面接・就活

知らないと損する面接時間に遅れない方法!取り組むべき遅刻対策3選

投稿日:

知らないと損する面接時間に遅れない方法!取り組むべき遅刻対策3選面接で重要なことは、話す内容や身だしなみを整えるだけではなく、時間に遅れることなく面接会場に到着することも大切です。

ですが、遅刻のリスクは思わぬところに潜んでいるものであり、間違っても遅刻をしないためには入念な準備が求められます。

ここでは、知らないと損する面接時間に遅れない方法をご紹介します。

 

面接会場に到着すべき時間と時間の使い方

知らないと損する面接時間に遅れない方法!取り組むべき遅刻対策3選面接に臨む時、受付に声をかけるのは予定の何分前くらいがよいのでしょうか?

時間に遅れてはいけないと早めに現地に着く方もいるかと思いますが、早く着きすぎると面接官の準備もできていませんから、逆に急かしてしまうことになります。

ですから、基本的には5分前に声をかけるとよいでしょう。

ただし、受付に声をかけるのが5分前だったとしても、周辺には30分前には到着しておくとよいでしょう。

まず、家から会社に移動する間に身だしなみは多少なりとも乱れるものですから、改めて身だしなみを整える時間は確保しておく必要があります。

また、近くで持ち物のチェックをしたり話す内容を思い返したりして、気持ちを落ち着けることも必要です。

そうした意味でも、面接時間の30分前には現地に到着して近くのカフェに入り、飲み物を飲みながら気持ちを落ち着かせられると、より万全の状態で面接に臨めるようになります。

面接はいかに平常心で臨めるかが重要です。

その意味でも、できるだけ余裕をもって行動することを心がけるとよいでしょう。

 

面接の時間に遅れないように心がけておきたい注意点3選

知らないと損する面接時間に遅れない方法!取り組むべき遅刻対策3選企業の面接において、遅刻は絶対に避けなければいけません。

遅刻は大きなマイナス評価がついてしまいますし、遅刻しただけで落選という可能性もあるからです。

ですから、日ごろから待ち合わせ場所に遅刻する傾向のある人は特に気を付ける必要があります。

スポンサーリンク

ここでは、面接時間に遅れないように特に心がけたい3つの注意点についてご紹介します。

 

思わぬところで遅刻のリスクは存在している

知らないと損する面接時間に遅れない方法!取り組むべき遅刻対策3選まずは、時間が遅れる原因というのは思わぬところにあるという心構えです。

最も可能性が高いのは電車の遅延ですが、台風や大雪といった想定しやすい理由以外にも、突発的な事故や混雑でも電車の遅延は起こります。

特に都心部の朝は混雑によって遅延が起こりやすいため、午前中に面接がある場合には電車は遅延しているという前提に立って行動を起こすように心がける必要があります。

また、電車の遅延でなくても寝坊をしたり、忘れ物をしたり、道に迷ったりと、様々な理由で遅刻してしまう可能性があります。

そして、こうした遅刻のリスクは準備をしたり気を付けたりしていても、起こってしまっては避けられないものです。

ですから、起きた時の対処法を考えるのではなく起きた時のことを想定して時間にゆとりを持った行動を心がけることが大切です。

 

出発前に慌てないように前日から事前の準備を念入りにする

知らないと損する面接時間に遅れない方法!取り組むべき遅刻対策3選電車の遅延のように、他者に起因する遅刻は対応が難しいですが、自分の理由による遅刻は避けられるものです。

そこで心がけたいのが、前日の準備です。

あなたは面接にもっていくものの準備をいつしていますか?

