仕事・バイト

転職で失敗しないために知っておきたい9つのポイント

投稿日:

転職で失敗しないために知っておきたい9つのポイント

今の職場では満足な収入が得られない、人間関係に疲弊してしまう、自分の資格等が生かせないなど、さまざまな理由によって転職を考える社会人も多いと思います。

そんなみなさんならば、今の仕事に従事する中で、転職先を探している人も多いのではないでしょうか。

ですが、今の仕事と転職を両立できるのはなかなか難しく、理想の転職先を見つけるには、時間が足りないと言う人も多いはずです。

とにかく転職したいと、転職先を妥協して選んでしまった結果、再び転職を余儀なくされたと言う話もよく聞く話です。

できることなら、次の転職で「理想の職場」にめぐり合える方が、きっと充実した社会人生活を送ることができるのも事実です。

今回は、転職で失敗しないために、ぜひ知っておきたいポイントをご紹介したいと思います。

 

退職してからの転職活動は失敗する?3つのポイント

転職で失敗しないために知っておきたい9つのポイント

転職活動で成功するためにと、今の職場を退職してから転職活動に専念する人も世の中には多いです。

ですが、そこまでして転職活動の時間をとったにも関わらず、転職が上手くいかなかったという人も多いのです。

時間を確保できたのに、なぜ転職活動に失敗してしまうのか、不思議でなりませんよね?

ですが、これから申し上げる3つの要因を知ってもらえば、失敗してしまうのも、あながちわかるような気がしてくると思います。

1.金銭的な不安に負ける

転職で失敗しないために知っておきたい9つのポイント

退職して転職活動を始めたとしても、転職先がすぐに見つかるとは限りません。

転職活動を始めてから、2、3ヶ月、ひょっとすると半年以上も内定すらもらえない可能性もあるのです。

スポンサーリンク

退職金があるからと言って、それまで金銭的に余裕があったとしても、転職先が見つからなければ、貯金が底をつくかもしれません。

そうなれば、精神的な余裕がなくなり、不安に駆られるまま、とにかく就職できればいいと企業選びに妥協してして、結果的に満足できる転職ができない可能性があります。

そうなると、何のために退職してまで時間の余裕を作って、理想の転職を目指したのか、意味がなくなってしまいますよね?

収入の面で言えば、自己都合での退職であっても失業保険はもらえますが、限られた期間しか支給されませんから、余計に焦りを生むことになってしまいます。

また、家族や子どもがいる場合に、家族の暮らしを考えると、金銭的な不安はさらに募ることでしょう。

そうならないためにも、会社勤めをしながら転職活動をするのも、悪い話ではありません。

2.時間との戦いに負ける

転職で失敗しないために知っておきたい9つのポイント

できる限りいい転職先を見つけて再就職をしたいものですが、自分が思うような理想の転職先はなかなか見つかりません。

見つかったとしても、同様に転職を目指す人や、新卒採用を希望する学生との競争に負けて、思うように転職できないこともあるでしょう。

そうなってくると、時間だけが過ぎていくことになりますが、時間が経てば経つほど、転職活動では不利になってしまいます。

と言うのも、採用する側の企業にとっては、中途採用者であれば「経験」「ノウハウ」「スキル」など、即戦力の社会人として必要な能力を持っている人を優先して採用しようとします。

それでも、さまざまな企業を経て転職活動をしている人であれば、経験やノウハウ、スキルなどはほぼ同レベルの人も多いはずです。

この場合、最後に採用されるかどうかの基準となるのは「無職の期間」となるのです。

なぜなら、無職の期間が長ければ長いほど「会社と言う組織になじめない何らかの理由があるのか?」など、ネガティブなイメージを与えてしまうからです。

もちろん、転職活動のために無職になったのですので、いわゆるニートなどの無気力な無職とは違うのですが、ネガティブなイメージを上手く払拭しないと、スタート地点でつまづいてしまうことにもなりかねないのです。

3.応募しすぎて自分の意思に負ける

転職で失敗しないために知っておきたい9つのポイント

時間があるがゆえに、さまざまな企業の求人に応募しすぎてしまうのも問題になります。

転職をするためには、やはり多くの企業に応募して、複数の企業で内定をもらい、最も条件のいい企業で働きたいものですが、たくさんの企業に応募しすぎると、自分が本当に働いてみたい企業へのイメージが薄れてしまうのです。

