仕事・バイト

転職はタイミング次第!成功する転職のタイミング9つ

投稿日:

転職はタイミング次第!成功する転職のタイミング9つ

さまざまな理由で転職を希望する人は、いつの時代も絶えることはありません。

ですが、すべての人たちが理想どおり転職ができるわけではありません。

中には、実績や能力を持っている人であっても、理想どおり転職ができない場合もあるのです。

転職には、どうしても「タイミング」というものが存在します。

今回は、転職するためにぜひ考えておきたい「タイミング」についてご紹介したいと思います。

 

キャリアアップをしたい!前向きな転職のタイミング3つ

転職はタイミング次第!成功する転職のタイミング9つ

転職したい!と思う人の中でも、特に前向きな転職と言えるのが、キャリアアップを図るための転職です。

今の会社にいても自分の資格を活かすことができない、自分自身が成長することができないと考えたとき、キャリアアップを図るために転職をするという人も多いのです。

ですが、自分が思っているほど、キャリアを積み重ねていない場合もありますし、転職後に自分の持っていたスキルが不足していたことに気づく場合もあるので、キャリアアップを図る前に、自分自身を見つめなおす時間をとることも必要です。

実際に、キャリアアップを図るタイミングで転職する際には、以下のポイントを特に気をつけて望んでください。

1.企業の採用ニーズが高まる時期を狙う

転職はタイミング次第!成功する転職のタイミング9つ

転職に適した時期があると言うのは、みなさん考えたことがあるでしょうか。

実際、年間を通じてみると、3月から4月にかけてと、9月から10月にかけて、新規の求人が増えるのです。

これらの時期は、年度切り替えや上半期や下半期の切り替えの時期と重なって、退職する人も多くなる時期であったり、新規事業を立ち上げるために社員を採用する動きが活発になるのです。

スポンサーリンク

特に、これらの時期では新卒採用ももちろんですが、即戦力とも言える転職者を中途採用したいニーズが高まるのです。

転職を図るタイミングとして、これらの時期を狙うことで、希望する転職先が見つけやすくなることは、忘れないでください。

2.法律が変わる時期を狙う

転職はタイミング次第!成功する転職のタイミング9つ

既にあなたが何らかの資格を持っているときや、新たに資格を取得しようとしているとき、その資格が企業にとって欠かせない資格であったとき、キャリアアップと転職が上手く結びつくタイミングと言えます。

例えば、国の法律が変わるときは、資格が役に立つタイミングと考えていいでしょう。

なぜなら、法律で有資格者を雇用しなくてはならなくなったり、有資格者が申請をしないと手続きができないなど、国の法律が変わることによって、企業が新たな人材を採用しなくてはならない場合が出てくるからです。

特に、環境や防災に関する法律は、地震などの災害が発生して以降に改正されたり、環境問題がクローズアップされてから改正されることも多いので、転職を考えている場合は、これらの関係の資格を取得することも考えていいかもしれません。

3.関わっている仕事に区切りが付いたときを狙う

転職はタイミング次第!成功する転職のタイミング9つ

今働いている会社で、大きなプロジェクトを担っている場合もあると思います。

同様に、大きな相手先との担当を任されていたりする場合や、特定の業務に精通したポジションにいる場合もあると思います。

これらの状況がいったん小休止したり、後任にバトンタッチするときは、キャリアアップのための転職を目指すよいタイミングと言えます。

あくまで、今までになっている仕事に「区切り」が付いていることが条件であることは、忘れないでください。

転職する際には、当然新たな企業で採用されるために、試験を受けなくてはいけませんし、面接も受けなくてはいけません。

その際に、今まで携わってきた仕事について、実績が考慮されることを考えると、今の会社で関わっている仕事を途中で切り上げて転職するより、1つのプロジェクトで成果を出して、その成果を転職時にアピールできた方が、転職のタイミングとしては最適といえるのです。

 

