ビジネスマナー

スーツとネクタイの合わせ技!『好感』を与える必須テクニック9選

更新日:

スーツとネクタイの合わせ技!『好感』を与える必須テクニック9選

社会人たるもの、スーツに身を包み、身だしなみを整える事は、ビジネスマナーから考えても非常に重要です。

学生時代であれば、とにかく自分をかっこよく見せるためだったり、自分を目立たせるための着こなしが中心でしたが、社会人になれば、まずは自分自身の印象を良くすることを考えて着こなすことが重要です。

特に社会人ともなれば、第一印象をよりよく見せるのはもちろんのこと、初対面の相手に好印象を持ってもらい、仕事を円滑に進めることを考えるようになります。

今回は、スーツやネクタイの着こなしなど、相手に好感を与える方法をいくつかご紹介したいと思います!

 

スーツとネクタイの組み合わせで『清潔感を演出する』ポイント3つ

スーツとネクタイの合わせ技!『好感』を与える必須テクニック9選

社会人にとって、初対面の人間に悪い印象をもたれないようにするのは、基本中の基本です。

好印象をもたれるようにするためには、まず「清潔感」をアピールする服装を心がけることをお勧めします。

きれいにノリの付いたシャツに身を包み、折り目もくっきりしたスラックスをはいている、それでいてネクタイがピシッとしまってつけられていると、きっとあなたのスタイルに好印象をもたれることは間違いありませんよね?

では実際に、清潔感を保つためには、どのような方法を用いればいいのか、これからご紹介したいと思います。

 

1.『清潔感』を出すのに高級スーツは必要ない!

スーツとネクタイの合わせ技!『好感』を与える必須テクニック9選

自分を清潔感あふれる人間に見せようと思うと、高級なスーツやシャツに身を包んで、ネクタイもしっかりとコーディネートすればいいと考える人はいませんか?

実はこの方法、意外なのですが、相手に対して好印象を与えることにはならないのです。

と言うのも、高価なスーツなどを着用していると、相手がそれよりも質の悪いスーツに身を包んでいた場合、その場の雰囲気が悪くなることがあるのです。

私も仕事柄、さまざまなビジネスマンにお会いしますが、上司よりも高級なスーツやネクタイをつけている部下の方を見ると、いずれの方もなぜか偉そうというか、意識高い系の人に見えて、あまり心地よいものではありません。

スポンサーリンク

確かに、いいものを身につけているあなたは、何も悪いことをしているわけではありません。

ただ、相手が勝手に「ブランド品ばかり身につけやがって」と、卑屈になってしまう人も世の中には多いと言うことを理解して欲しいのです。

ですので、同じ色合いのスーツを着用するのでも、高価なスーツにこだわらなくても問題はないということです。

あと、季節にマッチしていないスーツを着るのも控えましょう。

夏用のサマーウールスーツは、冬だと寒々しく感じますし、厚目のウールスーツは、夏に目にすると暑苦しく感じますから、せっかくのコーディネートも台無しになってしまいます。

 

2.『毎日の臭いケア』でスーツを清潔にする!

スーツとネクタイの合わせ技!『好感』を与える必須テクニック9選

意外と気づかないものですが、1日ずっと着ていたスーツには、知らない間に汚れや臭いがついてしまっています。

例えば、商談中に相手がタバコを吸えばタバコ臭が、飲み会で居酒屋に行けば焼き鳥を焼くあの脂っこい臭いが、電車で通勤していれば同乗している人たちの香水やデオドラントの香りなど、とにかくさまざまな臭いが私たちのスーツに染み付いてしまうのです。

同じスーツを毎日着なければ問題ないのかもしれませんが、なかなかそうは行きませんよね?

ですので、スーツの臭いケアを、毎日忘れないようにすることをお勧めします。

具体的には、帰宅後にスーツを脱いで、衣類用のデオドランドスプレーをかけ、しわにならないように厚みのあるハンガーにかけておきましょう。

そして、スーツを風通しの良いところに掛けておけば、1日の臭いはほとんどなくなってしまいます。

臭いが付いたスーツは、いくら見栄えがよくても清潔感は与えることができませんから、ぜひ毎日のスーツ臭いケアを忘れないでください。

 

3.『香水のつけすぎ』は清潔感を損なわせる!