スポンサーリンク

今まではA社に勤めてみたかったけど、B社は給与がいいのでB社にしようか、それでもC社は休暇が充実している割に、給与がいいので、やっぱりC社がいい…などと、選り好みしていくと、結局は本当に転職したかった企業への就職をあきらめて、目の前に見えるメリットだけを追いかける転職になってしまいます。

つまり、自分の意思と違った形で転職してしまうことになり、結果的に働き始めてから理想とのギャップが生まれ、結果的に再度転職せざるを得ない状況になってしまうこともあるのです。

実際、入社するつもりのない企業にまで応募してしまうのは、時間だけが取られてしまって無駄になってしまいます。

やはり、現実的に入社してもいいと考える企業へ応募した方がいいでしょう。

 

転職に失敗しないために重要な3つのポイント

転職で失敗しないために知っておきたい9つのポイント

転職に失敗してしまう場合の大半は、条件などに流されてしまって、自分の思っていた企業に転職しなかったことが原因になります。

なぜそうなってしまうのか、それは転職にあたって自分自身が確固たる信念を持っていなかったことも原因です。

お金を稼ぎたい、働き甲斐のある場所で働きたい、資格を活かして仕事がしたい、将来的に独立できる経験を身に付けたい、などなど、転職に当たってはさまざまな信念を抱く人が多いはずです。

もしこれが無かったら、目の前で提示された条件だけを鵜呑みにして、安易に転職先の企業を決めてしまいがちになります。

そうならないように、ぜひこれから紹介する「3つの信念」を抱いて欲しいと思います。

1.退職する理由をしっかり持つ

転職で失敗しないために知っておきたい9つのポイント

転職で成功する人ほど、転職理由が明確なものです。

転職理由は、転職に対する不満の中でも、今の会社で我慢できなかったことや、今の会社を退職する決意を固めるに至った出来事などがありです。

特に、今の企業で「何を我慢できないのか」「何に満足できないのか」などの、マイナスの決意を持てば持つほど、転職に成功する人が多いのです。

なぜなら、転職したい理由は、次の職場を選ぶ際に、重要な基準となりえるからです。

残業が多い、社風と自分の考え方が合わない、仕事内容に不満がある、給料が低い、人間関係が悪いなど、さまざまな理由があると思いますが、その理由を転職によって解消すること、それこそ信念のある「退職の理由」となりえるのです。

2.実現したい夢をしっかり持つ

転職で失敗しないために知っておきたい9つのポイント

スポンサーリンク

先ほどの「退職の理由」をしっかり持つのと同じように、実現したい夢もはっきりと持ちましょう。

今の会社では、自分が成し遂げたい夢がかなわないから、転職するのだと言うのは、信念のある理由になりえます。

具体的には、年収が○○○万以上欲しいとか、残業が少ないとか、土曜日や日曜日が絶対に休日になるなど、今の会社では叶えられないことを、転職によって叶えると言う「夢」をしっかりと描くことが重要です。

夢をしっかり持てば、転職活動中に妥協してしまい、満足できない企業へ勤めるようなことはなくなるでしょう。

3.妥協点をしっかり持つ

転職で失敗しないために知っておきたい9つのポイント

先ほどから、退職する理由、つまりネガティブな部分の改善、実現したい夢をかなえる、つまりポジティブな部分の実現など、プラスマイナスの要素をそれぞれ信念として抱くことをお勧めしてきました。

ですが、これらのネガティブ、ポジティブな要素を同時に解決できるような転職先が、思うように見つかるとは限りません。

ですので、ある程度「妥協」して転職先の企業を決めると言うことも、やむをえないと考える時期もあるかもしれません。

転職を確実に成功させたいなら、この妥協点をしっかり持っておくことも、必要不可欠なのです。

例えば、休日を確実に取得できることを優先するけども、収入はある程度低くなってもよい、などと妥協点を考えるのはよいことです。

できれば、もっと具体的に「土日は絶対休みたい」「収入は年収500万円欲しいけど、土日が休めるなら450万円でもいい」などと、妥協点をできる限り具体的に絞り込んでおく方が、転職活動に当たっても企業の絞込みが容易になります。

