税金

サラリーマンでもできる節税!副業しなくても節税になる取り組み7選

投稿日:

サラリーマンでもできる節税!副業しなくても節税になる取り組み7選給与明細を見て、税金を減らしたいなと思ったことはありませんか?

サラリーマンが生涯で支払う出費のうち、最も金額が大きいのは税金であると言われますから、税金を減らしたいと思うのも無理はありません。

ここでは、サラリーマンでも副業せずに節税できる7つの取り組みについてご紹介します。

 

1.知っておきたい税金の計算方法と所得控除

サラリーマンでもできる節税!副業しなくても節税になる取り組み7選節税に取り組む前に、税金はどのように計算されていて、そしてどこで税金を圧縮できるのかを知っておく必要がありますので、まずはそこからご紹介します。

サラリーマンの場合、基本的には給与総額から保険に関するものや家族に関するものを考慮して差し引きます。

こうした税額計算の前に差し引かれることを所得控除と言い、差し引かれた後の計算に用いられる金額を課税所得と言います。

そして、この課税所得に対して法律で定められた税率を掛けた金額が税金として支払われます。

また、税額の計算後に税金を減らすことも可能で、これを税額控除と言います。

なお、節税に興味がある方は、個人事業主であれば収入に対して経費を差し引くことで課税所得を減らせるという知識を持っている方もいらっしゃるかもしれません。

サラリーマンの場合は経費申請ができずに損していると思われるかもしれませんが、実はサラリーマンも同様に経費分は控除されており、これを給与所得控除と言います。

ただし、サラリーマンの場合は自分で申請するのではなく法律で定められた金額が経費分としてみなされており、収入に応じて一定の割合プラス金額が経費として控除されています。

また、日本は累進課税という収入の変動によってかかる税率が変動する制度を設けております。

そのため、一般的には収入が上がるほど税金の額が上がり、収入が下がるほど税金は減るという制度になっております。

これらは税について考える時に必ず知っておきたい知識ですので、しっかりと身に着けておきましょう。

以上を踏まえ、サラリーマンが節税に取り組む場合に意識をしたいのが、税金計算をされる前の額面を減らせる所得控除です。

スポンサーリンク

所得控除は意外と知られていない項目も多く、しっかりと申請すれば税率を下げることにもつなげられますから、それだけでも大きなメリットを生み出せます。

次からは、実際にどのような項目があるのかをご紹介します。

 

2.もれなく申告しておきたい保険控除

サラリーマンでもできる節税!副業しなくても節税になる取り組み7選初めは多くの人が知っているであろう保険控除です。

会社勤めをしていれば、年末に会社から控除申告があれば書類を用意するようにと、一度は言われたことがあるかと思います。

ここで多い申告が、この保険控除でしょう。

保険控除はその中でも、一般生命保険料、介護医療保険料、そして個人年金保険料の三種類に分かれており、それぞれ最大4万円を上限として、所得控除を受けられます。

なお、保険控除は支払っている金額が全て控除に充てられるという訳ではなく、支払額に対して一定の計算の元、控除額が決定します。

控除金額は支払額のおよそ半値です。

申請する場合は、年末に配られる「給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」に、保険会社の名前や契約者の名前など必要事項を記入し、支払い証明書を提出します。

これらは、書類を用意するだけですぐに控除を受けられますから、もれなく申請するようにしましょう。

 

3.節税メリットが大きい個人型確定拠出年金

サラリーマンでもできる節税!副業しなくても節税になる取り組み7選保険控除は控除額が支払額のおよそ半額ほどですが、全額控除される場合もあります。

それが個人型確定拠出年金、通称IDeCo(イデコ)です。

IDeCoとは老後のために積み立てておく年金の一種で、強制加入の公的年金とは別に個人的に積み上げられる年金制度のことを指します。

IDeCoで積み立てた資金は、60歳以降になると受け取れ、それ以前は投資信託として運用することになります。

そして、この年金制度は毎月の支払額が全額所得控除に充てられ、かつ通常の投資であれば課税対象になる運用益も非課税となります。

そのため、税制面で大きな優遇を受けられるのです。

なお、IDeCoに加入するためには取り扱いがある金融機関に申請が必要ですから、手数料や取り扱いの金融商品を見ながら選択するとよいでしょう。

 