スーツとネクタイの合わせ技!『好感』を与える必須テクニック9選

スーツとネクタイの組み合わせで、清潔感をアピールすることができれば、もうこれ以上の対策は必要ありません。

むしろ、これ以上の対策を講じることで、せっかくの清潔感が台無しになってしまうこともたくさんあります。

例えば、体臭を気にする人がデオドラントスプレーを使うことがありますが、自分にとってはいい香りであっても、相手にとっては嫌なにおいになってしまうことだってありうるのです。

最近では、これらの臭いに嫌悪感を持つ人が「スメルハラスメント」と言って、臭いの元となっている人に苦情を言ってくる場合もあるのです。

スポンサーリンク

特に、どんな嗜好の人かもわからない、初対面の人と面会する場合は、スメルハラスメントの可能性を考えて、デオドラントスプレーを使わないようにしておくことをお勧めします。

 

 

『スーツやネクタイ以外』で清潔感を演出するテクニック3選

スーツとネクタイの合わせ技!『好感』を与える必須テクニック9選

手入れが行き届いたスーツとネクタイ、それにシャツでコーディネートされたスタイルは、会った人に良い印象を与える事ができます。

ですが、これらのアイテムだけに頼っているようでは、本当にスタイリッシュな社会人の衣装とはいえません。

意外にも、これらの部分以外にも気にかけておくべきところはたくさんあるのです。

特に、これからご紹介する3つのポイントは、意外にも忘れている人が多いので、みなさんも気をつけて欲しいと思います。

 

1.『靴の手入れ』を忘れない

スーツとネクタイの合わせ技!『好感』を与える必須テクニック9選

スーツやシャツをしっかりとコーディネートすることはできていても、意外に忘れてしまうのは「靴」の存在です。

そもそも、スーツに合った靴を選んでいるのかを気にしていないと、意外と相手にはばれてしまうものなのです。

実際、スーツはパリッとしていても靴が履き古されてよれよれになっている社会人を見ると、相手からは「几帳面さがない」「肝心なところが抜けている」と言うような、ネガティブなイメージをもたれてしまう可能性もあります。

私も営業職ですので、初対面の相手の方のことを知ろうとするなら、まず足元を見ます。

なぜなら、そこまで細やかに毎日対応できている人ならば、一緒に仕事をしても誠実に対応してくれるだろうと、安心できるからです。

靴の手入れは意外と簡単で、靴の汚れを落とした後に、靴クリーナーを薄く伸ばしてつやを出し、きれいな布でふき取ってさらにつやを出します。

あと、雨などの泥汚れを防ぐ意味でも、撥水スプレーを吹きかけておけば、汚れが付くのをしっかりと防ぐことができます。

 

2.『髪の毛のセット』を忘れない

スーツとネクタイの合わせ技!『好感』を与える必須テクニック9選

足元の靴も気をつけたいならば、逆に頭の髪の毛のセットも気をつけて欲しいところです。

さまざまなセットはもちろんのこと、さまざまな髪の色をつけることができる現在、特に若い世代の人はプライベートビジネスシーンとで髪のセットや色を使い分けている人もいるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

いくらいいスーツを身にまとっていても、髪の毛がぼさぼさだとなんだかみっともないですし、清潔感もあったものではありません。

髪型についても同様のことが言えるかもしれません。

いまどきのスタイルだと「かっこいい」のかもしれませんが、ビジネスシーンにおいては「ぼさぼさしてる」「なんかチャラいイメージだ」と相手に思われるような髪形は避けておくことをお勧めします。

 

3.『持ち物のコーディネート』も忘れない

スーツとネクタイの合わせ技!『好感』を与える必須テクニック9選

靴や髪形についてお話しましたが、もっと意外なところを言えば、ビジネスバッグや腕時計など、ビジネスシーンで相手にも見られることのある持ち物のコーディネートが伴っていないと、あなた自身を清潔に見せることは難しいのです。

腕時計であれば、革ベルトがよれよれになっている、ビジネスバッグで言えば革が破れている、汚れが付いているなど、さまざまな点が相手には見つけられてしまうものです。

いくらいいスーツやシャツを身に着けていても、持ち物がよれよれだと、その「よれよれ」だけが目立ってしまうので、せっかくのコーディネートが台無しになってしまうわけです。

あと、第一章でも申し上げましたが、ブランド品ばかりにこだわる必要はありません。

ブランド品は清潔感と言うよりは、華美に見せる効果もあるので、逆効果になってしまうかもしれない点は、十分に考慮してください。

特に忘れがちなのが「ベルト」だったりします。

ベルトは一番目立つ場所である「バックル」で雰囲気が決まります。四角でベルトの幅程度の大きさのものを選部のがおすすめです。

逆にバックルが大きなものは、カジュアルすぎる雰囲気が出るので、ビジネスシーンでは避けるようにしてください。

 

