仕事効率アップ

仕事が遅い人は朝の取り組みが大切!仕事が遅い人の特徴と対策10選

投稿日:

仕事が遅い人は朝の取り組みが大切!仕事が遅い人の特徴と対策10選いつも上司や先輩から仕事が遅いと言われる、そうした悩みを持っていませんか?

頑張っても頑張っても仕事のスピードが上がらない方は、その頑張り方を変える必要があります。

特に大切にしたいのが仕事を開始する時点での仕事の取り組みです。

ここでは、朝の取り組みの大切さと、仕事が遅い人の特徴とその対策についてご紹介します。

 

仕事が遅い人の特徴5選

仕事が遅い人は朝の取り組みが大切!仕事が遅い人の特徴と対策10選仕事を素早くこなせるようになるためには、仕事が遅くなってしまう理由を見つけ出してそれを無くす必要があります。

そして、仕事が遅い人が共通してもつ特徴はいくつかあるものです。

ここで紹介するすべての特徴にあてはまってしまった人は、根本的に仕事の進め方を変える必要があるかもしれません。

また、自分ではできていると思っても、もっと素早く仕事をこなせる人から見るとまだまだその特徴を持っていると感じられるかもしれません。

ですから、この状況に陥っていないか、時々見返すとよいでしょう。

それでは、仕事が遅い人の特徴をご紹介します。

 

集中力が足りていない

仕事が遅い人は朝の取り組みが大切!仕事が遅い人の特徴と対策10選まず初めにご紹介するのは集中力の欠如です。

集中力が散漫な状態で仕事に取り組もうと思っても、ふとした時に手が止まってしまったり、考えがまとまらなかったりして捗らなくなってしまうものです。

また、長い労働時間のすべてで集中力を保つことはほぼ無理と言えますが、その中でどれだけ長い時間集中力を維持できるか、集中力が切れた時にどれだけ素早く集中力を戻せるかも重要なスキルです。

深く集中することも大切ですが、長く集中することも大切です。

あなたはどれだけの時間集中力を保てますか?

スポンサーリンク

一度考えみてもよいでしょう。

 

一つのことにこだわりすぎる

仕事が遅い人は朝の取り組みが大切!仕事が遅い人の特徴と対策10選集中力が足りていないのはよくありませんが、集中しすぎるのもあまりいいとは言えません。

集中力が高い状態とは、悪く言えば周りが見えていない状態になりやすいからです。

仕事が遅いということは時間への意識が足りていない状況でもありますから、集中しすぎるとさらに時間への意識が薄まってしまい、ますます仕事が遅くなっていくということなのです。

仕事が遅い理由の一つは時間に対する意識の欠如といってもいいでしょう。

ですから、たまにでいいので時計を見る習慣を身に着けていくとよいですよ。

 

正解を追い求めすぎて妥協ができない

仕事が遅い人は朝の取り組みが大切!仕事が遅い人の特徴と対策10選一つのことにこだわりすぎるのと近いですが、妥協ができないのも仕事が遅くなる原因の一つです。

仕事には高い質を求められますが、質というのは限りがないもので、良くしようとすればいくらでも高められます。

ですが、その分だけ時間がかかってしまいますよね?

目の前のことにこだわりすぎてなかなか仕事が完結せず、結果的に遅くなってしまうのも、仕事が遅い人の特徴です。

また、どんなに時間をかけて取り組んだとしても、一発で上司やクライアントの合格を得るのはほぼ無理と言ってもよいですから、そこでさらに修正の時間がかかることになります。

様々な解説書が発売され、多くのビジネスマンに読まれている孫氏にも、「兵は拙速を尊ぶ」という言葉があります。

巧遅よりも拙速こそ、できるビジネスマンの特徴です。

 

面倒なことを後回しにしてしまっている

仕事が遅い人は朝の取り組みが大切!仕事が遅い人の特徴と対策10選人は嫌なことや苦手なことは後回しにするものです。

ですが、だからと言って面倒なことを後回しにすると結果的に仕事は遅くなるものです。

何故なら、面倒で後回しにできる仕事というのは、仕事における優先度も低い傾向にあるため、後回しにすることで時間が間延びしてしまうからです。

面倒なことを先に片付けようとすると、後にまだ仕事があるため、できるだけ早く片付けなければいけないという心理が働きます。

ですが後回しにすると、その後ろにある仕事も今日中ではなくていいという想いが働いて、結果的にだらだらと進めやすくなってしまうのです。

スポンサーリンク

また、相手がいることだとレスポンスが遅くなってしまうので、案件自体がなかなか進まなくなってしまいます。

こうしたことから、面倒なことを後回しにすると、仕事がどんどん遅くなってしまいます。

 

計画的に仕事が進められていない

仕事が遅い人は朝の取り組みが大切!仕事が遅い人の特徴と対策10選最後は、無計画に仕事を進めることです。

仕事をしながら、ふとした拍子に「あ、あれもやらなきゃ」と思いついて仕事が差し込まれる、そうした仕事の進め方も仕事も遅い人の特徴です。

仕事は一人で完結するものではありませんから、自分が取り組んだら次の人の仕事が待っていますし、それがまた戻ってくることもあります。

この時、戻ってくる仕事を先にこなして、戻ってくるまでの間に他の仕事ができれば、効率的に時間が使えて素早く仕事を終わらせることができるのですが、この段取りをうまくできない人は少なくありませんし、これが決定的に仕事のスピードを左右します。