もし当日になって準備をしているのであれば、ぜひ前日から準備をしておくと、これまで以上に心にゆとりをもって行動できるはずです。

例えば、当日持っていくものや着ていくものは前日の内に準備しておき、当日はシャワーを浴びたり身だしなみを整えたりするだけでよい状況を作っておくことは一つの対策と言えます。

ただし、だからと言ってぎりぎりまで寝てしまうと意味がありませんから、前日の準備をこなしつつ、当日も余裕をもって起床するようにしましょう。

また、前日から準備をしてそれでも足りないことがあったら、それは自分の知識不足、注意力不足だったと諦めることもできるでしょう。

遅刻の原因として電車の次に多いのは、出発前に慌てて忘れ物をしてしまったり、電車の時間に間に合わなかったりすることです。

それを防ぐためにも、事前準備と時間の余裕を心がけるとよいでしょう。

面接の遅刻は大きなマイナス評価になってしまいますし、場合によっては面接自体が受けられないという可能性もあります。

ですから、せめて自分理由による遅刻の原因はなくせるように心がけていくことが大切です。

スポンサーリンク

 

時間に遅れそうになったら必ず電話を入れる!

知らないと損する面接時間に遅れない方法!取り組むべき遅刻対策3選もし万が一遅刻しそうになった場合には、必ず企業に電話を入れましょう。

仕事においてもミスはつきものです。

そうした時にいかにリカバリーできるかも重要なスキルの一つであり、もし遅刻した場合にもいかにリカバリーできるかが求められます。

その意味でも、もし万が一面接の時間に遅れそうな時には、それが分かった時点で電話を入れることが重要です。

無断で遅刻をするのは当然ですが、面接時間の直前になって連絡を入れるのも面接官の予定が狂ってしまいますから、あまりよい印象にはなりません。

ですから、間に合うかどうかぎりぎりの時間であっても、遅刻をしそうであれば必ず連絡をいれるようにしましょう。

事前に連絡があって、かつ、間に合うということであればそれは評価を下げることにはなりませんし、逆にしっかりと連絡を入れてくれる人、社会人としてのマナーが出来ている人という印象を与えられます。

「禍を転じて福と為す」とも言いますが、想定外のことが起きた時にいかに機転を利かせられるかも、面接においては重要なことです。

 

面接時間の長さは採用の合否に関係ない理由

知らないと損する面接時間に遅れない方法!取り組むべき遅刻対策3選いざ面接が始まると、人によっては一時間以上話す人もいれば10分程度で終わらせてしまう人もいるでしょう。

これらは、採用の合否にどの程度関わってくるのでしょうか?

実は、面接時間の長さと評価の高さに関係性はあまりありません。

長くても評価が低い場合がありますし、逆に短くても高い評価を得ている場合があります。

何故なら、面接官にもスケジュールや採用ノルマがありますから、書類審査を通して時間をとった応募者をいきなり切り捨てる問うことはあまり行いません。

また、近年は口コミサイトなどで企業の評判を簡単に書ける時代になりましたから、適当な対応をして悪評が立つのも避けなければいけません。

その意味でも必要最低限の面接は行いますし、いいところはないかと様々な角度から話を聞くようにしています。

ですから、面接時間が長いことがそのまま高い評価にはつながりにくいのです。

また、面接時間が短いのは聞く内容が無くなったことも考えられますが、書類の内容と第一印象からすぐに採用を決めていることもあります。

スポンサーリンク

ですから、面接時間の長さで一喜一憂する必要はないでしょう。

それよりも伝えたいことをしっかりと伝えられたかどうか、そして次の面接があればそちらに活かせることは何かを考えるようにすると、内定を得るのも早くなります。

 

まとめ

採用の可否は、面接までのやり取りや時間に対する姿勢など、持っているスキル以外の人間性なども含めた総合力で判断が行われます。

ですから、面接の時間には遅れることの無いよう、念入りに注意を払うようにしましょう。

また、注意を払うということはそれに伴った行動を起こすということですから、今回ご紹介した取り組みを実践してみてくださいね。

そして、落ち着いた気持ちで面接に臨めるように、準備をしていきましょう。

引き続き、「一流ビジネスマンになれる方法」をご紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています

-面接・就活

Copyright© 一流のビジネスマンになれる方法【ビジネス知識・マナー・スキルアップ】 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.