転職して収入をアップしたい時のタイミング3つ

転職はタイミング次第!成功する転職のタイミング9つ

今の会社に不安を感じたり、不満を感じたりすることは、誰しも1度はあるはずです。

会社への不満で多いのは、次の事柄が多いでしょう。

①休みが少ない
②仕事が多すぎる
③収入が少ない

スポンサーリンク

特に、転職を考えるきっかけになるのが、収入に対する不満を感じたり、収入アップが思ったほどではないことへの不安です。

働いた分だけしっかりと収入を得られることが、社会人として満足した職場環境であることは間違いありません。

ですので、収入アップを図るために転職すると言うのは、タイミングとしても十分考えられるタイミングなのです。

具体的には、これからご紹介するような状況が見られたら、ぜひ収入アップを図るための転職を検討してもよいのではないかと思います。

1.今の会社の業績が悪くなる

転職はタイミング次第!成功する転職のタイミング9つ

今まではボーナスも出ていたし、定期昇給もあったのに、それがなくなったり、伸び率が減少したときは、転職のタイミングと言えます。

会社の業績がどうなっているのかは、仕事をしていても十分その雰囲気は伝わると思います。

実際、会社としては「がんばって働いてもらって業績を回復しよう」と考えるのが一般的で、社員の給与はモチベーションアップのためにできる限り昇給やボーナスを確保するものです。

しかし、それができなくなってしまう状況になる、つまり社員の給与を削減したり、抑制することで会社の赤字を抑えようとする事態になると、ある程度経営努力をしてきたにも関わらず、その効果が無かったことを意味します。

つまり、その会社が「先行き不安」に陥っていることを意味するのです。

そうなった場合は、いくら一生懸命はたらいても、自分の給与がアップして、収入がアップするわけではないかもしれませんから、ある意味収入アップを図るために転職を考えざるを得ないのかもしれません。

2.同期の基本給と格差ができる

転職はタイミング次第!成功する転職のタイミング9つ

同じ給与の話で言えば、いわゆる基本給に格差が出た場合は、転職を考えるタイミングかもしれません。

特に、同期で入った社員と給与の格差が出てきたときは、転職を強く考えるタイミングと思っていいでしょう。

と言うのも、同期の社員があなたより営業成績がいいとか、プロジェクトを成功させた功労者であるとか、あなた自身も脱帽するような活躍をしているならば、基本給に格差が出ていても、納得できると思います。

しかし、それほどの活躍をしているわけでもなく、自分と比べても同等の仕事をしているのに、基本給に格差ができてしまうような場合は、あなた自身が納得できないでしょうから、働く意欲もなくなってしまうでしょう。

それよりは、あなた自身の能力や成果を評価してくれる会社で、報われる働き方をしたほうが心身ともに充実できるものです。

スポンサーリンク

もちろん、収入もしっかりいただけるようならば、文句ありません。

3.同業他社の収益が好調になる

転職はタイミング次第!成功する転職のタイミング9つ

自分の会社には、当然ライバル企業というものが存在します。

ライバル企業の収益は好調なのに、自分の会社は業績が低迷してしまうと言うのも、当然ありえます。

そんな時こそ、転職を考えるタイミングでもあるのです。

と言うのも、ライバル企業が業績アップしていると言うことは、その分自分の会社が劣っている部分があるか、会社として成長するエネルギーを失っていると言うことです。

会社として成長するエネルギーを失った場合、手っ取り早いのが「人心一新」を図るアクションです。

つまり、今のスタッフに見切りをつけリストラをしつつ、外部から新しい人材を採用して、硬直した会社組織を再生することを考えるでしょう。

一生懸命働いてきたのに、結局はリストラされるのか!と腹立たしくもなるでしょう。

でも、この場合は「リストラされる」前に、自分の能力や成果を売り込んで、同業他社に転職するチャンスが生まれたとも考えられるわけです。

逆に、あなたの会社のノウハウを欲しがっている同業他社もいるかもしれませんから、十分転職を考えるタイミングともいえるのです。

 