計画的に仕事を進め、空白の時間を作らないようにすることが、素早く仕事をこなすために重要なのです。

 

今日からできる、仕事スピードがあがる取り組み5選

仕事が遅い人は朝の取り組みが大切!仕事が遅い人の特徴と対策10選仕事が遅くなる原因が把握できたら、次はどうすれば仕事のスピードが上がるのかをご紹介します。

特に意識したいのは最後に紹介した計画性であり、段取りです。

ここの考え方や進め方を変えるだけでも仕事にかかる時間は大きく短縮できます。

ここでは、実際にどのように考えて計画を立てていけばよいのかを中心に、仕事のスピードが上がる取り組みについてご紹介します。

 

仕事初めの時点で一日の仕事の段取りをつけて目に入る場所に置いておく

仕事が遅い人は朝の取り組みが大切!仕事が遅い人の特徴と対策10選まず初めに取り組むべきは、朝の時点でその日が終わった時にどのような状況にあるのがベストなのかを考えることです。

そこから、その日に取り組むこと、それらにかかる時間、そして戻ってくるであろう仕事などを網羅し、仕事が始まる前にざっくりとその日のスケジュールを作成します。

報告や確認が必要な業務がある場合には修正が入ることもありますから、その時間も余分に取っておくとよいでしょう。

初めはそこに30分かけても構いませんし、もし他の人の目が気になるのであれば前日の夜か朝早めに来て取り組むようにしましょう。

それだけ、計画を立てるということは重要なのです。

慣れてくれば、5分や10分でできるようになりますから、まずは計画を作るという考え方を自分の脳に覚えさせることから始めましょう。

スポンサーリンク

そして、一度作成したスケジュールは目に見える場所に貼っておきましょう。

仕事に集中していると、記憶というのは簡単に飛んでいってしまうものです。

ですから、見ればすぐに思い出せるようにすることが重要です。

 

時計を見ながら仕事を進めるようにする

仕事が遅い人は朝の取り組みが大切!仕事が遅い人の特徴と対策10選計画を立てたら、次は時計を見ながら進めるようにしましょう。

仕事が遅い人の特徴でもお伝えしましたが、仕事に集中しすぎて時計を見ずにいると、いつの間にか時間は進んでしまうものです。

ですから、いつまでに終わらせればよいのかを確認し、そしてこまめに時計を気にしながら仕事を進めるようにしましょう。

そうすれば、自然と仕事のスピードは上がっていきます。

 

段取りに沿うのではなく前倒しで取り組むようにする

仕事が遅い人は朝の取り組みが大切!仕事が遅い人の特徴と対策10選仕事の進め方でもう一つ気を付けたいのが、時間通りに進める癖をつけるのではなく、前倒しで仕事を進めて余裕を持てるように進める癖をつけることです。

仕事というのは、どんなに完璧に進めても予想外の出来事が起こるものです。

余裕をもって仕事を進めていればそうした事態にも素早く対応できるものですが、予定にぴったり合わせて進めていると、予想外の対応はすべて残業になります。

また、慌ててしまってミスが発生し、そこでも時間のロスが生まれてしまうことがありますから、できるだけ余裕をもって仕事を進めるように意識していきましょう。

 

一日の終わりに計画とのずれを確認する

仕事が遅い人は朝の取り組みが大切!仕事が遅い人の特徴と対策10選計画をたててから仕事を進めても、いきなり計画通りに進められる人などいません。

予定より遅くなった業務、または早く終わった業務といったずれは必ず生じますから、それを確認することで計画の精度は高められます。

また、そこでかかった時間こそがあなた自身の現状のスキルであり、素早くできるようになればそれだけスキルが上がったという証拠にもなります。

これは、例えば会社で行われる査定などでもアピールできる材料となりますから、ぜひデータとして残しておくとよいでしょう。

 

面倒なことから片付けるようにする

仕事が遅い人は朝の取り組みが大切!仕事が遅い人の特徴と対策10選最後は、業務は面倒なことから取り組みましょうということです。

仕事が遅くなる原因でもお伝えしましたが、面倒なことを後回しにするとどんどん仕事は遅くなっていきます。

それであれば、できるだけ早く、可能なら朝一番に終わらせるぐらいの気持ちで進めるとよいでしょう。

これらを実行すると、想像以上に素早く仕事が進められて、逆に時間が余ってしまうくらいになるでしょう。

それだけ、非効率な仕事の進め方をしている人が多いのです。

また、思ったよりも時間をかけて仕事を進めてしまっているのです。

計画を立て、時間を見ながら進めることで、これらは一気に解消されます。

ぜひ一度、試してみてくださいね。

 

まとめ

仕事のスピードは、同じスキルでも取り組み方を変えるだけで飛躍的に変わるものです。

というよりも、仕事の進め方にもスキルがあるいってもよいでしょう。

そのスキルを磨けば、同僚よりも一歩先を行く成果を生み出すことも可能でしょう。

 

大切なのは常に考え続けることです。

それができれば、いくらでも仕事のスピードは上がりますし周囲の評価もそれに伴ってあげていけますから、今日からぜひ取り組んでみてくださいね。


他にこんな記事も読まれています

-仕事効率アップ

Copyright© 一流のビジネスマンになれる方法【ビジネス知識・マナー・スキルアップ】 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.