転職先を見極めよう!企業選びに失敗しない3つのポイント

転職で失敗しないために知っておきたい9つのポイント

今までは心構えや就職活動の準備にあたって、特に重要なポイントをいくつかご紹介してきましたが、この章では転職先の企業選びに際し、失敗しないためのポイントをいくつかご紹介したいと思います。

自分が思っていたほどの待遇ではなかった、収入に惹かれて転職したが残業前提の収入だったなど、転職してしまってから気づく失敗と言うのもあると思います。

短期間の転職が続いてしまうと、本当に努めたい企業での選考でも不利になりますから、ぜひしっかりと見極めて、転職先を決定してほしいと思います。

1. 経営状況を確認する

転職で失敗しないために知っておきたい9つのポイント

やはり、就職先の企業が利益を上げているのか、経営が安定しているのかは、極めて重要です。

企業の経営状況については、その企業が公開する決算書などで確認できますし、株式上場している企業であれば、株価の動向も参考となるでしょう。

あと、その会社の子会社も含めて、経営状況を確認しておく方がいいでしょう。

企業によっては、親会社は高収益なのに、子会社が損失を出してしまい、結果的にグループ企業としては赤字経営に陥ってしまっている場合もあるからです。

そして、子会社があるという事は、自分自身も子会社に出向させられる可能性もあるという事ですので、あわせて確認しておく方がいいでしょう。

2. 関連企業や子会社を確認する

転職で失敗しないために知っておきたい9つのポイント

先ほども取り上げましたが、子会社の存在は重要です。

自分自身が出向で行くかもしれませんし、関連企業もあればその分移動先として候補に挙がってくるわけです。

自身が転職するにあたって「今の居住地から離れたくない」と言う条件を持っているならば、単刀直入に「県外への転勤はありますか?」とか聞けばいいのでしょうが、それを聞くことで採用に不利になってしまうこともあります。

ですので、これらのことが聞けないならば、会社概要などを確認して、転勤の有無などを確認しておくべきですし、具体的に行先となりうる関連企業や子会社の存在有無を確認しておく方がいいわけです。

3. 会社の評判を確認する

転職で失敗しないために知っておきたい9つのポイント

2000年代以降、インターネットを誰でも使えるようになり、SNSで自分の主義主張を自由に発言できる時代になりました。

これらの情報の中で、自分が転職先の候補にしている企業の評判を確認するのは、意外にも貴重な情報を得られることがあります。

例えば、企業に在籍している社員のつぶやきブログ記事などをみて、会社の様子や実際の勤務条件を確認してみたりするのも、有益だと思います。

また、同業者と交友がある場合は、その人から企業の評判を聞き出すことも可能です。

あと、ハローワークに出向いて求人に応募する場合は、その窓口で「この会社は最近求人が多いんですか?」などと、従業員の出入りが多いのか少ないかを確認することも可能です。

情報を集める際にぜひ知っておきたいのは、社員の退職が多いかどうかです。

社員の退職が多いイコール仕事が長続きしないとか、思ったほどの収入が得られないとか、なんらかのネガティブな要素を抱えている企業である可能性が高いからです。

まとめ

転職で失敗しないために知っておきたい9つのポイント

ここまで、さまざまな転職時のポイントをご紹介してきました。

全部を同時に実践するのは難しくても、まずは1つずつでも実践してみるだけで、転職活動が前に進むようになるでしょう。

最後に、転職活動で心掛けたい気持ちを、三カ条にしてご紹介します。

① 前の(今の)会社の不満をあらわにしない
② 前向きな転職意欲を持つ
③ 自分の経験をしっかりとアピールする

これらは、実際に転職先の企業面接を受験する時に、ぜひ心がけてほしい事柄です。

前向きさが大事と言うのは、採用する相手側が「前の会社でこれだけ不満だらけなら、我が社ではもたない」「採用しても要求ばかりされて使いづらい」「経験があると言っても具体的に説明ができないのでは意味がない」などと、転職組に対してネガティブな思いを抱いている場合があるからです。

前向きさがあれば「意欲もあって経験もある即戦力」とみなしてくれますから、転職もうまくいくことと思います。

ぜひ、前向きさを忘れないように、転職活動を実践してください。

そうすれば、転職活動での失敗は無くなるでしょう。


他にこんな記事も読まれています

-仕事・バイト

Copyright© 一流のビジネスマンになれる方法【ビジネス知識・マナー・スキルアップ】 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.