4.地域の特産が手に入って節税にもなるふるさと納税

サラリーマンでもできる節税!副業しなくても節税になる取り組み7選続いて紹介する節税方法が、ふるさと納税です。

スポンサーリンク

ふるさと納税は、全国を対象として任意の自治体に税金を納め、そのお礼として返礼品を受け取れる制度で、納めた税額は所得控除として申請できます。

また、納めた分だけ返礼品として地域の特産品を手に入れられますから、実質的には無償で節税を受けられるような扱いになります。

これまで紹介してきた対策は、毎月の支払いが発生するためにメリットを感じにくい内容となっておりました。

ですが、ふるさと納税であれば生活に必ず必要になるものを受け取って、かつ節税になるのですから、得られるメリットが大きいと言えます。

さらに、今までは必ず確定申告をしなければいけなかったのが、今は制度改正によって納付した自治体が5つまでであれば事前に納付先の自治体に申請書を書くだけで確定申告は不要になっています。

ですから、多くの人が気軽にメリットを享受できるようになっているのです。

なお、控除額は年収や家族構成によって差がありますから注意が必要です。

 

5.2017年から始まった新しい節税、セルフメディケーション税制

サラリーマンでもできる節税!副業しなくても節税になる取り組み7選2017年から新たに始まった節税の取り組みがあります。

それがセルフメディケーション税制です。

この制度は、個人的に購入した市販薬は1万2千円を超える分に関して8万8千円までであれば所得控除が受けられる制度です。

受ける条件が二つあり、一つは定期健康診断や予防接種をその年に受信していること、そして、対象となる商品を購入していることです。

対象となる商品は厚生労働省で確認するか、もしくは対象商品の多くは識別マークが入っていますから、それらを確認するとよいでしょう。

 

6.ハードルは高いが覚えておきたい特定支出控除

サラリーマンでもできる節税!副業しなくても節税になる取り組み7選必要経費はすでに控除されているとご紹介しましたが、場合によっては必要経費として申請できる場合もあります。

その制度がこの特定支出控除です。

対象となるのは、通勤費や転勤に伴う費用、仕事に必要な知識を得るためかけた資格所得費、その他衣料費などが該当します。

ただし、この制度が適用されるためには、給与所得控除の2分の1以上に該当する金額であること、また、給与の支払い者から関連出費であると承認を得ていることが必須となります。

給与所得控除の2分の1以上となると、年収400万円の場合は67万円超に相当する金額であることが求められます。

スポンサーリンク

年間とはいえ、これだけの金額を会社からの承認を得つつ購入するのは何度が高いと言えますし、交通費などは多くの場合で給与外として支払われているでしょうから、承認などがおりにくいと言えます。

そのため、適用されるには高いハードルを越える必要がありますが、覚えておいても損はないでしょう。

 

7.リフォームが減税につながる住宅特定改修特別控除

サラリーマンでもできる節税!副業しなくても節税になる取り組み7選税額控除として住宅ローンがあることを知っている人は多いかと思いますが、リフォームも控除の対象になることをご存知でしょうか?

それも税額控除ですので、確定申告をすれば戻ってくるお金です。

リフォームでの減税は、リフォーム費用が自己資金なのかローンなのか、またはどのようなリフォームを行ったのかによっても上限額が異なりますが、最大で62万5千円もの控除が行われますから、もしリフォームを検討されている方は必ず考慮に入れたうえで行うとよいでしょう。

なお、控除を適用させるためにはリフォームの工事内容を証明する書類を持ったうえで確定申告を行うことで適用されます。

 

8.知っている人が少ない扶養控除のマル秘テクニック

サラリーマンでもできる節税!副業しなくても節税になる取り組み7選最後に紹介するのは、扶養控除に関するテクニックです。

扶養控除は、養っている親族や姻族がいる時に適用される控除ですが、実は一緒にいなくても適用されます。

例えば、別々に暮らしている親族でも、仕送りを行い、かつその親族や姻族に年間収入が無ければ、控除を受けられるのです。

扶養控除は38万円の控除を受けられますから、該当する方はぜひ申請しておくとよいでしょう。

 

まとめ

サラリーマンは税制面で優遇が少ないと言われますが、方法が全くないわけではありません。

特にふるさと納税はメリットが大きくかかるコストも少ないので、積極的に取り組みたい対策の一つです。

賢い節税は生活を豊かにしますから、税金に関してしっかりと学んで、お金に余裕のある生活を手に入れていきましょう。

引き続き、「一流ビジネスマンになれる方法」をご紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています

-税金

Copyright© 一流のビジネスマンになれる方法【ビジネス知識・マナー・スキルアップ】 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.