『スーツ・ネクタイ選び』!意外と気づかない合わせ技3選

スーツとネクタイの合わせ技!『好感』を与える必須テクニック9選

それでは、最後の章で「スーツ」と「ネクタイ」の選び方について、もっと詳しくご紹介したいと思います。

自分自身の好みの色、好みのブランドでそろえてみたいものですが、社会人としての清潔感あふれるコーディネートにはそぐわないこともあるはずです。

これから紹介するポイントはあくまで基本的なものであって、業界や業種、実際の仕事内容は考慮していません。

そんなときは、あなたの職場にいる上司や先輩の中で、営業成績がよかったり、人格的にいい評判ばかり流れている人を真似してみるとよいかもしれません。

 

1.スーツの色は『落ち着いた色』でまとめよう

スーツとネクタイの合わせ技!『好感』を与える必須テクニック9選

スーツの色は、一般的に濃紺またはチャコールグレーといった、ダークな色合いのものを選べば、落ち着いた印象を与えてくれます。

あと、スーツの柄は、無地が理想ですが、目立たないストライプであっても問題はありません。

明らかに柄があるものや、ジャケットのようなファッション重視の形式のものはあまりお勧めできません。

せっかくですので、スーツの素材にもぜひこだわって欲しいと思います。

特にお勧めなのはウールです。もともと型崩れしづらくて、冬は暖かく、夏は涼しく着られるので、通年使うこともでき、非常に便利です。

 

2.外回りが多い人は『機能性スーツ』を選ぼう

スーツとネクタイの合わせ技!『好感』を与える必須テクニック9選

最近では、多くの紳士服店で「機能性スーツ」を販売するようになりました。

機能性スーツとは、例えば動き回る営業職向けに、スーツやスラックスの伸縮性を高めたスーツであったり、クールビズ向けに通気性を確保したスーツであったり、さまざまな機能を付加したスーツのことを言います。

特に、外回りが多い人は、汗をかいて移動することも多いでしょうし、そのまま営業先で商談に臨むことがあるわけですので、結果として清潔感もあったもんじゃない有様になってしまうこともありえるのです。

つまり、日ごろのビジネススタイルの中でどうしても気になる点を、うまく補うことのできる機能性スーツを購入して活用すれば、今困っていることでも解消することが可能になると思います。

最近では、デオドラント効果のある機能性スーツや、夏でも涼しいクールビススーツがありますが、私も実施に使ってみて、非常に快適なビジネスライフを過ごせているので、本当にお勧めです!

 

3.ネクタイの『色や柄は控えめ』に選ぼう

スーツとネクタイの合わせ技!『好感』を与える必須テクニック9選

スーツばかりの話をしてきましたが、ネクタイも忘れてはなりません。

清潔感あふれるネクタイのイメージは、無地であったり、控えめのストライプがおすすめです。

理想なのは、シャツの色と合わせて3色以内になるようなネクタイを選ぶと、問題が起きることが少ないでしょう。

また、スーツと同系色に合わせても、清潔感をしっかりアピールできてよいでしょう。

あと、忘れてしまいがちなのが「毎日ネクタイを変える」ことです。

ネクタイはまず1週間分の5本を用意し、紺やダークグレーなどの濃い色、水色などの淡い色、ピンク色などの3色を用意して、スーツとの組み合わせが毎日異なるように用意していきましょう。

商談中に「また同じネクタイをつけているな」と思われるようでは、清潔感どころか、ずぼらな人間と思われてしまうますから、この点は特に注意してください。

 

まとめ

スーツとネクタイの合わせ技!『好感』を与える必須テクニック9選

ビジネスシーンにおいては、自分をきれいに見せようとする前に、それぞれの職場で立場にふさわしい服装をするべきです。

特に大学卒で入社した人は、大学生活が私服生活であったこともあり、新入社員の時にはまだまだ自分なりのスタイルを重視する傾向があります。

逆に、どのようなものを選べばビジネスシーンでしっくり来るのかわからない場合もありますが、その時には紳士服店や百貨店などに出向き、店員さんに選んでもらうのもお勧めです。

あるいは、先輩や上司のスタイルの中で、自分が好感の持てるスタイルを模倣すると言うのもお勧めです。

最初は失敗をすることもあるでしょうが、徐々に慣れてくると、そのスタイルが「自分のスタイル」となって、自分自身でもしっくり来るようになります。

金額やブランド名にこだわることなく、実用性とスタイリッシュさを両立できるスーツやネクタイを、ぜひ見つけて欲しいと思います。


他にこんな記事も読まれています

-ビジネスマナー

Copyright© 一流のビジネスマンになれる方法【ビジネス知識・マナー・スキルアップ】 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.