、企業として今後も長く続く安定感があるかどうか、そして企業として今後も成長が見込めるかどうかです。

その点において味の素は堅実に業績をのばしており、また働き方改革においても毎週水曜日は5時に強制退社を促すといった取り組みを行っている優良企業のひとつです。

 

④第7位は国内の一位のシェアをもつ化粧品メーカー、資生堂

学生に人気の就職先ランキング!各社の合算ランキングトップ10第7位は、女性に圧倒的な人気を持つ資生堂です。

国内国外問わず高いシェアを誇る化粧品メーカーの資生堂は、世界でも活躍するビジネススキルを身に着けられると同時に、プライベートにも活かせるスキルを身に着けられるのも人気の一つです。

平均年収が700万円に達しており、離職率が低いことからも従業員満足度の高さが窺えます。

また、女性が多いという特徴から育児休業をはじめとした子育て支援にも力を入れており、将来的に安心して仕事に取り組めるという魅力もあります。

 

⑤同率第5位は安定のメガバンク、みずほフィナンシャルグループ

学生に人気の就職先ランキング!各社の合算ランキングトップ10第5位は2社が同数でランクインしています。

まず1社目は、メガバンクの一角でもあるみずほフィナンシャルグループです。

銀行をはじめとした金融業は昔から就職先として絶大な人気を持っており、その中でもみずほフィナンシャルグループは高い知名度と巧みな採用戦略でどのサイトでもランクインしています。

また、金融業は基本的に高収入であり、かつほぼ倒産の心配がないことからも安定感、将来性、高収入といった学生が気にするポイントを高い位置で維持しています。

また、みずほフィナンシャルグループはディスコが発表する人気ランキングでは堂々の第1位を獲得しています。

 

⑥同率第5位は日本トップクラスの高収入が魅力、伊藤忠商事

学生に人気の就職先ランキング!各社の合算ランキングトップ10みずほフィナンシャルグループと並んで5位になったのが、伊藤忠商事です。

伊藤忠商事は総合商社御三家の一角としても人気の企業で、平均年収は1363万円、生涯収入は上場企業の中でもトップ10に入る超高給が魅力で、数ある商社の中でも特に人気が高い企業です

スポンサーリンク

総合商社ということで世界を相手に仕事ができるというやりがいがあり、かつ社会的知名度も抜群ですから、ぜひとも挑戦したい企業の一つです

 

②第4位は過去に9年連続第1位を獲得した旅行業界、JTBグループ

学生に人気の就職先ランキング!各社の合算ランキングトップ10

第4位は、過去にはマイナビが発表する人気ランキングにおいて9年連続で文系出身者の第1位に輝いた、JTBグループです。

旅行業界という魅力的な仕事、そしてその業界のトップを走る企業であるJTBグループは、多くの大学生にとって就職したい企業の筆頭ともいえる会社です。

旅行業界も利用者と近い距離で仕事ができるため、自分で取り組んだこと反応を見やすく、やりがいを感じられる仕事です。

また、職種によっては日本、または世界中を回ることもできますし、自分でツアーを企画すればそれを販売するためのマーケティングスキルも身に着きます。

そうしたことも、旅行業界ならではの魅力といってよいでしょう。

 

③第3位はどのサイトでも安定してTOP10入りした、三菱東京UFJ銀行

学生に人気の就職先ランキング!各社の合算ランキングトップ10

第3位は、どのサイトでも安定してトップ10入りしたメガバンクの一角、三菱東京UFJ銀行です。

三菱東京UFJ銀行は人気が高い銀行の中でトップの売上高を誇っており、それに伴って利益額もTOPであることが、TOP3に入った理由の一つと言えるでしょう。

また、ディズニーキャラクターが描かれた通帳も選べるというイメージ戦略や三菱というブランド力も人気の高さの一つかもしれません。

ただし、平均年収で見ると799万円と、メガバンクの中では特別高いわけではありません。

それでも第3位に入っていることを見ると、それだけ安定感やブランド力に優れているということなのでしょう。

 

④第2位は稀代の経営者が立て直した、JAL

学生に人気の就職先ランキング!各社の合算ランキングトップ10

第2位は、日本を代表する経営の一人、稲盛和夫さんが経営再建を行ったことでも有名な日本航空、通称JALです。

2010年に経営破綻したJALですが、現在は同じ航空業界であるANAよりも高い利益を生み出すなど見事に回復、それに伴って就職先ランキングでも見事に返り咲きました。

もともと、航空業界は就職すれば将来安泰であるといわれるほどの人気業界ですし、経営破綻しても国がバックアップするという姿が逆によい印象を残したのかもしれません。

スポンサーリンク

何よりも大きな利益を生みだすまでに回復していますから、その意味でも将来は大丈夫だという思いを強くしたのでしょう。

また、キャビンアテンダントも女性にとっては人気職種の一つですから、今後も上位に入り続けることでしょう。

 

⑤第1位は4サイトで1位をとった圧倒的な人気を持つ、ANA

学生に人気の就職先ランキング!各社の合算ランキングトップ10

数々の大企業を抑えて見事第一位を獲得したのは、実に4サイトで1位を獲得した運輸業界の巨人、全日本航空ことANAでした。

日本が国として観光業に力を入れていることから運輸業界の成長も期待できますし、2020年には東京五輪も控えています。

そうした事情から、運輸業界が1位2位を獲得するという強い人気を見せたのでしょう。

また、JALは経営破綻したという事実がまだ尾を引きずっているの可能性があり、その点においてANAは堅実さという点で一歩先に行ったのでしょう。

今後も人気の企業として、地位を築いていきそうです。

 

まとめ

全体をとしてみると業界は幅広く分かれる結果となりましたが、その中でも運輸や旅行といった業界が強い印象を受けました。

逆に従来は人気が高かった金融や商社は数が少なくなっており、金融が2社、商社は1社という少し寂しい結果になっています。

今後、時代の移り変わりとともに人気の就職先は変わっていくのかもしれませんね。


他にこんな記事も読まれています

-ビジネス, 転職, 面接・就活

Copyright© 一流のビジネスマンになれる方法【ビジネス知識・マナー・スキルアップ】 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.