人生イベントで転職を考えるタイミング3つ

転職はタイミング次第!成功する転職のタイミング9つ

入社した会社で、長い間働き続けるうちには、いろいろな出来事もあるでしょう。

その中には、体調不良で入院をしたりする不幸な出来事もありますが、結婚や出産など、家族が増えるような喜ばしいイベントも出てくるものです。

このようなイベントの時に、福利厚生が充実している会社であれば、長い間働き続けることもできるでしょう。

自分自身だけでなく、家族に何かがあった時であっても、十分な対応ができる勤務先があるならば、ぜひ転職してみたいものですよね。

具体的には、次のような出来事があった場合、転職を検討することが望ましいでしょう。

1.家族構成に変化がある時

転職はタイミング次第!成功する転職のタイミング9つ

結婚したり、子どもができるような、家族構成に変化があるときは、転職を考えるタイミングかもしれません。

子どものことを考えると、最近では保育園に入園できずに困ってしまうケースも多くなっているようですが、こんなときに配偶者が育児に専念できれば問題ないかもしれません。

ですが、マイホームのローンを払うなどの都合で、どうしても夫婦共稼ぎにならざるを得ない状況であった時、保育園に子どもを預けることができないとなれば、収入の減少を受け入れてでも夫婦のどちらかが育児休業しなくてはならない場合も出てくるでしょう。

そのような事態になる前に、社内に保育園を用意している企業へ転職するか、入園しやすい保育園が近い企業に転職すると言うのも、タイミングとして考えておいてもいいでしょう。

2.体調に変化がある時

転職はタイミング次第!成功する転職のタイミング9つ

20代や30代のうちは、夜遅くまでの残業や休日出勤をこなしても、元気が有り余っていた年代でもあったでしょう。

しかし、そのような働き方が40代や50代になってもできるかと言えば、答えはみんな「ノー」でしょう。

もっと言えば、誰しもずっと快調な体調で働けるわけではないと言うことは、みなさんも「イエス」と答えるでしょう。

特に、何らかの原因で病気になった時、今までのペースで働くことができなくなった場合、収入が減少することもあるでしょうし、その後の病状によってはリストラ対象者になってしまうかもしれません。

特に最近では、うつ病などの心の病を発症することもしばしばです。

このように、病気を発症して、その後今までのように働けなくなったりした場合、そうなってから転職するのでは手遅れの場合もあるのです。

体調の変化があり、自分自身で「無理をしているな」と思った時は、働き方を見直す中で、転職を考えるタイミングであることを覚えておいてください。

3.新たな生きがいを見つけた時

転職はタイミング次第!成功する転職のタイミング9つ

人間、生きていくためにはお金が必要であることは事実です。

できることなら、好きな仕事をして、お金をもらって暮らしていけるのが、生き方としては理想でしょう。

しかし、どうしてもお金のためにと、心身に無理をして働いている人ばかりなのが、今の現代社会です。

それでも、長い人生の中で、自分の生きがいとお金をもらうことが、上手く結びつくことだってあると思います。

そんな時、転職を考えることもタイミングとしては決して間違ってはいません。

趣味と実益を兼ねられるような転職、自分の得意な技術や知識を活かせる職種への転職は、新たな生きがいを見つけつつ、働くことのできる絶好のチャンスともいえます。

このようなチャンスがある場合は、ぜひ転職を積極的に考えるタイミングにして欲しいと思います。

 

まとめ

転職はタイミング次第!成功する転職のタイミング9つ

今まで、さまざまな転職のタイミングをご紹介してきましたが、すべてのポイントに影響する項目が1つだけあります。

その項目とは「年齢」です。

どんなにスキルがあっても、年齢が伴わなければ、応募しても採用されませんし、応募すらできない場合もあります。

ですので、最初から転職ありきで今の会社に勤めている場合は、年齢が若いうちに、今回ご紹介したチャンスを「転職のタイミング」として、積極的に活かして欲しいと思います。

でも、年齢が40代や50代になったからと言って、転職のタイミングが皆無なわけではありません。

むしろ、40代や50代だからこそ持っている「経験」が転職の大きな武器になることもあるのです。

ですので、転職のタイミングをうかがっているならば、ただ悩むだけの時間を費やすより、行動してチャレンジするための時間を使って欲しいものです。

悩んでいるうちに、他の人がそのチャンスを手に入れて、理想の転職を成し遂げる可能性は、十分にあるのです。

最初からあきらめるのではなく、ぜひ「なんとかなる!」と思って、転職のタイミングを失ってしまわないようにしてください。


他にこんな記事も読まれています

-仕事・バイト

Copyright© 一流のビジネスマンになれる方法【ビジネス知識・マナー・スキルアップ】 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.